CoinPostで今最も読まれています

メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinbaseWalletに賛同

暗号資産(仮想通貨)ウォレット「MetaMask(メタマスク)」の共同創業者で共同リード開発者のDan Finlay氏は2日、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。

アップル社でソフトウェア開発者として勤務したこともあるFinlay氏は、2日にiOS版アプリ「コインベースウォレット」でNFT(非代替性トークン)の送信機能を無効にした、米大手仮想通貨取引所コインベースのアナウンスを引用。「連帯感を持って対抗する」意思を示している。

同氏はまた、Metamaskを含むあらゆる仮想通貨ウォレットも同じ扱いを受ける可能性があるとして、「アップルエコシステムを捨てる(iOSアプリでの機能提供を諦める)準備ができている」と加えた。

こうした発言の真意について、同氏は海外メディアDecryptの取材に対して以下のように語っている。

現時点でまだMetamaskはApp Storeで利用可能だが、ユーザーが引き続き仮想通貨に自由にアクセスできるよう、今後数週間から数カ月に渡り状況を注視する。

関連:米アップル社、コインベースウォレットにNFT送信機能停止を要請

App StoreとNFTアプリ

コインベースのiOS版ウォレットアプリがNFTの送信機能を無効にした直接の原因は、9月に発表されたアップル社のNFTに関するポリシーにある。App StoreはNFTを販売可能なアプリの配信を許可する決定を下していた。

コインベースによると、取引(送信)毎に発生するネットワーク手数料(ガス代)に対して、30%の手数料(通称「アップル税」)を徴収することを要求された。さらに、この要件に対応しなかったとして、コインベースウォレットはApp Storeからブロックされていたという。

同社はまた、アップルがイーサリアムなどのブロックチェーンを直接統合していないため、ガス代に対する30%課税に対応したくとも不可能だったと述べている。

米テクノロジー系メディア「The Information」の報道によると、アップルの主張はOSを介した全ての金融取引を課税対象とする同社の方針に基づいたもの。アプリ内課金では仮想通貨での支払いは受け入れられておらず、米ドルなどの法定通貨を使う必要があることも対応を困難にしたと見られる。

Finlay氏はまた、30%という設定はおそらくゲーム業界の慣習に由来したもので、その数字自体に明確な根拠があるわけではないと指摘。同氏はイノベーションを支援すべきテック大手アップルがそうした対応を行わず、一方的にアップル税を徴収する不合理さについて以下のように指摘した。

ポリシーの最も奇妙な部分は、それがいかに恣意的であるかということ。なぜNFTのガス代だけなのか?なぜNFT販売ではないのか?なぜ他のトランザクションやセールスではないのか?他の決済サービスは?一貫性のない支離滅裂さは、きりがないので不安にさせられる。

アップル社は、年間収益が1億4,200万円(100万ドル)未満の企業に対して、手数料を15%に引き下げたが、ソラナ(SOL)を基盤とするNFTスタートアップのMagic Edenは、App Storeに参入しない決定を下していた。2,100万人の月間アクティブユーザを抱えるMetaMaskが仮にiOSアプリを無効にする事態になれば、仮想通貨業界のアップル離れが加速する可能性がある。

関連:米Apple、App StoreでNFT販売可能なアプリを許可 手数料30%がネックに

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア