CoinPostで今最も読まれています

NYダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/8(水)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:34,156ドル +0.8%
  • ナスダック:12,113ドル +1.9%
  • 日経平均:27,685円 -0.02%
  • 米ドル/円:131.1 -1.1%
  • 米ドル指数:103.2 -0.2%
  • 米国債10年:年利回り3.68 +1.4%
  • 金先物:1,883ドル +0.2%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:23,240ドル +1.2%
  • イーサリアム:1,668ドル +1.5%

本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が7日のエコノミッククラブでインタビューで「ディスインフレ(物価上昇鈍化)のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感されたもようだ。

関連エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調

議長の今回の発言が注目される背景には、市場想定を大幅に上回った1月米雇用統計結果などがある。雇用統計はFOMC結果発表の後日に発表されたもので、FOMC会見ではややハト派に転じつつある議長が新たな雇用統計を受けて口調を変えるかが焦点となったが、今回のインタビューでは、「インフレ鈍化のプロセスは始まったが、まだ先が長いというものだ(中略)…2023年はインフレが大幅に鈍化する年になる見通し」や「雇用市場にダメージを与えずディスインフレが始まったのは良いことだ」、「労働市場の状況に多少の軟化が見られると予想しており(中略)…一段の利上げを行いその後に十分かどうか見極める必要がある」など、市場が警戒していたほどタカ派色が強まっていない印象だったようだ。特に「ディスインフレ」に関する言及はFOMC会見でも提示されたワードであり、後2回の利上げへの市場コンセンサスから大きく外れてはいないとみられる。

一方、議長発言の前にはタカ派寄りのミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が同イベントでインフレ圧力抑制に必要な金利のピークについて「個人的には引き続き5.4%前後」だと予想していると発言。5.4%とは昨年12月に想定された5.00〜5.25%(予測中央値5.1%)より高い水準だ。カシュカリ氏は今年のFOMCで投票権を持つ一人だ。

関連ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく

2月の重要な経済指標・予定

  • 10日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・速報値
  • 13日8時50分(月):日本10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
  • 14日22時30分(火):米1月 消費者物価指数(CPI)
  • 15日22時30分(水):米1月 小売売上高
  • 23日22時30分(木):米10-12月期 四半期GDP個人消費とコアPCE・改定値
  • 24日22時30分(金):米1月 個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 24日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・確報値

関連仮想通貨市場も注視する「ドルインデックス(ドル指数)」とは|初心者向けに解説

米国株

NYダウやナスダックは議長発言を受けてボラティリティを増した。戻り売りに転じる場面もあったが、IT・ハイテク株などは買い戻されたが、一部のAI関連株は大幅にに反落した。

マイクロソフトは前日比4.2%高。米時間7日の発表イベントで「ChatGPT」に使われている技術を搭載した自社の検索エンジン「Bing」の新バージョンを公開した。最新版のBingでは自然な文章で質問すると回答が返ってくるというChatGPTのような会話型検索が可能になると説明。また、マイクロソフトはBing以外の多くの製品にもこのような技術を取り入れていく予定だ。

関連マイクロソフト、検索エンジン「Bing」に対話型人工知能搭載

過去20年間、インターネット検索分野においては、グーグルがほぼ独占的になっていたが、マイクロソフトのナデラCEOは今回の発表でAI技術の導入により状況を打開しようとする意向を表明した。

関連ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え

個別銘柄の前日比では、NVIDIA+5.1%、c3.ai-11%、ビッグベア.ai-20%、テスラ+1%、マイクロソフト+4.2%、アルファベット+4.6%、アマゾン-0.069%、アップル+1.9%、メタ+3%、コインベース-4.2%、アルゴ・ブロックチェーン+18.9%。

また、引け後Ebayは従業員数の4%に当たる500人削減計画を発表した。CEOのJamie Iannone氏は決定について過去数ヶ月のマクロ経済環境を検証した結果、削減を決定したと説明した。IT分野での人員削減は進んでいる。1月にはグーグルやアマゾンやマイクロソフトも同様の動きを取っていた。

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

ドル円反落

ドル円は1ドル=131.1円、前日比-1.1%。市場はパウエル議長が米雇用統計を受けてタカ派色が強まることを期待していたようだったが、先週米FOMC後の会見と同じような発言を受けてドル売りに。ドル円は一時130円台半ばへ値と落とす場面もあったが、131円台前半に戻す展開となった。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|71.4ドル(-4.2%/-4.3%)
  • マイクロストラテジー|283.8ドル(+0.6%/-0.3%)
  • ハット8マイニング|2.1ドル(-8.8%/-1.8%)

カナダのビットコインマイナーハット8は米国のライバルマイニング企業Bitcoin Corpと統合すると発表した。合併後には「Hut 8 Corp」という名称になり、両社によると、統合後の企業の時価総額は約9億9,000万ドルで、両社の株主が均等に所有することになるという。

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

今週のGMラヂオ

関連第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ

第5回GM Radioは、2月9日(木)の21:00から。ゲストは、Connextの共同創設者Rahul Sethuram氏。ConnextのパブリックローンチやxAppsのメリット、今後の計画、などについて質問していく。

先週のGMラヂオ

先週金曜日には第4回GMラヂオを開催した。ゲストは2回目の参加となるLayerZero Labsの共同創設者や、DeFi Kingdomsの創設者ら4名で、「クロスチェーンゲームの可能性」や「ブロックチェーンゲームの課題点」などについて語り合った。

関連第4回「GM Radio」開催、ゲストはDeFi Kingdoms幹部ら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧