CoinPostで今最も読まれています

オントロジーによるマルチチェーン対応の分散型IDウォレット「ONTOウォレット」を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3への玄関口となるウォレット

オントロジーが開発・提供する暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ONTOウォレット」は、ビットコイン、イーサリアム、バイナンススマートチェーンやソラナなど、30を超える主要なパブリック・ブロックチェーンをサポートするマルチチェーン(異なる複数のチェーン)対応型ウォレットです。

出典:Ontology

オントロジーは仮想通貨ウォレットユーザーの幅広いニーズに対応できるONTOウォレットを通じて、ユーザーに高いプライバシーやセキュリティ、エアドロップ機能などシームレスなWeb3領域へのアクセスを提供し、「Web3へのポータル」としての役割を目指しています。

この記事では、ONTOウォレットに実装されているそれぞれの機能および役割、その活用法なども踏まえて詳しく解説します。

ONTOウォレットとは

出典:Ontology

2018年9月にローンチされたONTOウォレットは、156カ国・約100万人の登録ユーザーと31万人のコミュニティメンバーを抱える、分散型ID(DID)およびデータ、デジタル資産を安全に管理することのできるオールインワンアプリです。

コインやトークン、NFT(非代替性トークン)などのデジタル資産はもちろん、dApps(分散型アプリケーション)などその他のプロダクトとも互換性があり、後述の「ONT ID」や、オントロジー独自のWeb3信用スコアシステム「OScore」の管理および運用にも対応しています。

ONTOウォレット一つで、ユーザーは分散型ID、デジタル資産、dApps、NFT、分散型ドメインなど、モバイルとブラウザの双方でWeb3のエコシステムに参入できるようになります。

関連:フリーランサーも仮想通貨で報酬受け取りが可能に、オントロジーがウォレット統合を発表

特徴的な機能

現在、暗号資産業界には多くのウォレットアプリが提供されており、数多くの選択肢があります。ONTOウォレットの利点である多機能性を通じて、Web3ウォレットを選ぶ際に基準となるいくつかの要素を見ていきましょう。

分散型ID(DID)

Web2の世界において、インターネットは個人情報を収集・管理し、そのデータを元にハイテク企業が莫大な収益を生み出す構造が一般的でした。Web3では、そうした個人情報やデータの所有権をユーザーに返すことで、この仕組みを転換することがそのメリットの一つです。ONTOウォレットが提供する機能である「ONT ID」のような分散型ID(DID)ソリューションは、こうした場面で活躍します。

関連:自己主権型アイデンティティガイド|オントロジー(Ontology)寄稿

分散型ID(DID)は、既存の中央集権的な個人情報管理の仕組みやプラットフォームへのログイン方法に対して、別の新たな選択肢を提示するもので、Web3時代のインフラを担う主要プロダクトの一つとして注目されています。

ONT IDを使えば、オンチェーン資産をコントロールし、自分のIDデータを管理し、データのプライバシーをより強固に保護することができます。また、ONT IDはW3C(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)の策定した分散型ID(DID)規格に基づいて開発されているため、今後はインターネットの標準となることが見込まれています。

こうした仕組みは、プライバシー保護への貢献が期待されており、1つのONT IDを作成することで、より広範なWeb3エコシステムの機能とともに、さまざまなdAppsにアクセスすることができるようになります。

W3Cとは

World Wide Web Consortium(W3C)は、Webに関する技術の標準化を目的とした国際的な非営利団体。

仮想通貨用語集

関連:Web3時代のIDソリューション、ONT IDとは

関連:オントロジー、分散型ID用の開発キットをオープンソース化

信用スコアシステム

ONTOウォレットは、ブロックチェーン上では初となる信用スコアシステムも搭載しています。「OScore」と呼ばれるこの信用スコアは、ブロックチェーンにおけるユーザー取引履歴やDID(ONT ID)に紐づけられた個人情報の連携、また過去の精算回数などに基づいて、スコアが上下します。

ユーザーがONTOウォレットを利用することで、チェーン上での行動に応じて内部アルゴリズムが信用スコアを生成します。ユーザーが所有するDIDは、ユーザーの社会的関係を表し、他のユーザーと取引・交流する際の基準として利用することが可能です。一方でOScoreは、従来の中央集権的な機関のクレジットスコアとは異なり、そのデータは常にユーザー自身によって管理・承認されます。

OScoreのポイントが高いユーザーは、ウォレットを通じてデポジットなしで車をレンタルすることなどもできるようになります。また、ユーザーの学歴や資格その他の重要なオフチェーンの個人情報もDIDと紐づけることができます。将来的には、OScoreによるクレデンシャルを送信することで自分の資産レベルを他者に証明したり、資産額を明かすことなく、一定の資産閾値の投資活動に参加することなどができるようになる予定です。

マルチチェーン対応とセキュリティ

出典:Ontology

ONTOウォレットは、独自のDIDや信用スコアシステムに加え、合計31のブロックチェーンが利用可能なマルチチェーンウォレットとしての機能も備えています。

異なるチェーンで資産を管理する場合、ユーザーがネットワークを切り替える必要がある単一チェーン対応型のウォレットとは異なり、ONTOウォレットでは1つのONT IDで31のブロックチェーンにまたがる資産を容易に管理することが可能です。

ユーザーは実際に、トークンからNFT、プライベートデータまで、すべてのデジタル資産をアプリ上で一元的に管理できます。

安全性とセキュリティは、すべての暗号資産ウォレットにとって最優先事項でなければなりません。ONTOウォレットは分散型ウォレットであるため、アプリ内にデータは一切保存されないため、外部の攻撃からウォレットの資産は守られます。

暗号資産領域で現在、NFTほど人気のあるものはほとんどありません。2020年に台頭して以来、NFTは世界を席巻しています。ONTOウォレットのNFTタブでは、NFTのマーケットプレイスに行かなくても、Collectiblesページに直接NFTを表示したり、NFTを送受信したり、NFTを取引することが可能です。NFTの購入機能も22年第4四半期に実装される予定です。

また、ONTOウォレットはCoinMarketCapのトークン価格と情報を統合しているため、リアルタイムでトークンと法定通貨の連動した値動きや、プロジェクトとトークンの詳細情報を簡単に調べることもできます。

ネイティブスワップ、ブリッジ、ステーキング

資産取引やステーキングに興味のあるユーザーのために、ONTOウォレットはアプリ内でスワップおよびブリッジ機能を提供します。ウォレットアプリ内にOpenOceanおよびPoly Networkの機能を統合していることから、瞬時に最適な為替レートで資産をスワップ(両替)することが可能です。

ONTOウォレットのアプリ内で利用できるステーキング機能としては、Ontology Network上のネイティブトークンであるONTをステーキングし、高いAPYでパッシブ収入を得ることも可能です。

エアドロップ機能

「ONTO Anydrop」は、トークンのエアドロップ(無料配布)を実施するためのツールです。コミュニティメンバーなどに対し、トークンを報酬として簡単に配布するソリューションとして、ONTOウォレットにはこの「Anydrop」ツールが備わっています。

Anydropを使ってエアドロップをしたい場合、対象となる各ユーザーにエアドロップを送る個別のトランザクション処理をするのではなく、複数のチェーン上で1つのトランザクションあたり最大400のアドレスにトークンを配布することができます。

これにより、エアドロップを行うために必要なガス代が大幅に削減されるため、エアドロップの配布を迅速かつ安価に行うことができます。また、ユーザーはエアドロップ処理を自由にアップロード、カスタマイズすることができ、エアドロップの保留や配布・受信状況を簡単に確認できます。

関連:オントロジー(Ontology)、2022年のロードマップを発表

「発見」機能

ONTOウォレットのアプリ内には「発見」タブがあり、仮想通貨・NFTのエアドロップキャンペーン情報などが記載されているほか、DeFi、NFT、ゲームなど数百ものdAppsにカテゴリー別に直接アクセスすることが可能です。

他にも「ニュース」タブでは、いくつかのソースからなる最新の仮想通貨関連ニュースを読むこともできます(現在は英語ニュースのみの対応)。

ONTOウォレットアプリ画面

まとめ

上述の機能を全て兼ね備えたONTOウォレットは、Web3における汎用的なウォレットとして活用することが可能です。

ONTOウォレットは提供開始以来、こうした包括的なエコシステムを構築してきています。現在までに、ONTOウォレットエコシステムには、さまざまなプロジェクトとともに200を超えるパートナーがおり、イーサリアム、BNB Chain、Ontology Network、ポルカドット、ポリゴンなどを含む31の主要なパブリックブロックチェーンに対応し、その数も拡大中です。

これらのエコシステム・パートナーと共に、ONTOウォレットは定期的なイベントを開催しており、コミュニティのユーザーにとっても無数のメリットがあります。さらに、ONTOウォレットは数百ものdAppsへのシームレスなアクセスも提供します。

ユーザーは、タブを何度も切り替えることなく、dApp内の他のチェーンのアドレスに切り替えることができ、優れたユーザー体験を提供します。600以上のdAppsに簡単にアクセスできるONTOウォレットは、ユーザーのニッチな需要を満たすことができます。

関連:「日本で幅広いユースケースを作り、普及させていく」オントロジーGloria Wu氏インタビュー

ユーザーはonto.app、またはモバイルアプリストアからONTOウォレットをダウンロードすることができます。デスクトップユーザーは、ウェブブラウザ用のONTOウェブウォレットもインストール可能です。

ONTOウォレットのダウンロードリンクはこちら:

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア