CoinPostで今最も読まれています

中国、デジタル人民元にスマートコントラクト機能を導入 消費者保護を強化へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBDCにスマートコントラクトを導入

中国政府は、デジタル人民元のスマートコントラクト機能を有効にした。今回のスマートコントラクトは、電子商取引プラットフォームで注文情報を自動的に識別するもので、消費者は抽選でお金をもらうことができる。

このスマートコントラクトは、食品から各種チケットまで取り扱う中国の大手Eコマースプラットフォーム美団(Meituan)で展開されるものだ。

消費者がMeituanで商品を注文し、デジタル人民元ウォレットを使用して支払うと、スマートコントラクトは注文情報を識別。もし、ある店舗や商品名など特定のキーワードが含まれていた場合、消費者のウォレットにデジタル人民元が配布される。

毎日、合計約17万円(8,888元)の当選金が用意されており、これが当選した消費者の間で分配されることになるシステムだ。キーワードは毎日変わる。

デジタル人民元とは、2014年より中国人民銀行が開発しているCBDC(中央銀行デジタル通貨)。2020年後半より、中国各地で大規模な実証実験が行われているところだ。

デジタル人民元は、e-CNYやe-Yuan、DCEP(Digital Currency/Electronic Payment)などとも呼ばれている。

スマートコントラクトとは

あらかじめプログラムされた条件に応じて、自動的に契約を執行する仕組みを指す。スマートコントラクトは、設定されたお金を投入し、希望する商品のボタンを押すと自動的に売買が行われる「自動販売機」に例えられることが多い。契約を締結する際には、仲介者や契約書作成などの事務作業が必要になる場合が多いため、自動的に契約を執行できるようにすることで、効率性向上やコスト削減などが期待できる。

▶️仮想通貨用語集

事前支払いソリューションも導入済

中国人民銀行のデジタル通貨研究所は、2022年9月に、デジタル人民元ウォレットに関して、スマートコントラクトを用いた事前支払いソリューションも発表していた。

同研究所のDi Gang副所長によると、このソリューションでは、消費者が前払いしたお金は、事業者がサービスや商品の提供を完了する前の段階では、消費者の口座に保管されることになる。

サービスや商品の提供を完了した後に、システムが事業者の口座にお金を振り込む仕組みで、事業者の側が消費者のウォレットからお金を引き出すことはできない。

従来のプリペイド(事前支払い)方式では、前払いされたお金が、サービス提供の前の段階で企業の口座に入れられていた。Gang氏は、このために消費者の権利が危険にさらされる可能性があったと述べていた。

このソリューションは詐欺や契約違反のリスクを低減し、消費者の権利保護を強化するのに役立つとされている。現地の専門家には、人民元のスマートコントラクト機能の可能性の一つとして注目されているところだ。

現在、すでにこの前払いシステムは教育分野で利用されている。生徒がレッスンを受けるたびに教育機関に支払う仕組みで、レッスン完了前の段階では、そのお金は消費者に帰属することになる。

Gang氏は、教育分野から小売、ケータリング、スポーツなど、より多くの分野で事前決済ソリューションを順次拡大していくとも説明していた。今回のMeituanプラットフォームでの導入も、その一環とみられる。

中国人民銀行の、Fan Yifei副総裁も昨年、デジタル人民元のスマートコントラクトは、デジタル経済の発展や、取引の透明性の向上、契約違反リスクの低減、業務効率の向上、規制能力の最適化などに役立つだろうと述べていた。

デジタル人民元を公式統計に包摂

中国人民銀行は今月、デジタル人民元を初めて公式統計に組み入れた。12月末時点でのe-CNY(デジタル人民元)の流通量は、136億1,000万元(約2,600億円)で、M0(中央銀行が保有する現金と準備金)全体(10兆4,700億元/約200兆円)の0.13%を占めていたと発表している。

関連中国人民銀行、CBDCを初めて「公式統計」に含める

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:13
2023年初のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿
2023年以降の暗号資産(仮想通貨)反発の背景は?ビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧