CoinPostで今最も読まれています

bitFlyer、トラベルルール対応で暗号資産の預入・送金制限を公表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bitFlyerがトラベルルール対応内容

国内大手の暗号資産(仮想通貨)取引所であるbitFlyerは30日、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。bitflyerにて暗号資産の預入・送付を行うすべての法人・個人顧客に制限が適用される。

5月30日15時から、bitFlyerを経由して行われる暗号資産の預け入れや送金は、トラベルルールに準拠したシステム「TRUST(Travel Rule Universal Solution Technology)」を導入している暗号資産交換業者へと制限されることになる。

Travel rule2_0530

出典:bitFlyer

MetaMaskなどの暗号資産ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としてはCoincheckが唯一の選択肢となる状況だ。

ただし、この制限はトラベルルールに基づいた情報通知が義務づけられた21の国や地域に限定される。つまり、以下21か国以外に拠点を置く暗号資産交換業者との間では、引き続き暗号資産の送付や預け入れが可能だ。

Travel rule_0530

金融庁HPに基づいた通知対象国・地域 出典:bitFlyer

TRUSTが対応する暗号資産の種類にも制約が存在する。そのため、bitFlyerが扱う暗号資産の中でTRUSTの対象となるのは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)。そしてERC-20規格で作成された暗号資産である「ベーシックアテンショントークン(BAT)、チェーンリンク(LINK)、ポリゴン(MATIC)、メイカー(MKR)、シバ(SHIB)、パレット(PLT)」である。

なお、5月30日時点では、CoincheckとbitFlyer間で可能な暗号資産の預け入れや送金はビットコインのみとなる。bitFlyerは、Coincheck側での開発が進行すれば、今後イーサリアム(ETH)やERC-20規格の他の暗号資産についても取引が可能になると加えた。

関連:ビットバンクがコインチェックやbitFlyerへの直接送金制限を発表 トラベルルール対応で

トラベルルールとは

これらの状況が生じた主な原因は、各企業がトラベルルールの遵守のために採用したソリューションが異なるためである。トラベルルールとは、「利用者からの依頼を受けて仮想通貨の送金を行う交換業者は、送金依頼者と受取人の詳細情報を、受取人側の交換業者に通知しなければならない」という規則のことである。この規則の適用は2023年6月頃から開始される。

bitFlyerやCoincheckが採用している「TRUST」は、GMOコインやbitbankなど国内の他の企業が導入する「Sygna Alliance」とは異なるプロトコルを使用している。そのため、現状では両者間で互換性がない。このことが、金融庁からライセンスを取得している他の国内の暗号資産交換業者でも、暗号資産の送金に制約が生じる要因となっている。

主要な米国企業(CoinbaseやCircle等)はTRUSTを採用しているが、日本国内やアジア太平洋地域の暗号資産交換業者は主に台湾のCoolBitX社が開発するSygnaを採用しているようだ。

トラベルルールは金融作業部会(FATF)が提唱し、犯罪者やテロリストが決済手段として仮想通貨を悪用することを防止する目的で提案された。

このルールを遵守するため、日本国内では23年6月9日までに「安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」が施行される予定だ。この法律改正により、日本の暗号資産交換業者は、送金・受取人名、顧客識別番号などの情報を通知した上で暗号資産の送付を行うことが求められることとなる。

今後、暗号資産を利用する一般ユーザーにとっては、自身が利用している交換業者がどのプロトコルを採用しているかを確認し、送金が可能な取引所やウォレットを選択する必要が生じる。

関連:加納裕三氏、仮想通貨取引所bitFlyerの社長復帰へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/27 水曜日
17:32
ステーブルコインとマネーマーケットファンドの取り付け騒ぎとは?
米ニューヨーク連邦準備銀行はステーブルコインにおける資産逃避リスクに関するレポートを発表した。シリコンバレー銀行破綻の際の事例などを分析している。
14:35
米議員ら、SECゲンスラー委員長に現物ビットコインETFの承認を要請
米国の超党派議員らは米証券取引委員会ゲンスラー委員長に書簡を提出。現物ビットコインETFの上場をただちに承認するよう要請している。
13:30
ブラックロックなど大手運用会社、ビットコイン・マイニング投資が増加
世界の巨大資産運用会社であるブラックロック、バンガード、ステート・ストリートが、ビットコインマイニング市場での影響力を強めつつある。特にBlackRockは2020年から米マラソン・デジタル・ホールディングスへの投資を増加し続けている。
12:57
米パンテラキャピタル、Web3業界の報酬水準について調査結果を発表
米仮想通貨ファンド大手Pantera Capitalは、Web3業界の報酬調査結果を公表した。透明性を高めることで、新たな才能をエコシステムに呼び込み、イノベーションの促進を図るというのが、その動機だという。
12:25
SECがビットコインETFの審査判断を来年1月まで延期、BTC取引量は6年ぶり低水準
長期金利上昇や米政府機関の閉鎖リスクなど不確実性が高まり米株指数が続落する中、暗号資産(仮想通貨)市場では、Ark Investと21 Sharesが申請中のビットコインETF審査判断が2024年1月まで延期された。
11:05
Celestia、58万アドレスへのエアドロップで初期参加促す
モジュラー型ブロックチェーンCelestiaは、独自トークンTIAを配布する計画を明らかにした。エアドロップを通じてイーサリアムとコスモスエコシステムのアクティブユーザーの関与を促進するねらい。対象アドレスは約58万件に及ぶ。
09/26 火曜日
17:16
L2「Base」、取引数急増の背景とその重要性とは?
コインベース支援のL2「Base」がトランザクション数で競合のArbitrumとOptimismを上回った。新興のソーシャルファイ「Friend.Tech」の影響と、各プラットフォーム及びイーサリアム保有者にもたらす利点を探る。
15:17
テザー社、シンガポールにおけるUSDTの規約変更に関する噂を否定
テザー社のパオロ・アルドイノ氏は、シンガポールにおけるUSDTサービス停止に関する噂を否定した。利用規約は数年前に変更されたものだとしている。
13:21
Arbitrum、83億円相当のARBをDAOの財源へ
仮想通貨イーサリアムのL2アービトラムは、ARBのエアドロップ未申請分83億円相当をArbitrum DAOの財源に割り当てたことを発表。数量は6,944万ARBで、初期発行量の0.69%相当である。
13:14
JCBAがIEO制度改革案を公開、企業の資金調達推進へ
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、IEO制度の健全化を目指す自主規制改革の初期案を公開した。価格の安定性向上と制度の運用方法の改善を目指し、関係者のロックアップ制度の確立、流動性の確保、公募価格の算定方法の多様化、及び安定操作の整備が挙げられている。
12:54
米SEC、破綻したセルシウスの資産分配についてコインベースの役割に異議
米証券取引委員会は、破綻した仮想通貨融資企業セルシウスの資産分配について、コインベースが果たす役割に反対する文書を提出した。
10:06
Friend.techコード活用のソラナ「Friendzy」急拡大
「Friendzy」は、ソーシャルファイ分野で注目を集める分散型アプリ「friend.tech」の類似技術を利用しており、ソラナエコシステム内で活況を呈している。週間取引量は1.36億円に達し、市場を牽引するfriend.techの半分近くに迫る勢いだ。
08:30
HTX(旧Huobi)、ETH12億円相当が不正流出
仮想通貨取引所HTX(旧Huobi)のアドバイザーであるジャスティン・サン氏は、HTXからイーサリアム12億円相当が不正流出したと発表。ユーザーの資産は安全であると説明している。
09/25 月曜日
21:35
5000BTC以上ビットコイン買い増し、米マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは新たに1.47億ドルのコストで5,445 BTCの仮想通貨ビットコインを取得した。
20:14
三菱UFJ信託銀行、バイナンスジャパンと協業で新たなステーブルコイン検討へ
三菱UFJ信託銀行は、バイナンスジャパンとステーブルコイン発行・管理基盤「Progmat」の協業により、円建てやドル建てを対象とした新たなステーブルコインの共同検討を開始することがわかった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧