CoinPostで今最も読まれています

プライバシーインフラ「Nym」が必要な理由、ゼロ知識証明の可能性を探る|WebX

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゼロ知識証明の可能性

2023年7月に開催されたWeb3の国際カンファレンス「WebX」で、ゼロ知識証明(ZKP)にフォーカスしたパネルディスカッションが行われた。

セッションテーマは、「ZKが解決に導くパブリックブロックチェーンの課題」。ZKP関連プロジェクトの専門家など4人のパネリストが登壇し、ZKPがもたらす恩恵と課題、規制との関係についての現状を語った。

登壇したパネリストは、プライバシーインフラ構築に特化した「Nym Technologies(ニム・テクノロジー)」のアジア太平洋コミュニティ責任者のジャッキー・ホン・ケイ・リー氏をはじめ、信頼できるユーザーデータレイヤを構築する「Terminal3」の共同創設者でCEO のゲーリー・リウ氏、プライバシー重視の分散型AIネットワーク「PlatOn」のジェームズ・クーCTO(最高技術責任者)、イーサリアムのL2プロジェクト「Scroll」のAPAC成長責任者のマーカス・リュウ氏の4名だ。

モデレーターは、イーサリアムL2のzkRollupプロジェクト「Intmax」の共同創設者であるヤナイカイト氏が務めた。

ZKP =ゼロ知識証明

ゼロ知識証明とは、証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。例えば、送金者、受取人、送金額などの取引内容を第三者に明かすことなく、その取引が不正でないことを証明することができる。

▶️仮想通貨用語集

ゼロ知識証明を用いた暗号技術は、パブリックブロックチェーンが抱える拡張性、互換性、プライバシーといった課題の解決策として期待されている。プライバシー面では、ユーザーが、身元について不必要な情報を明かさずに、対象となる事実が真実であることを証明することを可能にする。

ブロックチェーンは透明性が高いがゆえに、取引履歴や行動履歴などの個人情報が筒抜けになることがあるが、ゼロ知識証明を用いることで個人情報を明かさず、取引などのスマートコントラクトを実行できるようになる。

スイス発のブロックチェーン企業であるNym Technologiesが開発する「Nym」は、あらゆるネットワーク層のトラフィックに強力なプライバシーを提供することのできる有望プロジェクトだ。

情報ネットワーク社会がますます発達する一方、機密情報などの通信傍受リスクは日増しに高まっており、トラフィックパターン解析などといった個人情報の監視(プライバシーの侵害)問題からユーザーを保護する目的で開発された。

「Nym」を使った接続によって、ネットワーク層とアプリケーション層ですべてのパケットのメタデータが保護され、機密情報や個人情報の意図せぬ漏洩を防ぎ、実際に利用中のインターネット通信におけるプライバシーを守ることができるようになる。

イーサリアムとの互換性

このようにブロックチェーンの課題解決に大きな可能性を秘めたZKPだが、Nym Technologiesのジャッキー・リー氏は、「イーサリアムとの互換性の欠如」が現在のZKPの課題の一つだと見ており、「イーサリアムは誕生当初からZK技術との互換性が欠けていた」と主張した。

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏も、1年ほど前に数あるzkEVM(イーサリアム仮想マシン)構築プロジェクトにおいて、「イーサリアムとの互換性が高いものほど、ZKPのコンパイルが煩雑になるという特徴があるため、その程度によって4つのタイプに分類される」と概説していた。

リー氏はイーサリアムのエコシステムを非常に気に入っており、その進展を注視しているが、NymはZK技術と親和性が高いCosmosエコシステム内に構築されていると説明した。

ZKの概念実証や論文の9割がプログラミング言語Rustで書かれていることから、CosmosはZK技術の実装に適しているという。

zkEVMとは

ゼロ知識証明を活用したEVMのこと。現在、L2ソリューションとして非常に注目度が高い。

▶️仮想通貨用語集

関連:ヴィタリック氏の提案、イーサリアムの進化に不可欠な「3つの移行」とは

スイス規制当局との連携

さらにリー氏は規制準拠の観点から、Nymが拠点を置くスイスで最近起きた画期的な出来事を紹介した。

有権者の94%が悪質な企業による個人データ処理に反対し、デジタルの完全性を保障する権利について「憲法改正案」が採決されたというものだ。これは、プライバシー権と暗号化技術に関心を持ち、長年活動してきたNymのCOOであるアレクシス・ルッセルが主導してきたものである。

なぜNymが必要なのか

Nymはプライバシーに対して総合的なアプローチをとっており、暗号化そのものに焦点を当てるのではなく、エンドツーエンドでユーザーのプライバシーを保護する機能を提供している。現在世界的に普及するプライバシー対策ツールは、情報保護の観点で不完全な部分があるからだ。

例えばVPN(仮想プライベートネットワーク)は、IPアドレスの秘匿性こそあるものの、VPNプロバイダーであればユーザーのトラフィックを把握することができる。ユーザーのオンライン活動の履歴について、ユーザーIDを簡単に関連付けることができる。

また、匿名通信ネットワークの「Tor(The Onion Router)」ブラウザは、通信を匿名化するためのオープンソースのソフトウェアであるが、サーバーを中継するノード運営は、非営利団体「Tor Project」に支援されるなど相応の不確実性は存在する。

さらにその設計上、Torはネットワークの大部分を可視化できないローカルネットワークの敵対者のみを防御するが、トラフィック分析を実行するより高度な敵対者からユーザーの匿名性を保護することはできない。

そこで、経済的インセンティブによってこれらの問題を解決するため、Nym Technologiesおよび、ネットワークを運営・管理するノードのバリデーター(検証者)に対して報酬を与えるユーティリティトークンとしての暗号資産(仮想通貨)「NYM」が誕生した。

Nymブロックチェーンでは、インターネットのトラフィックを「シャッフル」するNym mixnetという技術を採用。これは分散型ネットワークで、データパケットはすべて同じに見えるよう暗号化された上で、ミックスノードを経由して送信される。

このプロセスにより、ユーザーの通信を識別するメタデータ(IPアドレス、タイミング、宛先など)そのものが難読化される。

例えるならユーザーのメッセージは“群衆”の中に紛れてしまい、メッセージの内容だけでなくメタデータも保護される。これによって、ユーザーのコミュニケーションのプライバシーが保たれる仕組みだ。

関連:あらゆるデータや資産にプライバシーを付加 NYMトークンとは

Nymの共同創設者でCEOのハリー・ハルピン氏は、ワールド・ワイド・ウェブの発明者であるティム・バーナーズ=リー氏とともにWorld Wide Web Consortiumで働いていた経験を持つ人物である。

ハルピン氏によると、ミックスネットの技術は現在代表的なプライバシーサービスとして知られるVPNやTorネットワークと異なり、国家レベルの大規模な監視にも打ち勝つことができるという。

Nym Technologiesについて

Nym Technologiesは、2018年にスイスで設立された。

2019年には最大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンス参加のバイナンス・ラボが主導するプレシード資金調達ラウンドで4億円を資金調達。

2021年7月にはPolychain Capital主導のラウンドで9.4億円を調達したほか、同年11月には大手ベンチャーキャピタルa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)主導の資金調達ラウンドで15億円を集めるなど、投資家の関心は高い。

2022年2月には、CoinList(コインリスト)でNYMのトークンセールが行われ、2022年5月には米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)にも上場した。

Nym Technologiesは、mixnetやプライベート・クレデンシャル(匿名認証)について、長年研究・開発を続けている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
10:15
バイデン大統領、SECのクレンショー委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア