CoinPostで今最も読まれています

米FRB、仮想通貨銀行「Custodia」のメンバーシップ申請を否認

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨のリスクを懸念

米連邦準備理事会(FRB)は27日、暗号資産(仮想通貨)などのデジタル資産に関する銀行サービスを提供する「Custodia Bank」が提出していたメンバーシップ申請を否認したことを発表した。

Custodiaのビジネスモデルと仮想通貨に特化した事業は、安全性と健全性で重大なリスクがあると主張。法律で定める必要要件を満たしていないと、FRBは否認の理由を説明した。

同社はワイオミング州で認可を得ている「特別目的預託機関(SPDI)」。サービス内容には、デジタル銀行の運営やデジタルドルの発行、カストディなどが含まれる。FRBによると、Custodiaのサービスには連邦預金保険が適用されていない。

SPDIとは

米ワイオミング州の金融機関の形式で、「Special Purpose Depository Institutions」の略。SPDIは従来の銀行業務を行いながら、仮想通貨のサービスを提供できる。ただし、顧客の法定通貨預金での融資は通常は禁じられている。

▶️仮想通貨用語集

FRBのメンバーシップには、州に認可された商業銀行も条件を満たせば参加することが可能。FRBのメンバーになれれば、それぞれが12の連銀の監督下で運営を行うことができ、顧客に対しては信頼性を向上させることができる。

否認の理由についてFRBは、同社のリスク管理のフレームワークが、仮想通貨の対策として不十分であると指摘。例としてマネーロンダリング対策(AML)やテロ資金供与対策(CFT)が十分に行えていないと主張した。

今回FRBに申請が認められなかったことについてCustodiaは声明を発表。 Caitlin Long CEOは「我々は仮想通貨について、米国の銀行システムにも安全で、規制に準拠したサービスを提供している」と主張した。また、「従来の銀行に適用される水準以上の要件や規制にも積極的に準拠しようとしている」と説明している。

そしてLong氏は、FRBの各種申請の取り扱いには問題があると指摘した。

関連米FRBら、仮想通貨が銀行にもたらすリスクについて警告

マスター口座の申請

同氏がFRBの対応を問題視する背景には、Custodiaが行ったマスター口座の申請がある。同社は昨年6月、マスター口座への申請に関する決定を遅らせたとして、FRBとカンザスシティ連銀を原告とする訴状をワイオミング州地方裁判所に提出していた。

米中銀のシステムを利用するにはマスター口座を開設する必要があるが、仮想通貨銀行などの金融機関は、この口座を開設する許可が付与されにくい現状がある。

FRBは同年8月、仮想通貨を扱う企業やフィンテックなど新しい種類の金融機関を念頭に、マスター口座開設に関わるガイドラインを発表。こうした金融機関に対しては一般的に、より厳格な審査が行われるという内容を盛り込んだ。

関連米FRB、仮想通貨企業の連銀口座開設に関する新ガイドラインを発行

昨年1月にはFRBのJerome Powell議長が「SPDIにマスター口座の開設を許可することは、これまでにない重大な前例を作るケースであるため、慎重に審議している」と発言している。

Custodiaのマスター口座の申請については、現在も保留されている模様だ。

関連金融庁参事官「仮想通貨交換業には銀行並みの国際ルールが必要」

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア