「仮想通貨の成長率1000倍には至らない」発言の意図は大きな誤解:重鎮同士が舌戦を繰り広げる

Joseph Lubin氏はButerin氏の発言に異議を唱える、バイナンスのCZ氏もコメント
イーサリアムの共同設立者Joseph Lubin氏が、先日同じ共同創立者であるVitalik Buterin氏による仮想通貨市場の将来性に関する“辛辣な”コメントと異なった見解を示した。なお、BinanceのCEO、CZ氏曰く:「仮想通貨は1000倍も成長できる」
頭打ちになった既存戦略と次なる一手
9月8日に香港にて開催されたイーサリアム・ブロックチェーン会議にButerin氏が出席し、「ブロックチェーン分野が頭打ちになってきており、今後1,000倍の成長までは期待できない」と言及。投機から実用性に転換させることが不可欠だと主張した。
Vitalk Buterin氏の釈明
その後、Buterin氏はツイッターを通して、先日の発言について詳しく説明した。今後の市場拡大が全くないという事ではなく、1000倍規模の成長はマーケティングのみでは難しく、実用的なプロジェクトの生き延びるとした。

Joseph Lubin氏の反論

イーサリアムとConsenSysの創設者であるJoseph Lubin氏は、先日同じ共同設立者であるButerin氏による仮想通貨市場の将来性に関する辛辣なコメントに賛同できないとして、異なる見解を示しました。

Buterin氏はブルームバーグ誌との取材にて、ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトで昨年末に見られた1000倍超の急成長はもう2度とないだろうと語り、注目を浴びました。

現時点で、平均的な教養のある人は、おそらく「ブロックチェーン」という単語を少なくとも過去に一度は耳にしていることだろう。

よって、この分野のあらゆるものに対して、今後1,000倍の成長を遂げるチャンスは存在しない。

それに対し、Lubin氏は米国大手メディアCNN の最新取材にて、以下のように述べました。

ヴィタリックは天才だが、今回ばかりは彼の意見に賛同しかねる。ブロックチェーンは、今後数十年の間で、経済・社会・政治システムへインパクトをもたらす技術だ。我々は未だその初期段階にいる。

この技術はまだ未熟だが、この業界にかつてない革命を引き起こし、全ての資産が暗号化となる将来も十分あり得る。だから、これからも大きな成長は見込めるんだ。

Buterin氏の反論、CZ氏のコメントも

これに対し、Buterin氏は本日ツイッター上で、以下のように釈明しました。

はっきりと言うが、仮想通貨エコシステムに『伸びしろが無い』とは言ってない。私が指摘したのは、『1000倍の価格上昇』という伸びしろが無いだけだ。1000倍の価格上昇とは、今で言うと仮想通貨総時価総額が2000兆ドル。それには世界の総財産の約70%が仮想通貨に切り替わる事を意味する。

この発言に対して、バイナンスの代表者CZ氏は、自身のツイッターでこのように語りました。

私はそれでも賛成できない。『仮想通貨は1000倍以上も成長できる』と思う。単純に、米ドルの時価総額に到達すれば、1000倍に近くなる。しかもこれはユースケースの限られている通貨に対する計算であり、派生商品の市場ポテンシャルは、それよりも遥かに大きい。

更に、Buterin氏は、説明を以下のように続けました。

言いたかったことは、世界人口の多くは仮想通貨について詳しく知らずとも、名前ぐらいはすでに聞いたことあるということだ。将来の成長はユースケースや、実用普及のあるプロジェクト(通貨)に見られるはずであり、単に注目されただけでは、飛躍的な成長は期待できない。

このコメントについては、CZ氏も同意しています。

これに関しては、私も100%の賛成票を入れる。実用普及の未来は、必ず到来する。ブロックチェーンにも今後、より多くのユースケースが見込めるはずだ。

仮想通貨の爆発的な投機への関心から、実用性を追求する次なるステージへ=イーサリアム創業者
9月8日に香港にて開催されたイーサリアム、ブロックチェーン会議にButerin氏が出席し「ブロックチェーン分野が頭打ちになって来ている」と主張し、今後1,000倍ほどの成長が見込めるチャンスはないと言及し、次なる一手としてButerin氏は、仮想通貨分野に関心を持つ人々を「関心から実用」に転換させる術が必要だと主張した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加