CoinPostで今最も読まれています

Optimismが2700万ドル分OPトークンをエアドロップ、野村Laser Digitalがビットコインファンドを提供|20日朝の重要速報まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

20日朝の重要速報まとめ

日本時間朝方までの仮想通貨関連注目ニュースをまとめている。

Optimism 3度目のエアドロ(注目度:★★★★☆)

イーサリアムロールアップ(L2)のOptimismから3度目のトークンエアドロップが実施された。計19,411,313 OPトークンが配布されている。

今回のエアドロップの対象は、2023年1月20日から7月20日の間に「Optimism Collective」というOptimismのDAO投票に参加していた31,870通のアドレス。最小限で180 OPトークンを100日以上委任していれば配布の対象となる。アドレスごとの平均報酬は600 OPトークン(828ドル)だったという。

また、対象期間中に少なくとも1回のオンチェーン提案の投票に参加したOptimismユーザーには、報酬に2倍の倍率が加算。なお、公平な分配のため、報酬の上限は1アドレスにつき10,000 OPトークンとしている。

OptimismのTVLはイーサリアムL2の中で2位、6.55億ドル規模だ。一位はArbitrumで17億ドル超。また、OptimismのOPスタックを利用するBaseチェーンはOptimismに続き3.7億ドルのTVLに達している。

出典:Defillama

関連Baseエコシステム支援ファンド、6プロジェクトに投資 

野村Laser Digital、ビットコインファンドを提供(注目度:★★★★☆)

野村ホールディングスの仮想通貨ベンチャーキャピタル・トレーディング事業「Laser Digital」は機関投資家向けのファンド「Bitcoin Adoption Fund」をローンチした。ロングポジションだけの戦略をとるファンドだ。

このファンドは現物ビットコイン(BTC)に投資するもので、購入したビットコインは野村らの仮想通貨カストディ合弁会社「Komainu」が管理する。

関連仮想通貨取引所OKX、野村HDら設立のKomainuと提携

Laser Digitalの責任者であるSebastien Guglietta氏は今回の発表で「ビットコインへの長期エクスポージャーは、投資家がビットコインがもたらす長期的変革というマクロトレンドを捉えるためのソリューションを提供する」と述べている。

関連「ビットコインは重要な気候テック」BTC研究者が語る——「Beyond The Price」 初回放送内容

サークル ポルカドットでUSDCローンチ(注目度:★★★☆☆)

米ドルステーブルコイン発行会社サークルは、ポルカドット(DOT)にUSDCを新たにローンチした。すでに利用可能になった。

USDCは「Polkadot Asset Hub」という共通のパラチェーンで発行され、ポルカドットのパラチェーン間でXCMプロトコルを介して送信することが可能になった。USDCを発行するユーザーはXCMプロトコルを利用する前に、自身のサークル口座からPolkadot Asset Hubに接続する外部のウォレットへ送信する必要があるという。

関連東南アジアの人気配車アプリ「Grab」がCircleと提携しWeb3ウォレット提供へ

ポルカドットでUSDCが発行されることによって、AstarネットワークやCentrifuge、Moonbeamといったパラチェーンでの取引・貸し借り活動はより促されると期待される。

関連イーサリアムの新レイヤー2『Astar zkEVM』発表、Polygonと協業へ

サークルのUSDCは現在14ものブロックチェーンに対応しており、テザーUSDTの対応ブロックチェーン数(11)を超えている。

昨日の見逃し配信 (注目度:★★★☆☆)

シティ、RWAのトークン化ソリューションを開発

金融大手のCiti(シティ)は18日、ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用した新サービス「Citi Token Services」を開発・実験していることを発表した。(記事はこちら

著名投資家の保有資産が盗難被害に

NBAのチーム「ダラス・マーベリックス」のオーナーで、著名投資家Mark Cuban氏の暗号資産(仮想通貨)ウォレットが不正アクセスを受け、合計で1億2,800万円相当の仮想通貨が流出したと報告されている。 (記事はこちら

重要経済指標(注目度:★★★★☆)

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。
10:01
米トランプ前大統領「米国は急成長する仮想通貨業界のリーダーでなければならない、2位はありえない」
米大統領候補のドナルド・トランプ氏は、民主党バイデン政権や米SECによる暗号資産(仮想通貨)業界への過度な規制や締め付けを批判し、米国は新興産業業界のリーダーになるべきだと主張、ビットコインなど仮想通貨支持を表明した。
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア