CoinPostで今最も読まれています

ブータン王国、水面下でビットコインの採掘拡大 衛星画像などで判明 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国内4カ所以上にマイニング施設

ヒマラヤ山脈に位置する小さな仏教王国ブータンは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニングを水面下で進めていたようだ。そのロケーションなど新たな詳細や背景について、フォーブスが22日に報じた。

Planet LabsやGoogle Earthなどの衛星画像の分析や、関係筋からの情報提供により、フォーブスは仮想通貨マイニング施設と推測される場所を4つ特定している。

108基の仏塔で有名なドチュラ峠の近郊、中部のトンサ、南部のダガナ、さらにブータン初の舗装道路であるプンツォリン・ティンプー間の国道沿いだ。

衛星画像では長方形のマイニングユニット、データセンターの冷却システム、ブータンの水力発電所からマイニング施設まで伸びる大容量の送電線や変圧器が確認された。木立ちなどで地上からは目立たないような場所に立地している。

このうち最大の施設は国道沿いのものだ。過去の衛星画像によると2021年12月頃に建設開始された。同国財務省の税関データによると、同じ時期にブータンは仮想通貨マイニングハードウェア企業から約288億円(1億9,300万ドル)の「処理装置」を輸入している。

ブータンが仮想通貨投資やマイニングを行っていることは、すでに過去の報道で明らかになっているが、ブータン政府はマイニング施設の場所を公表していない。

ブータン王国の政府系投資ファンドDruk Holding & Investments(DHI)が仮想通貨に投資していることが明らかになったのは今年4月のことである。

破綻した仮想通貨レンディング企業セルシウスに口座を持っており、2022年4月から6月にかけて、ビットコイン、イーサーリアム(ETH)、USDTなどの入金、引き出し、借り入れを多数行っていた形だ。また、24億円相当を口座に預けていた。

関連ブータン政府の投資ファンド、仮想通貨に数十億円投資=報道

Bitdeerと提携してマイニングの規模拡大へ

ブータン政府系ファンドDHIはナスダック上場の仮想通貨マイニング企業Bitdeerと提携して、新たなマイニング施設を2024年の第3四半期(7~9月)までに構築する計画だ。

Bitdeerが開発している施設は、前述の4か所とはまた別であり南部の町ゲドゥに位置しており、今後はここが最大拠点となる可能性がある。Bitdeerは8月、この場所で100メガワット(MW)の電力を稼働させたと発表した。

7月にはすでに11,000台のマイニングマシンを稼働させており、さらに15,000台のマシンを注文済だとも公表した。

DHIは5月、事業の採算は取れており、基本的に採掘したビットコインは売却しているが、2024年の半減期後に価格が上昇する可能性も念頭に置いて、長期的に保有している分もあると述べている。

関連ブータン王国、2019年よりビットコインをマイニング

半減期とは

ビットコインなど仮想通貨のマイニング報酬(=新規発行量)が半分に減るタイミングを指す。仮想通貨にはインフレを防ぐために「発行上限」が定められているものが多く、一定周期で訪れる半減期の度に、新規発行量が半分に減る仕組みになっている。供給量が減ることで希少価値が大幅に上昇し、価格が高騰しやすくなるため、仮想通貨特有の注目イベントでもある。

▶️仮想通貨用語集

関連1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

仮想通貨へ投資する理由

政府系投資ファンドDHIは以前、仮想通貨への投資は「テクノロジーを導入して、その恩恵を受ける」ことが目的だと述べていた。急速に進化するテクノロジーに参与し、より持続可能なブータンを構築したいとも説明している。

「最後のシャングリラ(理想郷)」と称されることもあり、国連の「世界幸福度ランキング」では2013年に世界8位にランクインしたことでも著名なブータンだが、近年は経済的な問題も浮上している状況だ。

若者の失業率の上昇、仕事やより良い賃金を求めて国外へ人口が流出していることなどがあり、地元紙Kuenselによると、ブータンの最低賃金は月額わずか約6,700円(45ドル)、人口の約12%が貧困線以下で暮らしているという。

また新型コロナウイルスのパンデミックにより観光収入が減ったことなどもあり、複数の情報筋によると、ブータン政府当局者は2020年中にビットコインマイニング関連の事業者と本格的に協議を開始したとされる。

関連ブラックロックなど大手資産運用会社、ビットコインマイニング企業への投資増加の背景は

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア