CoinPostで今最も読まれています

強気の投資家が、ビットコイン価格5,000ドルまで暴落すると予想する理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トム・リー氏の強気予想
米調査会社のトム・リー氏は、年末のビットコイン価格目標は3万ドルと再度断言、強気予想を崩していない。しかし、ビットコインの将来を信じる投資家でも、過去の経験から底値割れで一旦5000ドルを下回るとの見方もある。

トム・リー氏の強気発言

米調査会社ファンドストラット社のトム・リー氏は、2018年12月までのビットコインの価格目標は3万ドル(330万円)だと再び断言しました。しかし、他の買い手は、短期なビットコインの動向に関して、リー氏ほど楽観的ではありません。

今年5月には、ビットコインFXで人気を博す「BitMEX」のCEOアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏が、 「バブルが起きないことを確かめるため、2017年のような急激な高騰が始まる前に、5,000ドル(約55万円)まで下落する。ボラティリティーは高ければ高いほど良い。」 などと発言しました。

また今週は、シェイプシフトのCEOエリク・ブアヒーズ(Erik Voorhees)氏や仮想通貨投資家のアンソニー(Anthony Pompliano)氏が、ヘイズ氏の市場心理に対して共鳴し、弱気市場はまだ終わっていないと言及しています。

回復前の下落

出典:TradingView

CNBCのCrypto Trader(仮想通貨トレーダー)の番組内で、デジタル資産の取引所シェイプシフトの設立者でありCEOのブアヒーズ氏は、以下のように発言しています。

暴落は落ち着いたものの、この弱気相場は簡単には終わらないだろう。 一般的にこのようなバブルでは、数ヶ月間の下落トレンドの後にしばらく底値付近で揉み合い、価格を一定に保つものだ。ただ、暴落期間は通り過ぎたと考えている。

ブアヒーズ氏は、ビットコインの弱気相場が終わっていないという考えに変わりはないものの、大幅下落が一服したことを理由に、仮想通貨市場の動向について比較的楽観的な観点を示しました。

先週Diar researchは、「8月6日からおよそ三週間ビットコインの値が6,000ドル(約66万円)半ばで安定していることが示すように、ビットコインのボラティリティレートは、14ヶ月連続で下落した」と報道しました。

ビットコイン価格は、2012年、2014年、2017年と、いずれも最高値から80%もの暴落後に急反発しており、ビットコインは急騰する前に一度大きな押し目を作った後、しばらく横ばいで価格が安定する時期が訪れるとしています。

ここ3週間ほど6,300〜6,700ドル(約70-75万円)の間で安定しているビットコイン価格ですが、次に来る大きな値上がりの波を支えるためには、力を溜めて安定性を見せる必要があります。

アンソニー氏は、ビットコインが10,000ドルに回復するまでに、3,000ドル台(約33万円)まで一旦下落(その後に急反発)するだろうと予測しており、ブアヒーズ氏やヘイズ氏よりも厳しい見方をしています。

最終データを分析したところ、あまり良くない結論に達した。

それは、ビットコインが再び10,000ドル台に回復するまでに、最悪の場合3,000ドル(約33万円)あたりまで下落する可能性があるということだ。仮にこの分析が正しければ、BTC価格はあと50%程度もの下値余地があることになる。実際にこれが起こった場合、壊滅的な状況になるだろう。

年末のビットコイン価格は

このように、一部アナリストは、ビットコイン価格が急回復するまでに、5,000(約55万円)から4,000ドル(約44万円)、あるいは3,000ドル(約33万円)まで下がると見ていますが、それでも大半のアナリストは、年末までに1万ドル(約110万円)から1万5,000ドル(約167万)ぐらいまで回復するとの予想で一致しています。

ただし、ビットコイン価格がどこまで下がり、どの地点から回復し始めるのかを推測するのは極めて困難であり、専門家やアナリストの予想は、日々変化しているのが実情です。

ビットコインの今後を予測するために投資家にとって大切なことは、中間トレンドをしっかり見るということ、実際に価値や市場占有率などの指標を確認、分析することだと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

ビットコインの価格を予想する1つの指標が明らかに|米有名アナリストの見解
米国投資コンサルタント企業FundstratのアナリストTom Lee氏は、CNBCの経済番組Trading Nationに出演し、ビットコインの相場とエマージング・マーケット(新興市場/EM)との関連性を語りました。
仮想通貨ビットコイン価格予想が驚異の「的中率95%」:米CNBC経済番組が逆指標に
投資家のCanfield氏は、米大手メディアCNBCの経済番組「FastMoney」のビットコイン価格予想が高確率で逆指標になっており、ある意味優れていると皮肉発言。弱気予想で価格が上昇、強気予想で価格は下落していると指摘した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア