CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「zkSync v2」 、約280億円を調達

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Matter Labsの資金調達

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションである「zkSync」を開発するMatter Labsは16日、シリーズCラウンドで約280億円(2億ドル)を調達したことを発表した。

新たに調達した資金は、Matter Labsが構築したプロジェクトの運用、及びエコシステム上でローンチするサードパーティプロジェクトへの資金提供などに充てられる。

シリーズCのリードインベスターを務めたのはBlockchain CapitalとDragonfly。Variant、LightSpeed Venture Partnersらが参加した。昨年11月に5,000万ドル(約56億円)を調達したMatter LabsのシリーズBをリードした米VC大手a16zは、今回も参加した。同社の合計調達額は約640億円(4億5,800万ドル)となっている。

zkSync 2.0は、「ZKロールアップ」型のレイヤー2スケーリングソリューション。ZKロールアップはトランザクションを集約してオフチェーンで処理し、生成した暗号証明のみをイーサリアム・ブロックチェーンに保存する。

数あるZKロールアップの中でもzkSyncの特徴は、EVM(イーサリアム仮想マシン)互換を備えること。イーサメインネット上のUniswapなど既存のdApps(分散型アプリ)をスムーズに移植できる利点がある。

投資家の関心度の高い独自トークンの発行計画については、2023年以降になりそうだ。後述するロードマップ上でも、通常はトークン発行を手段として実現を図る「分散化」は最終地点にある。

Matter LabsのSteve Newcomb最高製品責任者は、トークン発行を計画しているが、適切なタイミングで実行する意向を示している。同氏は海外仮想通貨メディアDecryptに以下のように述べている。

トークンを急ぐつもりはない。分散化には、組織、技術、経済の分散化というトリレンマ(両立が困難なこと)が存在する。トークンはその1つに過ぎない。我々はこのトリレンマを上手く処理したい。

関連:イーサリアムL2「StarkNet」、トークン(STRK)がメインネット公開

zkSyncの分散化計画

出典:Matter Labs

10月29日にzkSyncのv2版がメインネットローンチを迎えたが、ストレステストやバグバウンティプログラムを行う「Baby Alpha」段階とされ、外部プロジェクトとユーザーはまだ利用不可能な状態だ。

Baby Alphaが終われば10月〜12月の間には次の段階となる「Fair Onboarding Alpha」を予定。zkSyncブロックチェーンに参加予定のプロジェクト(エコシステム/経済圏)がプロダクトをデプロイできるようになる。

16日のリリースによると、「Fair Onboarding Alpha」でzkSync(v2版)のコードがオープンソース化される。これにより、すでにイーサリアムやEVM互換チェーンで稼働しているプロダクトのzkSyncへの移行を促す狙い。

zkSyncのエコシステムには、分散型金融のトッププロジェクト(Argent:ウォレット、UniswapやCurve:DEX、Yearn:金利アグリゲーター、Maker:ステーブルコイン、Aave:レンディング)、インフラプロダクト(Chainlink:オラクル、The Graph:データインデックス、Gnosis:金庫)、現金ゲートウェイなど150のプロジェクトが待機中だ。

すべてのユーザーが利用できるようになるのは、22年末/23年始に実施予定の「Full Launch Alpha」以降となる。

関連:イーサリアムL2「zkSync v2」  Baby Alphaメインネット稼働開始

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧