CoinPostで今最も読まれています

分散型IDに特化するオントロジー、EVM対応のL2ソリューション発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Goshen Networkをローンチ

分散型アイデンティティ(DID)ソリューションおよびデータ特化型のオープンソースプラットフォームを開発するオントロジー(Ontology)は22日、レイヤー2ソリューション「Goshen Network」を発表した。このソリューションは、オントロジー・ファウンデーションが推進するインキュベーションプログラムを通じて開発されたものだ。

オントロジーは、個人や企業が安心してWeb3へアクセスする基板となる分散型IDとデータソリューション開発に特化したブロックチェーン。「信用の再定義」をミッションとして掲げており、 分散化され、プライバシーと透明性、信頼性を高めた安全性の高いインフラ構築に注力している。

オントロジーは22年3月に独自のイーサリアム仮想マシーン(EVM)を正式にローンチ。オントロジーEVMの稼働により、イーサリアム・ブロックチェーンとの互換性が確保されている。

EVM

イーサリアム仮想マシンの略。スマートコントラクトを実行するための「翻訳機」として機能する。EVMはイーサリアムクライアントのネットワークに保持されるステートマシン(入力条件と現在の状態によって次の状態が決まる論理回路)であり、ブロック生成の度にトランザクションやスマートコントラクトを実行してネットワークの状態を計算する役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

Goshen Networkはイーサリアムと完全な互換性を持つトラストレスなL2ソリューションで、オプティミスティック・ロールアップに基づいている。

ロールアップ

メインのブロックチェーンのセキュリティを活用しながら、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るスケーリングソリューションのこと。ロールアップ技術にはZKロールアップとオプティミスティック・ロールアップ(Optimistic Rollup)の2種類がある。

▶️仮想通貨用語集

Goshen Networkの誕生により、オントロジーとイーサリアムエコシステム間で相互運用性が高まることが期待されている。オントロジーEVMが両チェーン間の障壁を取り払い、Goshenが高レベルのセキュリティを維持しつつ、高速で安価なトランザクションの提供に貢献することを目指すとのことだ。

Goshen Networkの特徴

Goshen Networkは、普遍的かつイーサリアムと完全な互換性をもつL2ブロックチェーンで、オプティミスティック・ロールアップを実装。汎用EVM計算に最適化されたRISC-V不正防止システムを採用している。

Goshenは以下のような特徴と優位性を備えている。

  • 安いガス料金
  • 高速なトランザクション:数秒で実行
  • 高いセキュリティレベル
  • 開発者が使いやすい:イーサリアムツールチェーンやdAppsに完全対応
  • 堅牢な不正防止システム
  • 効率的な状態遷移
  • モジュール式のプロトコル設計:理解しやすいシンプルなレイヤーデザインを採用

Goshenは、イーサリアムと完全な互換性を持っているため、エコシステム内でツールチェーンの展開や再利用がしやすい。また、モジュール式の開発コンポーネントが用意されており、開発者に配慮された開発環境となっている。

4月にはGoshenのスマートコントラクトが、開発者向けに完全にオープンソース化される予定だという。

オントロジーの関連プロダクト

オントロジーは、分散型アイデンティティとデータのソリューションを通して、Web3に信頼できるアクセスを提供することを目指している。

オントロジーの活動の原点が、分散型アイデンティティ・フレームワーク ONT IDであり、OWN(Ontology Web3 Network)インフラの基盤の一つとなっている。

ONT IDは独自の分散型IDで、現在はオープンソース化されており、KYC(本人確認)、ウェブサイトへのログイン、P2P(ピアツーピア)通信機能などのオプションも追加されている。

分散型IDとは

分散型IDとは、中央集権的な身分証明証の発行機関や組織などに依存することなく、自分が誰であるか、また自分に関する情報や保有する資格などを証明・管理することのできる、新たなタイプのIDを指す。

▶️仮想通貨用語集

オントロジーはONT IDフレームワークを基盤に、ONT IDが搭載された「ONTO ウォレット」、ONT IDの信用スコアシステムOScoreを組み込んだ、DeFiレンディング・プロトコル「Wing ファイナンス」、さらに分散型データプロトコル「SAGA」を開発している。

また、オントロジーEVMのローンチにより、イーサリアムとの相互運用性を高め、開発者に魅力的な環境を提供することで、イーサリアム開発者をオントロジーへ誘致する努力を重ねている。

オントロジーは5年以上にわたり、L2に関する技術を蓄積するとともに綿密な研究を進めてきた結果、GoshenのL2フレームワークの設計、および技術的互換性の優位性を評価するに至ったという。高速かつ低コストのL2チェーンを取り入れることで、オントロジーの牽引力がさらに高まる、と期待する声もある。

関連:Web3時代のIDソリューション、ONT IDとは

関連:オントロジーによるマルチチェーン対応の分散型IDウォレット「ONTOウォレット」を解説

2023年のロードマップ

オントロジーは2月に、2023年のロードマップを公開。技術、分散型アイデンティティ、エコシステムの三つの領域において開発が計画されている。

技術面では、メインネットのパフォーマンスの最適化、ステーキング機能/UIの最適化、オントロジーEVMの開発効率アップ、技術文書の改善による開発者支援、レイヤー2プロジェクトとのシステム統合、セキュリティ強化、Web3インフラの変化への対応などが挙げられた。

分散型アイデンティティ(DID)領域では、DID、データ、レピュテーション管理機能を統合して、ユーザーのプライバシーや情報の保護をさらに強化することを目指す。

エコシステムに関しては、昨年、オントロジーEVMのローンチと同時に設立された1,000万ドル(約13億円)相当の開発者向けファンドで、参加プロセスをより簡素化し、オントロジーEVM上での開発を後押しする。このファンドは、技術、マーケティング、ビジネス開発などの面で、オントロジーが参加プロジェクトに対し手厚いサポートを提供するものだ。

関連:分散型ID開発のオントロジー、2023年のロードマップを発表

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。
11:34
イーサリアム大幅続伸で3000ドル台迫る、ビットコインも底堅く推移
暗号資産(仮想通貨)市場では大型アップグレードDencunのメインネットローンチを来月に控え、現物ETF承認思惑のあるイーサリアムが大幅続伸した。アルトコイン市場では、ChatGPTを開発したOpen AIのサム・アルトマンCEOらが主導するWorldcoin(WLD)の急騰も目立った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧