CoinPostで今最も読まれています

米高裁、アップルのアプリ外決済誘導禁止を違法判断 Web3アプリ開発企業にも追い風か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

小さな勝利と大きな一歩

米国連邦控訴裁判所(高裁)は24日、米アップル社が「App Store」で利用者の外部決済システムへの誘導を制限する行為は、カリフォルニア州の不正競争防止法(UCL)に違反するとの判断を下した。

米国連邦控訴裁判所は、地方裁判所の上位に位置する、控訴審を担当する裁判所。米国における最上位の上訴裁判所としては、連邦最高裁判所(US Supreme Court)がある。

今回の判断は、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元である米Epic Gamesが、スマートフォンアプリの課金方法を巡り、アップルを反トラスト法(独占禁止法)違反で訴えた訴訟で下された判決の一部だ。控訴裁は、上記以外の争点においてはアップルの主張の大半を受け入れ、独占に当たらないとした地方裁判所の判断を支持した。

Epic Gamesの創業者でCEOのTim Sweeney氏は、アップルの勝訴を認める一方で、App Storeの外部決済への誘導を制限する条項を裁判所が否定したことは、開発環境の大きな改善につながるとの考えを示した。

幸いなことに、アップルの反ステアリング条項を否定した裁判所の前向きな判断により、iOS開発者は消費者をウェブに送り込み、そこで直接ビジネスを行うことができるようになる。我々は次のステップに取り組んでいるところだ。

App Storeの反ステアリング条項では、アプリ開発者がApp Store以外のサードパーティの決済方法への外部リンクを設けることを禁止している。裁判所は、Epic Gamesの手数料(12%)がアップル(30%)に比べて格段に低いということをユーザーが知れば、直接Epic Gamesに集まり、Epic Gamesがより高い収益を上げていたと判断。反ステアリング条項は「不公平である」との結論に達した。

アップルはこの決定を不服として、上訴の可能性も検討していると声明で述べている。

アップル VS Epic Games

アップル社とEpic Gamesの法廷抗争は2020年に始まった。

Epic GamesはApp Storeの「法外な手数料」を回避するため、独自決済システムへのリンクをアプリ内に設けたところ、アップルは規約違反に当たるとして、人気ゲームフォートナイトの配信停止に踏み切った。

この措置を受け、Epic Gamesはアップルが他社の決済システムを認めず最大30%の手数料を課しているのは、独占的であり競争を阻害しているとして、アップルを提訴。程なくアップルもEpic Gamesを反訴した。

米地裁は2021年、Epic Gamesによるアップルの独占禁止法違反の主張を退ける一方で、反ステアリング規制については、アップルに撤廃するよう命じる判決を下した。

アップルならびにEpic Gamesは、この判決を不服として控訴し、今回、控訴裁判所で改めて同様の判断が下される事となった。

日本と欧州では

App Storeは長年に渡り、日本の公正取引委員会による独占禁止法に基づく審査を受けていたが、2021年9月、アップル社は同委員会との和解に伴い、規約の一部を改定した。

公取委は、アップルが音楽配信や動画配信などのアプリ提供者に対し、コンテンツ販売方法を限定する規定などを問題視していた。アプリ内での有料コンテンツ販売はApp Store経由に限定され、アプリ提供者には販売額の30%が手数料として課されていた。また、自社サイトでコンテンツを販売するためのアウトリンク表示は禁止されていた。

改定された規約では、「リーダーアプリ」上で有料のコンテンツや利用料支払いの際に、外部の決済サイトへのリンクの掲載を容認することになった。ただし、ゲームアプリでの外部誘導は引き続き禁じられていた。

改定された規約は2022年から、全世界に適用されたことから、日本の公正取引委員会が巨大IT企業に影響を与えた例として注目された。

アップルはまた、欧州連合(EU)のデジタル市場法(DMA)に準拠するため、App Store以外からも外部アプリをダウンロード可能にする「サイドローディング」の実装準備を進めているようだ。

対応はEUに限定されているが、同様の法律が制定される場合は他国でも適用される可能性があり、Web3およびNFT(非代替性トークン)業界にも追い風となり得る。

関連:アップル、欧州で外部アプリストアの許可方針 30%の「Apple税」解消か=報道

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア