CoinPostで今最も読まれています

「日本でビットコインが普及しない理由」BTC関連書籍の翻訳者・練木照子氏が語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第15回 Beyond The Price

19日に公開された15回目の「Beyond The Price」には、著書『ビットコインスタンダード』などの翻訳者で、ベンチャーキャピタル(VC)「フルグルベンチャーズ」に所属する練木照子氏が参加している。

なお、Beyond The Priceのポッドキャストは今年からCoinPostおよびCoinPost Globalから独立。これに伴って「GM Radio」の名称は付かなくなった。

フルグルベンチャーズは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)とライニングネットワーク(LN)に特化したVC。同社のメンバーは「ビットコインは政治的に中立な次世代の金融システムになる」と考えている。

関連初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

一方、ビットコインのブロックチェーン単独では、日常的なトランザクションを処理しきれないと指摘。ビットコインには2層目のネットワークが必要であるとし、LNの開発もサポートしているという。

練木氏は『ビットコインスタンダード』に加え、『ビットコイン、強気にならずにはいられない理由』や『ビットコインの歩き方』の翻訳者でもある。

関連ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルへ行ってみた|体験記寄稿1

ポッドキャストの内容

今回の配信タイトルは「日本でビットコインが普及しない理由」。ポッドキャスト(英語)は以下から聴くことができるが、ここから配信内容のポイントを紹介していく。

まず、練木氏がビットコインのことを初めて知ったのは2013年から2014年ごろだという。その後、ビットコインのことを詳しく調べるうちに『ビットコイン、強気にならずにはいられない理由』の原書に出会い、初めてビットコインに可能性を感じたと語った。

そして、『ビットコインスタンダード』の原書を読み始めたのが2018年。以前は既存の金融システムに楽観的な時期もあったが、『ビットコインスタンダード』に既存の金融システムの問題点が指摘されていたと話している。

ビットコインに関心を持っている理由は優れた投資資産だからではなく、既存の問題を改善し、未来を変えていくための手段になる可能性を秘めているからだと語った。

関連グアテマラのビットコイン・レイクに行ってみた|体験記寄稿1

日本とビットコイン

次に、配信のタイトルである「日本でビットコインが普及しない理由」については、30年間デフレーション(デフレ)が続いていたことが背景にあると指摘。日本ではモノの値段や賃金は変化しないという考えが深く浸透しているとの見方は多い。

練木氏は、デフレが長期に渡って続いたため現金を保有していることに日本人は問題を感じず、「ビットコインはデジタルゴールド(金)である」と言われても共感しないのではないかと語った。

また、これまで円を稼ぐことに時間とエネルギーを費やしてきたため、法定通貨を否定し、ビットコインがソリューションであると考えることは、自身の労働を否定することになると考えてしまう可能性があるとも話している。

最近は日本でも物価が上昇しているが、多くの円を両替したり、海外旅行に行ったりしないと円の弱さやインフレーション(インフレ)を実感しづらいのではないかとも練木氏は指摘。日本人がビットコインのメリットを理解して所有・使用していくために何がきっかけになるかは不明確であると話している。

ほかにも、現在の税制にも言及。個人ユーザーにとって仮想通貨の税制は複雑で、ビットコインを保有したり、特に使用したりすることの妨げになっているのではないかと指摘した。

関連10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は

日本の現状

上記の内容に関連して練木氏は、日本の人々は政府がこれまで何をしてきたかを理解すべきであると訴えている。日銀は景気刺激策や福祉政策を支えるために金融緩和を継続して、資産の価値は目減りしていると指摘した。

また、日本政府はインフレ対策をする時に税金を減らすことよりも、税金の水準は維持したまま補助金を配布する傾向がある。この方法では第三者に価値の大部分が渡ってしまうことにつながりうると述べている。

そして、まずは自身のお金をどのように使うかを決められない現実を理解し、円や国債を所有していることが適切なのかを考え、情報に基づいた決断を独自に行えるようになることを推奨した。

書籍について

練木氏は今回、翻訳した書籍についても話してもらった。

『ビットコインスタンダード』を翻訳する際の個人的なミッションは「本を手にした誰もが、長い・つまらない・難しすぎることを理由に途中で読むのをやめず、最後まで読めるようにすること」だったと説明。正確さはもちろんのこと、読みやすさにもこだわったと述べている。

この本はビットコインというよりは大部分がお金の歴史について書かれているという。練木氏は、ビットコインの価値を理解するためには、お金やその歴史、お金の永遠の問題について理解することが重要であると話した。

GM Radio:Beyond The Price配信まとめ

「ビットコインは重要な気候テック」BTC研究者が語る——「Beyond The Price」 初回放送内容 トコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCパートナーが語る——「Beyond The Price」第2回放送内容
「今の日本におけるビットコインの価値」Diamond Hands東氏が語る——「Beyond The Price」第3回放送内容 J・ドーシー氏ら登壇のBTCイベントを立ち上げたビットコイナーが参加——第4回「Beyond The Price」
「ビットコインは究極の価値の保存手段」投資企業CEOが語る——第5回「Beyond The Price」 「Web3の全ての価値はビットコインに集まる」インフラ企業VoltageのGraham Krizek CEOが語る
「真に分散されたSNSの構築へ」——11月東京開催「Nostrasia」の実行委員が語る 「ビットコインは世界を公正にする可能性がある」BTC関連書籍の著者Jason Maier氏が語る
「法定通貨が不可能なことをビットコインで実現」Podcastアプリ「Fountain」のMalster氏が語る 「ビットコインがお金にもたらす革命をSNSへ」11月東京開催のNostrasia特集を配信
ビットコインの特徴や優位性とは──「Beyond The Price」の未公開内容や過去配信まとめ 「ビットコインはプラットフォームであるべきか」Xverseウォレット開発企業のJan Smejkal CSOが語る
「従来の金融業界がビットコインに注目すべき理由」GS出身の金融専門家Weston Nakamura氏が語る ビットコイン新興企業への投資機会を提供──BTC特化のVC「Lightning Ventures」のMike Jarmuz氏が語る
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア