CoinPostで今最も読まれています

SWIFT、CBDC間取引の実験結果を報告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBDC間のクロスボーダー取引を実験

銀行間メッセージングサービスのSWIFT(スイフト)は9日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)間取引の実験における進展を発表。参加した18の中央銀行および商業銀行が、スイフトが提供する、CBDC接続ソリューションに「明確な価値」があると認めたと報告している。

スイフトは、12週間にわたるCBDCの共同テストを実施。フランス銀行、ソシエテジェネラル、BNPパリバ、シンガポール通貨庁、HSBC、ドイツ連邦銀行を始め、世界の18以上の金融機関が参加した。

SWIFT(スイフト)とは

「Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication(国際銀行間通信協会)」の略で、銀行間の国際送金を可能にする通信ネットワークを提供する非営利法人のこと。このネットワークには、世界200カ国超の11,000以上の金融機関が接続している。

▶️仮想通貨用語集

実験は、2つの異なるCBDCのブロックチェーン間、およびCBDCと法定通貨による決済システムの間で、約5,000件の取引をシミュレーションするものだった。銀行の参加者は、異なるプラットフォームで構築されたCBDCであっても円滑に取引できるとして、このソリューションの開発継続を支持している。

スイフトは、今後数か月の間に、決済ソリューションのベータ版を開発し、銀行が参加するテストをさらに行うことも念頭に置いている。その他に、証券決済、貿易金融、条件付決済などのユースケースに焦点を当てたCBDC決済ソリューションのテストも実施する計画だ。

スイフトは、CBDCの相互運用システム開発の背景も説明した。現在、110か国以上がCBDCを検討している状況だが、その多くは主に各国内での利用に重点を置いていることから、それぞれのCBDCシステムが孤立してしまう可能性があると指摘している。これに対応するソリューションが必要だとする格好だ。

今回の実験に参加したHSBCのグローバル決済ソリューション責任者Lewis Sun氏は、次のようにコメントした。

現在CBDCでは、さまざまな技術や規格が試行錯誤されているため、それぞれのシステムが孤立化するリスクも高まっている。

スイフトと、中央銀行や商業銀行が継続的に協力して、より速く、より安く、より安全なクロスボーダー決済を実現するプラットフォームを生み出せるだろう。

また、インテーザ・サンパオロ銀行のStefano Favale取締役は、CBDCにおいて「相互運用性は、流動性の罠を回避し、ネットワーク効果を生み出すための重要な要素だ」と述べた。

スイフトは、分散型オラクルネットワークを提供するChainlink Labsとも、クロスチェーンの相互運用性に関する実証実験を行っている。この実験の背景としてスイフトは2021年、今後10年の間に、トークン化資産と従来の資産が共存するようになると予想しており、仲介者としてマーケットをサポートできないか探りたいとしていた。

関連チェーンリンク(LINK)、SWIFTの実証実験に参画

CBDC相互運用性の実験続く

ここ数年、様々な機関が、CBDCの相互運用性に関わる実験を行っているところだ。

国際決済銀行(BIS)は3月6日、複数の中央銀行と共同で行った、CBDCクロスボーダー取引についての実験結果を報告。BISがイスラエル銀行、ノルウェー銀行、スウェーデン国立銀行と協力して実施したものであり、利点や各CBDCシステムに必要な要件、今後の検討課題を説明している。

関連国際決済銀行ら、CBDCクロスボーダー決済の実験報告

また、2022年11月に米ニューヨーク連邦準備銀行は、CBDCの相互運用を検証する実験プロジェクトへの参加を表明。実験は、決済大手マスターカードや、シティ(Citi)、HSBC、BNYメロンやその他の大手金融機関も共同で行われるものだ。

関連ニューヨーク州連銀、マスターカードなどとCBDC実証実験へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港行政長官、Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア