強気の投資家が、ビットコイン価格5,000ドルまで暴落すると予想する理由

トム・リー氏の強気予想
米調査会社のトム・リー氏は、年末のビットコイン価格目標は3万ドルと再度断言、強気予想を崩していない。しかし、ビットコインの将来を信じる投資家でも、過去の経験から底値割れで一旦5000ドルを下回るとの見方もある。

トム・リー氏の強気発言

米調査会社ファンドストラット社のトム・リー氏は、2018年12月までのビットコインの価格目標は3万ドル(330万円)だと再び断言しました。しかし、他の買い手は、短期なビットコインの動向に関して、リー氏ほど楽観的ではありません。

今年5月には、ビットコインFXで人気を博す「BitMEX」のCEOアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏が、 「バブルが起きないことを確かめるため、2017年のような急激な高騰が始まる前に、5,000ドル(約55万円)まで下落する。ボラティリティーは高ければ高いほど良い。」 などと発言しました。

また今週は、シェイプシフトのCEOエリク・ブアヒーズ(Erik Voorhees)氏や仮想通貨投資家のアンソニー(Anthony Pompliano)氏が、ヘイズ氏の市場心理に対して共鳴し、弱気市場はまだ終わっていないと言及しています。

回復前の下落

出典:TradingView

CNBCのCrypto Trader(仮想通貨トレーダー)の番組内で、デジタル資産の取引所シェイプシフトの設立者でありCEOのブアヒーズ氏は、以下のように発言しています。

暴落は落ち着いたものの、この弱気相場は簡単には終わらないだろう。 一般的にこのようなバブルでは、数ヶ月間の下落トレンドの後にしばらく底値付近で揉み合い、価格を一定に保つものだ。ただ、暴落期間は通り過ぎたと考えている。

ブアヒーズ氏は、ビットコインの弱気相場が終わっていないという考えに変わりはないものの、大幅下落が一服したことを理由に、仮想通貨市場の動向について比較的楽観的な観点を示しました。

先週Diar researchは、「8月6日からおよそ三週間ビットコインの値が6,000ドル(約66万円)半ばで安定していることが示すように、ビットコインのボラティリティレートは、14ヶ月連続で下落した」と報道しました。

ビットコイン価格は、2012年、2014年、2017年と、いずれも最高値から80%もの暴落後に急反発しており、ビットコインは急騰する前に一度大きな押し目を作った後、しばらく横ばいで価格が安定する時期が訪れるとしています。

ここ3週間ほど6,300〜6,700ドル(約70-75万円)の間で安定しているビットコイン価格ですが、次に来る大きな値上がりの波を支えるためには、力を溜めて安定性を見せる必要があります。

アンソニー氏は、ビットコインが10,000ドルに回復するまでに、3,000ドル台(約33万円)まで一旦下落(その後に急反発)するだろうと予測しており、ブアヒーズ氏やヘイズ氏よりも厳しい見方をしています。

最終データを分析したところ、あまり良くない結論に達した。

それは、ビットコインが再び10,000ドル台に回復するまでに、最悪の場合3,000ドル(約33万円)あたりまで下落する可能性があるということだ。仮にこの分析が正しければ、BTC価格はあと50%程度もの下値余地があることになる。実際にこれが起こった場合、壊滅的な状況になるだろう。

年末のビットコイン価格は

このように、一部アナリストは、ビットコイン価格が急回復するまでに、5,000(約55万円)から4,000ドル(約44万円)、あるいは3,000ドル(約33万円)まで下がると見ていますが、それでも大半のアナリストは、年末までに1万ドル(約110万円)から1万5,000ドル(約167万)ぐらいまで回復するとの予想で一致しています。

ただし、ビットコイン価格がどこまで下がり、どの地点から回復し始めるのかを推測するのは極めて困難であり、専門家やアナリストの予想は、日々変化しているのが実情です。

ビットコインの今後を予測するために投資家にとって大切なことは、中間トレンドをしっかり見るということ、実際に価値や市場占有率などの指標を確認、分析することだと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

ビットコインの価格を予想する1つの指標が明らかに|米有名アナリストの見解
米国投資コンサルタント企業FundstratのアナリストTom Lee氏は、CNBCの経済番組Trading Nationに出演し、ビットコインの相場とエマージング・マーケット(新興市場/EM)との関連性を語りました。
仮想通貨ビットコイン価格予想が驚異の「的中率95%」:米CNBC経済番組が逆指標に
投資家のCanfield氏は、米大手メディアCNBCの経済番組「FastMoney」のビットコイン価格予想が高確率で逆指標になっており、ある意味優れていると皮肉発言。弱気予想で価格が上昇、強気予想で価格は下落していると指摘した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら