CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ライトコイン半減期到来、米司法省がバイナンス起訴を検討|3日朝の重要速報まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3日朝の重要速報まとめ

日本時間朝方までの仮想通貨関連注目ニュースをまとめている。

ライトコイン 半減期発動(注目度:★★★★☆)

ライトコイン(LTC)は2日深夜、3回目の半減期を迎えた。マイニング報酬が12.5 LTCから6.25 LTCへと半減した。

今回の半減期(Halving)は、日本時間3日24時06分にブロック高2,520,000にて到来。ライトコインは2011年にローンチした。

一方、ライトコインの価格は、暗号資産(仮想通貨)相場全体や米国株の下落などに影響され前日比-5.8%となった。

関連ライトコイン半減期の予定日は8月7日頃、オンチェーンデータは大口投資家の動向を示唆

なお、ビットコインの次の半減期タイミングは2024年4月中旬と見込まれている。

関連1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

米国株大幅安 フィッチ格下げが影響(注目度:★★★★☆)

本日のNYダウは−348ドルと大幅反落。ナスダックも−310ドルの大幅安で取引を終えた。IT・ハイテク株などへの売りは特に顕著だった。

背景には、フィッチ・レーティングスが米国の格付を最上級の「AAA」から「AA+」に1段階引き下げたこと。株式市場は売り先行だったが、為替市場では安全資産としての根強い需要からドルは買われた。多くの経済学者やアナリストは今回のフィッチ格下げは長期的に米国の一流の地位を損なうものではないとみているようだ。

格下げにおける主な原因は減税や借り入れコスト急増による近年の政府債務の膨らみにあるという。

一方、昨夜発表のADP雇用統計は強い内容だった。7月のデータは、民間雇用者数が32万4000人増と、市場予想の19万人増を大幅に上回る伸びとなった。労働市場の底堅さが改めて意識され、ソフトランディングへの期待は依然高い模様だ。

なお、米利上げに関しては9月FOMCでの利上げ可能性への観測で金利据え置きが現時点で81%にとどまっている。

出典:CME

米司法省 バイナンス起訴を検討か(注目度:★★★★☆)

Semaforが関係者の話を引用して報じたところによると、米司法省はバイナンスに対して詐欺罪などの起訴を検討しているようだ。しかし、FTXのような取り付け騒ぎのリスクを考慮し罰金などの代替案も検討しているという。

BNBやビットコインはこのニュースを嫌気し売られた。

関連BNBとALGOが国内初上場へ、JVCEAが新規取扱銘柄を発表

報道によると、司法省は起訴がより広範な仮想通貨業界を危険にさらすことを懸念。そのため、「罰金や起訴猶予または不起訴合意」といった代替案を検討しているという。

バイナンスは他にも、CFTCやSECから違法サービスの提供として提訴されている。

関連バイナンスが米CFTCに反論、裁判所に訴訟の却下を要請

イーサリアム先物ETF申請ラッシュか(注目度:★★★☆☆)

現在、米国では複数のイーサリアム先物ETFが申請に提出されている。

Bitwise、VanEck、Roundhill、ProShares(2件)、Grayscale、Volatility Shares、Direxionの7社が申請中だ。

Worldcoin ケニアでのオペレーションを中止(注目度:★★★☆☆)

全人類にデジタルIDを付与することを目指すWorldcoinは、東アフリカ国のケニアでのオペレーションを中止した。ケニアはWorldcoinにとって最も大きな市場の1つだ。

同国政府は、眼球の虹彩をスキャンするWorldcoinの運営を懸念し、「一般市民に対するいかなるリスクもないことを公的機関が証明するまで、Worldcoinおよびケニア国民に同様に関与している可能性のあるその他の団体の活動を直ちに一時停止した」と発表した。

Worldcoinはドイツやフランスなどの欧州国当局からも虹彩データの収集仕組みなどに関して調査を受けている。

関連仮想通貨プロジェクト「Worldcoin」、フランスとドイツの規制当局も調査=報道

一方、Worldcoinは組織や政府がそのスキャンやID発行技術にアクセスできるようにすることで、より多くのユーザーをオンボードする計画だと報じられた。Worldcoinの開発組織であるTools For HumanityはWorldcoinのオープンソース化を計画しているという。

NFTゲーム アマプラのユーザーにNFTを配布(注目度:★★★☆☆)

ポリゴン基盤のNFTゲーム「Mojo Melee」はアマゾンプライムとコラボし、アマプラのユーザーにNFTとゲーム用通貨を付与するキャンペーンを実施中。

このキャンペーンは6ヶ月間有効で今後は多様なNFTやコンテンツを特典として付与する予定だ。

ウェブブラウザやAndroidアプリでプレイ可能な「Mojo Melee」は、「Auto Chess」や「Teamfight Tactics」のような非ブロックチェーンゲームの大作で人気を博した、チェスとリアルタイムストラテジーゲームの要素を組み合わせた「オートバトラー」というジャンルをカジュアルにアレンジしたものだ。

今週の重要経済指標(注目度:★★★★☆)

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア