CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨相場は全面安、アラメダの財務懸念めぐりリスク回避姿勢強まる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前日の米NY株式市場ではダウが続伸、前日比423ドル(1.3%)高で取引を終えた。

主要3指数が揃って上昇しており、日本時間20時から行われる米中間選挙を見越して今後の政策面に期待した買いが入ったとの指摘もある。

中間選挙は2024年に開催される大統領選の前哨戦とされ、バイデン政権の2年間の評価について米国民の信を問うことになる。世界的なインフレ高進や経済低迷が重くのしかかる中、支持率の伸び悩むバイデン大統領にとって厳しい選挙になることが見込まれる。

ブルームバーグのレポートによれば、事前の世論調査結果に基づいて連邦議会の下院は野党の「共和党」優勢とされており、共和党が過半数を獲得する可能性があると予測した。

なお、依然として米株指数とビットコインの相関係数は高いようだ。

ArcaneResearchのアナリストであるVetle Lunde(@VetleLunde)による相関関係分析によれば、直近3.5週間におけるビットコインとNASDAQ、S&P 500(SPX)比較では、米NY時間帯やCPI発表時に相関係数が大きく上昇する傾向が確認された。

DXY(ドル指数)とは引き続き負の相関関係があり、逆相関している。

関連:ビットコインと米主要株価指数の相関係数、前四半期も0.85で高止まり|CoinGeckoレポート

なお、Justin Bennett(@JustinBennettFX)氏は先週4日時点で、来週のDXY(ドル指数)が109.30を下回れば暗号資産の大規模なラリーが再開し、逆に反発するようなら暗号資産は大幅調整するとの見立てを示していた。

現時点では110.23で推移しており、中期のトレンドラインを割り込むかどうかの局面にある。

DXY/USD週足

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.74%安の20,431ドル。

BTC/USD日足

本日夜から米国中間選挙、11日にはCPI(米消費者物価指数)発表を控えており、様子見基調となりやすいか。

英大手マーケットメーカーのB2C2は7日、仮想通貨業界の2大取引所であるバイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOと、FTXのサム・バンクマン・フリードCEOの対立を受け、顧客向けレターで「米CPI(米消費者物価指数)よりも大きな影響を及ぼす可能性がある」と警鐘を鳴らした。

「市場は現在、アラメダリサーチの大量保有するFTTの価値について、債務超過リスクに関する疑問を投げかけている」と指摘した。

米CoinDeskがリークしたアラメダの貸借対照表(B/S)情報によると、6月30日時点で146億ドルの資産を保有し80億ドルの負債があったが、資産の大半はFTXが発行するネイティブトークンFTTや流動性の低いSRM、MAPS、OXYなどのトークンだった。

FTTの大幅下落が起きた場合にアラメダが債務超過に陥るリスクなど財務懸念が広がったことに加え、バイナンスが株式売却で得たFTT保有分について、その全てを段階的に売却することを表明したことで市場の動揺を招いた。

関連:バイナンスCZ氏、「FTXトークン(FTT)を全て売却する」

FTXの親会社であるアラメダはどちらもサムが創業者であり、両社は密接な関係にある。

なお、リークされたアラメダB/Sのその他資産には、ソラナ(SOL)やセラム(SRM)など、33億7000万ドル相当のソラナチェーン銘柄も含まれている。特に時価総額11位のSOLは投資家のリスク回避売りが膨らみ前日比13.3%安、FTTが前日比15%安と下げが厳しい。

万が一に備えFTXからは資金の出金が相次いでいる。Nansenのデータによれば、ここ数日間で2億9,200万ドル相当のステーブルコインが外部流出した。

今年6月には、テラ(LUNA)プロジェクトに多額の出資を行なっていた大手VC「Three Arrows Capital(3AC)」などが連鎖破綻に追い込まれており、ネガティブな材料に対して「市場が敏感になりすぎている」との指摘もある。

関連:スリーアローズを破産に追い込んだ3つの要因とは、共同創設者が語る

一方、アラメダのCEOは「漏洩した貸借対照表は企業体のサブセットのみのものであり、さらに100億ドル以上の資産を保有している。債券市場の市況悪化に伴い、すでにローンの大半も返済済み」と主張した。

当事者のサムも、Twitterで「根拠に乏しい悪い噂が拡散されているが、GAAP(会計原則)準拠で監査済みのFTXの財務状況になんら問題はない。10億ドル以上の余剰資金もある」と弁明し、市場の崩壊を招かないよう、CZに協力を呼びかけた。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。
06:10
野村とGMOが提携、日本でのステーブルコイン発行を検討
野村證券とその仮想通貨資産子会社であるLaser Digital(レーザーデジタル)は、GMOインターネットグループと提携し、日本でのステーブルコインの発行を模索している。
05:45
トランプ氏の仮想通貨ウォレット、保有資産15億円超え 
元大統領で共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏に関連する仮想通貨ウォレットは、一時約1000万ドル相当の資産を保有していることが確認された。
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア