CoinPostで今最も読まれています

Worldcoinがセキュリティ監査報告を発表 情報保護も対象

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2つの第三者機関が監査を実施

ChatGPT開発企業「OpenAI」のサム・アルトマンCEOらが進める暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「Worldcoin(ワールドコイン)」は28日、監査会社NethermindとLeast Authorityによるセキュリティ監査報告を発表した。

フランスやドイツなど欧州の当局がデータ収集などについてワールドコインを調査する中、2つの企業より監査を受けた形だ。

今回の監査では、主に以下のような項目が評価された。現在当局が懸念しているデータ保護についても対象としたものとなる。

  • 安全な鍵の保管、暗号化鍵と署名鍵の適切な管理
  • ユーザーとのやりとりにおける、重要な情報の暴露
  • 悪意ある行為やその他の攻撃につながるコードの脆弱性
  • データプライバシー、データ漏洩、情報の完全性
  • 一般的およびケース特有の実装エラー
  • スマートコントラクト構造の適切さなど実装の正しさ

まずNethermindは、スマートコントラクトの監査を担当している。具体的には、World IDのコントラクトや、World IDのエアドロップ・コントラクト、ワールドコイントークン(WLD)の付与コントラクト、WLDのイーサリアム(ETH)ERC-20規格トークンと関連するウォレットのコントラクトの監査が含まれる。

このセキュリティ評価中に26の問題が明らかになったが、このうち約93%にあたる24項目が、監査後すでに修正されたと報告されている。残り2項目については、1つが緩和され、1つは問題として認識された状況だ。

一方、Least Authorityは、Semaphore protocolという通信プロトコルなど、暗号技術の使用について評価を行った。「ワールドコイン・プロトコルの暗号コンポーネントは一般的によく設計され、実装されている」としつつ、改善すべき点を以下のように提案した。

私たちのチームは、潜在的なセキュリティ問題について開発者ポータルをレビューし、機密データの保存と、鍵管理サービスの署名メカニズムにおいて改善すべき部分を特定した。

機密情報を安全に保管するサービス(secret stores)や署名アルゴリズムの使用を推奨する。

また、安全にプライバシーを保護しながら、生体データを使ってID証明を行うというワールドコインの目的を考えると、効率性よりもセキュリティを優先していくことを推奨する。

ワールドコインに対する各国の調査

ワールドコインは24日にメインネットを立ち上げた。ネイティブトークンであるWorldcoin(WLD)はOKXやバイナンス、Bybitなど多くの取引所へ上場したところだ。

世界中の人々に仮想通貨の形でベーシックインカムを配布するというビジョンを掲げており、「Orb(オーブ)」という機器で目の虹彩をスキャンすることで個人に特有のIDを生成するという仕組みを持っている。

ワールドコインはリリース以来、ソウル、メキシコシティ、パリなど、世界中のさまざまな都市にオーブを用意し、虹彩のスキャンを実施しているところだ。

一方で英国やフランス、ドイツの規制当局が情報保護の観点からワールドコインのプロジェクトに関して調査を開始している。

英国の情報監督当局である情報コミッショナー事務局(ICO)は、ワールドコインが「高リスク」な個人データの取り扱いを開始する前に、データ保護への影響を評価する必要があるとした。

また、フランスの情報保護などを担当する機関CNILは、生体認証によってデータを収集する仕組みの合法性や生体認証データの保管方法に疑問があるとしており、ワールドコインの監督権を持つドイツのバイエルン州当局とも協力して調査を行っている。

関連仮想通貨プロジェクト「Worldcoin」、フランスとドイツの規制当局も調査=報道

ベーシックインカムとは

ある国や地域の市民に対して、一定の金額を定期的に支給する社会的な政策や制度のこと。一般的に貧困軽減や格差縮小、職業選択の自由度を上げることなどを狙いとしている。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。
13:50
a16zのアンドリーセン氏、AIボット支援で800万円相当のビットコインを送付
米VC大手のa16zの創設者であるマーク・アンドリーセン氏は10日に、AIエージェント「Truth Terminal」に5万ドル分のビットコイン(800万円相当=0.866 BTC)を送金したことが判明した。
11:55
Web3ゲーム企業Immutableが日本進出、DMMグループDM2C・QAQAと提携
Web3ゲーム企業Immutableは、日本企業DM2C StudioおよびBLOCKSMITH&Co.と一連の戦略的パートナーシップを結んだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧