CoinPostで今最も読まれています

ChatGPT開発のOpenAI社CEOが岸田首相と面会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

岸田首相と面会

AI言語モデル「ChatGPT」を開発した米OpenAI社のサム・アルトマン最高経営責任者は10日、首相官邸で岸田文雄首相と面会。ChatGPTについて意見を交換した。

アルトマン氏は首相との面会で、ChatGPTを活用することの利点やマイナス面の軽減、「日本が採用することで、得られる素晴らしさ」などについて話し合ったという。

同氏はその後、自民党の会合に出席。日本にOpenAI社のオフィスを開設し、日本語サービスの拡張を検討する意向を明らかにしたという。アルトマン氏は記者会見で、同社の言語モデルが、日本語とその文化的ニュアンスに対する習熟度を高めるように努力すると述べた。

もっと長い時間をかけて、素晴らしい才能のある人々と関わり、日本の人々のために卓越したものを作りたいと考えている

日本への提案

アルトマン氏は同日、自民党の「AIの進化と実装に関するプロジェクトチーム」(以下、AIPTと表記)の会合に出席した。AIPTの事務局長を務める塩崎彰久議員がツイッターで明らかにした。

塩崎氏によると、アルトマン氏は日本に対し、以下の七つの点について提案した。

  1. 日本関連の学習データのウェイト引き上げ
  2. 政府の公開データなどの分析提供等
  3. LLM(大規模言語モデル)を用いた学習方法や留意点等についてのノウハウ共有
  4. GPT-4の画像解析などの先行機能の提供
  5. 機微データの国内保全のため仕組みの検討
  6. 日本におけるOpenAI社のプレゼンス強化
  7. 日本の若い研究者や学生などへの研修・教育提供

AIPTは3月末、「AI新時代における日本の国家戦略」と題したホワイトペーパーを公開。国内におけるAI開発基盤、行政でのAI利活用、民間でのAI利活用、AI規制について、提言をまとめている。

ホワイトペーパーでは、日本独自のAIモデル開発について「短期的に競争力を有する独自の基盤モデルを国内リソースのみで開発するのは困難」との見方から、「先行している海外の基盤モデルAIを土台とし、またはパートナーシップを組む形で、国内でも基盤モデルを用いたさまざまな応用研究・開発を加速させるべき」としている。

OpenAI社CEOとの会合はこの流れを汲むものとみられる。

高まるChatGPTへの懸念

一方、ChatGPTに対して、世界で個人情報保護に関する懸念が高まっている。

イタリアでは、データ保護機関が、EU(欧州連合)の一般データ保護規則(GDPR)違反の疑いがあるとして、3月31日、ChatGPTの利用を一時禁止する措置をとった。ChatGPTではクレジットカード番号(下4桁)や住所を含む一部の顧客情報の漏洩が発覚。調査が開始された。

当局は、AIがアルゴリズムを学習する際に個人データを大量に収集・保存することに法的根拠が欠如していると批判。ユーザーへの事前の情報提供も不十分であると主張している。

ロイターの報道によると、ドイツ、フランス、アイルランドがイタリアに追随する可能性があるという。

関連:イタリア当局がChatGPTに一時制限、データ保護違反と対策不足の疑いで調査開始

カナダでは、個人情報保護委員会(CPC)が4日、「ChatGPTが同意のない個人情報の収集、使用、開示している」との苦情を受け、OpenAI社に対して調査を開始したと発表した。

さらに、公正取引を監督・監視する米国連邦取引委員会(FTC)でもChatGPTは問題視されている。

FTCに提訴された文書で、AIの倫理、社会的影響、プライバシー問題に対処する非営利研究機関「AIデジタル政策センター(CAIDP)」がChatGPTをプライバシーと公共の安全に対するリスクだと主張。透明性、公平性、明確性を求めるFTCのガイドラインに準拠するまで、今後のAI言語モデルのリリースを凍結することを求めている。

関連:カナダ当局 「ChatGPT」開発会社OpenAIを調査

日本は世界のトレンドに逆行か

世界でChatGPTへの逆風が強まる中、アルトマンCEOが訪日。岸田首相との面会や、与党自民党の会合参加を果たした。

岸田首相は、アルトマン氏との面会後、新たな技術におけるプライバシーや著作権に関するリスクが指摘されている状況について同氏と話し合い、「国際的なルールづくり」についての考え方について意見を交換したと語った。

松野博一官房長官は記者会見で、「『チャットGPT』に限らず、昨今のAIをめぐる技術革新は、さまざまな利点がある一方、新たな課題が生じるとの見方もある」と強調する一方、政府内でのChatGPT利用の可能性について次のように述べた。

政府としては、引き続き関係省庁で連携し、AIに関する動向の把握に努めつつ、機密情報の取り扱いや情報漏えいの懸念への対応についても必要な検討を行う。その上で懸念点が解消された場合は、国家公務員の業務負担を軽減するための活用の可能性などを検討していきたい。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア