CoinPostで今最も読まれています

底堅く推移するビットコイン、SWELL控え大幅続伸のXRPは100円台を回復

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末3日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比222.2ドル(0.66%)高、ナスダック指数は184ポイント(1.38%)高で取引を終えた。

先週金曜日に発表された米雇用統計結果が市場予想平均を下回ったことを受け、長期金利が低下。追加利上げ(金融引き締め)に対する警戒感が後退した。

関連:利上げ終了期待で米国株続伸 ビットコインやソラナ上げ一服|4日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比0.88%安の1BTC=34,877ドルと底堅く推移した。

BTC/USD週足

資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、暗号資産(仮想通貨)投資信託などのデジタル資産に対する機関投資家の資金フローは、過去1週間で3億2,600万ドルの流入があり、週間では2022年7月以来最大となった。

アルトコインでは、ソラナ(SOL)の金融商品に対し2,400万ドルの流入が見られた。

DeFi(分散型金融)の出来高が急増したほか、DeFiプロトコルへの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」の回復にも言及されている。

一方で、米連邦公開市場委員会(FOMC)による金融引き締めの長期化に伴い、株式市場への懐疑論は強まりつつある。

米大手仮想通貨ファンド パンテラ・キャピタルの創設者であるダン・モアヘッド氏は、「米主要株価指数のS&P 500は過大評価されており、20%以上下落する可能性がある」と指摘した。

同氏は、米長期金利が1.34%台だった約2年前、10年債利回りおよびフェデラル・ファンド金利は5.00%水準に達するだろうと予想し、その後現実となった。

モアヘッド氏は「伝統金融市場の投資家の多くは、確実なキャッシュフローを生み出す国債よりも株式を保有することを正当化するため、株式の“リスクプレミアム”を求めてきた」と指摘。「実際に株式は過去12年間に渡って比較的割安な水準にあり、株式収益利回りは債券利回りを4.00%以上上回ることが多かった」としている。

しかし、昨今の金融市場では様相が異なる。モアヘッド氏の見解によれば「債券の10年国債利回りが異例の水準となる5.00%まで急上昇する中、株式収益利回りが国債との平均スプレッドを維持するよう調整された場合、S&P 500は-23%の下落余地があり得る」と言う。

より厳しいシナリオでは、「株式のリスクプレミアム平均が債券利回りを+2.25%上回る形に株式市場が調整した場合、株価は最大-43%下落する可能性もある」としている。

FRB(米連邦準備制度)による利上げの長期化は、株式・債券・不動産市場にとって重石となる一方、株式市場の低迷が続けば暗号資産(仮想通貨)市場がアウトパフォームする可能性が高いとした。機関投資家によるブロックチェーン業界へのエクスポージャーが数パーセント拡大するとの見立てが根拠にある。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

XRP上昇

個別銘柄ではXRPが前日比9.3%高(前週比17.3%高)となり、今年8月以来初めて円建てで100円台(約0.68ドル)を上回った。

XRP/USD週足

移動平均線が上向く中、年初の安値0.3ドルから下値を切り上げ保ち合いを上放れする形で週足陽線を付けており、続伸あれば年初来高値の0.94ドル水準が見えてくる。一方、SWELLを巡るセルザファクトへの警戒感も台頭している。

リップル社は2日、ドバイ金融サービス機構(DFSA)から暗号資産(仮想通貨)XRPの承認を受けたことを発表した。ドバイの経済特区内には4,000社以上の企業が存在するとされる。

また、3日にはジョージア国立銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)のパイロットプロジェクト推進のため、リップル社を技術パートナーに選定したことがわかった。

関連:ジョージア国立銀行、リップルと共に中央銀行デジタル通貨の試験実施へ

対SEC裁判における前向きな進展もXRPを後押ししている。2021年の強気相場では、ビットコイン(BTC)だけでなくイーサリアム(ETH)を含む主要アルトが軒並み過去最高値を大きく更新する中、係争状態にあったXRPは大きく出遅れていた。

XRPを開発する米リップル社は20年12月、米SEC(証券取引委員会)から未登録有価証券の販売をめぐり提訴されていたが、23年7月に米ニューヨーク連邦地裁のトーレス判事によxって、個人向けに販売されるXRPは「有価証券には該当しない」との判決が初めて下された。

一方、Ripple社による機関投資家に対するXRPの販売方法については、「有価証券法に違反している」とするSEC側の主張も認めた。

関連:「仮想通貨XRP自体は有価証券ではない」米地裁、裁判で判決下す

SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、かねてより「ビットコイン以外の仮想通貨はすべてSECの管轄下にある“証券”である」との主張を繰り返してきたが、ここ最近の裁判では劣勢に立たされている。

10月3日にロイターが報じたところによれば、アナリサ・トーレス連邦判事がSECの中間控訴の申し立てを証拠不十分で棄却したほか、10月19日にはSECがリップル社のブラッドリー・ガーリングハウスCEOと元幹部クリスチャン・ラーセン氏に対する告発の棄却に関する申し出を行ったことが明らかとなった。

関連:米SECがリップル裁判でCEOらへの告発棄却 XRP急騰

最終的にリップル社の完全勝訴となれば、強硬的な執行措置を実行してきたSECの越権行為とも指摘される米国における仮想通貨規制ついて、重要かつ広範囲にわたる前例となる可能性が高い。

なお、リップル社が主催する年次カンファレンス「Swell」が11月8日からドバイで開催予定となっており、思惑買いが後押しした可能性も考えられる。

Swell 2023のアジェンダには、ドバイにおける暗号資産政策のほか、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、実物資産のトークン化技術など、ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)の未来を議論するトピックが多数盛り込まれた。

詳しくは下記の記事で解説している。

関連:リップル主催の大型カンファレンス「SWELL2023」開幕迫る、注目のセッションを紹介

リップル特集

XRP一時6%高、米判事がSECの中間控訴認めず リップル裁判 リップル社CEO、SECの仮想通貨規制や有価証券訴訟について見解示す
米リップル社CTO、XRPLedgerの今後について語る|WebXインタビュー ゲンスラーSEC委員長、リップル裁判の判決に初コメント
米リップル、シンガポールで仮想通貨決済拡充へ 米SECが提訴した「リップル裁判」まとめ(20年12月〜23年10月)

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア