CoinPostで今最も読まれています

考察記事:「ジキルとハイド」中国の仮想通貨/ブロックチェーン施策に見る二面性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国の仮想通貨/ブロックチェーン施策に見る二面性
中国当局は最近、ブロックチェーン重視の施策を打ち出し始めている。ここ数年、仮想通貨とブロックチェーンという「二兎を追う」状況だったことからすれば大きな変化である。仮想通貨は禁止、ブロックチェーンには門戸開放という一見相反する施策の背景を考察した。

はじめに

ここ数年の中国当局は、仮想通貨資産とブロックチェーンという「二兎を追う」方法を模索するような動きを見せていました。

それが今日では「ビットコインではなくブロックチェーンを」という方針がより顕著になっています。

今回、その背景と今後の展望を考察してみました。

中国当局が2018年8月に行った主要施策の振り返り

まず、中国当局が先月2018年8月に行った、仮想通貨関連の主要施策を振り返ってみます。

  • 中国共産党(CPC): ブロックチェーンの入門書を発行。技術解説のほか、主要機能/導入事例/課題に論点も紹介している
  • 中国人民銀行(PBoC): ブロックチェーン技術を元にした貿易金融プラットフォームの開発支援に乗り出した。銀行間で行われる国際決済を円滑にすると共に、中小企業が様々な形でそれらの取引に加われるようにする狙いがある
  • 最高人民法院(CSPC): 電子証跡の保管と認証を行うテクノロジーとしてブロックチェーンを認める趣旨を含む、新たな法規制を発表した
  • 中国銀行(BoC): フィンテックおよびブロックチェーンの技術開発に向けた積極的な投資計画を発表した
  • またこの間、中国当局は仮想通貨資産に関連するあらゆる活動に、公然と攻撃的な姿勢をとってきました。

    具体的には以下のようなものです。

  • 昨年2017年9月に行われたICOの全面禁止と、同月に出された国内仮想通貨交換所に対する業務停止命令。結果、この1年間で85のICOプロジェクトが終了、90の取引所が閉鎖を余儀なくされました。
  • 当局はさらに、100の国際取引所の禁止に踏み切っています。
  • さらにWebChatのような大手プラットフォームから暗号通貨関連アカウントをブロックする取り組みにも着手しました。
  • いまや、中国国内で仮想通貨取引を行うにはVPNを使うしかありません。

    ここで、次の2つの疑問が浮かびます。

  • なぜ中国当局はこうした「ジキルとハイド」のような極端な二面性のあるアプローチを取るのか。
  • そして、こうした動きは今後も続く可能性があるのか。
  • 2008年の米中対話の内容にヒントが?

    先に結論を記せば、残念ながら直接的な答えはまだ見つかっていません。

    しかし今から10年前、ブッシュ政権と中国共産党幹部の間で行われた米中関係に関する対話の内容が、現在の中国当局の考えを読み解くヒントになるかもしれません。

    その対話では、アフガニスタン侵攻やテロの脅威といった今に続く、国際問題が話し合われました。

    その際にブッシュ政権のある幹部は中国側に、

    「夜通し考えていることは何か」

    と尋ねました。

    これに対し中国高官は、

    「数字の8。どちらも国内の安定には不可欠な数字だ。GDP成長率であり、失業率の上限でもある。」

    と答えたと伝えられます。

    中国の為政者はその権力の安定性と正統性を何よりも重んじる――裏を返せばそれだけ危機を感じていることを思わず明らかにしたというわけです。

    同時に、それら安定性と正統性には経済発展が不可欠という認識も示しました。

    この意識はおそらく今でも変わっていないでしょう。

    もしそうだとするならば、中国当局はその権力基盤を脅かす可能性のあるテクノロジー(言うまでもなく暗号通貨も該当します)を、決して野放しにはしません。

    先端技術の「改変適用」は今回が初めての話ではない

    中国は過去にも先端技術を国内向けに「改変適用」したことがあります。

    それは「金盾(グレート・ファイアウォール)」です。

    アリババテンセントが時流に乗ったビジネスモデルを打ち立てて成功を収めた背景には、中国当局によるこの大掛かりな保護主義的技術施策がありました。

    Facebook等の米国資本の大企業を当局が締め出す効果は大きなものでした。

    結果、成功を収めたこれら国内企業は共産党幹部と蜜月の関係を築くことになります。

    当局のネット検閲にも協力的であると伝えられます。

    ブロックチェーン規制の現実味

    しかし、ブロックチェーンを当局がこれまでと同様のアプローチでうまく操れるかというと疑問が残ります。

    その最大の理由が、ブロックチェーン/P2Pが持つ「必然的に分散する性質」です。

    これまでにも当局は、仮想通貨取引や仮想通貨資産を禁止または規制するために、結局のところ「インターネット全体をブロックする」やり方を取らざるを得ませんでした。

    ブロックチェーンをどのようにして検出し、規制の網をかけるのか――そう考えれば、むしろ当局はビットコインを初めとする仮想通貨の広範な受容と、その延長にある経済発展を視野に入れるべきではないでしょうか。

    中国共産党公式の「ブロックチェーン入門書」

    出典: http://theory.people.com.cn/n1/2018/0813/c40531-30225582.html

    単純な開放政策でよいか

    その一方で、手放しで開放政策に向かえばいいかと言えば、それもまた疑問です。

    仮に仮想通貨が国際間貿易の基軸媒体になった場合、歴史的に中国の輸出産業を支えてきた為替コントロールが効力を失うおそれがあります。

    また、仮想通貨に特有の「揮発性(=消えてなくなるかもしれない性質)」があることは否定できません。

    中国には現在、約14億の人口があるとされます。そのうちのごく一部の人であっても保有する仮想通貨を喪失したら、社会的な影響は甚大です。

    開放政策と、システムの緊急停止のような備えを両睨みにする必要が出てきます。

    まとめに代えて

    中国は過去を重んじる国柄です。

    将来の施策もまた過去の影響を受けるのは間違いないでしょう。

    一方で、中国が仮想通貨分野での技術革新にとって、豊かな土壌であることも確かなことと思われます。

    先に触れたように、中国では、権力の正統と安定の裏側には必ず経済発展があります。

    仮想通貨やブロックチェーンのグローバルな発展を見て、現在の北京当局がどこまで柔軟な姿勢を示すことができるか、注目されます。

    参考記事: Making Sense Of China’s Grand Blockchain Strategy

    CoinPostの関連記事

    【速報】中国仮想通貨禁止政策に、国内最大手検索エンジン「バイドゥ」も協力|フォーラム内での仮想通貨に関連する投稿を禁止へ
    中国の最大手検索エンジン、バイドゥが仮想通貨、ブロックチェーンや電子資産などのフォーラムを一切禁止する事を発表した。中国では他にもWechatやAlibabaが仮想通貨に対する対応を厳しくしている傾向が見受けられる。
    【速報】中国規制当局、124の海外取引所へのアクセスをブロックへ|仮想通貨規制を大幅強化する方針
    本日、中国の金融規制当局の報道窓口とされている「上海証券タイムズ」は、中国の「国家フィンテックリスク対策局」が国内で利用可能となっている海外取引所を124社特定し、それらのIPアドレスを完全に封鎖する予定であると報道した。中国国内で密かに継続していた取引所へのアクセスを完全にブロックする意向だ。
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    03/02 土曜日
    12:45
    イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
    イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
    10:30
    「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
    仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
    08:30
    米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
    今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
    06:45
    「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
    ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
    06:00
    16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
    ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
    03/01 金曜日
    17:00
    ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
    2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
    16:50
    米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
    仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
    12:17
    米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
    米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
    12:13
    ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
    暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
    11:30
    イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
    Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
    10:50
    米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
    米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
    10:20
    「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
    ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
    08:15
    ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
    米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
    07:45
    JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
    仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
    07:00
    エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
    エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア