CoinPostで今最も読まれています

「日本でビットコインが普及しない理由」BTC関連書籍の翻訳者・練木照子氏が語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第15回 Beyond The Price

19日に公開された15回目の「Beyond The Price」には、著書『ビットコインスタンダード』などの翻訳者で、ベンチャーキャピタル(VC)「フルグルベンチャーズ」に所属する練木照子氏が参加している。

なお、Beyond The Priceのポッドキャストは今年からCoinPostおよびCoinPost Globalから独立。これに伴って「GM Radio」の名称は付かなくなった。

フルグルベンチャーズは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)とライニングネットワーク(LN)に特化したVC。同社のメンバーは「ビットコインは政治的に中立な次世代の金融システムになる」と考えている。

関連初心者でもわかる「ライトニングネットワーク」とは|特徴と仕組みを解説

一方、ビットコインのブロックチェーン単独では、日常的なトランザクションを処理しきれないと指摘。ビットコインには2層目のネットワークが必要であるとし、LNの開発もサポートしているという。

練木氏は『ビットコインスタンダード』に加え、『ビットコイン、強気にならずにはいられない理由』や『ビットコインの歩き方』の翻訳者でもある。

関連ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルへ行ってみた|体験記寄稿1

ポッドキャストの内容

今回の配信タイトルは「日本でビットコインが普及しない理由」。ポッドキャスト(英語)は以下から聴くことができるが、ここから配信内容のポイントを紹介していく。

まず、練木氏がビットコインのことを初めて知ったのは2013年から2014年ごろだという。その後、ビットコインのことを詳しく調べるうちに『ビットコイン、強気にならずにはいられない理由』の原書に出会い、初めてビットコインに可能性を感じたと語った。

そして、『ビットコインスタンダード』の原書を読み始めたのが2018年。以前は既存の金融システムに楽観的な時期もあったが、『ビットコインスタンダード』に既存の金融システムの問題点が指摘されていたと話している。

ビットコインに関心を持っている理由は優れた投資資産だからではなく、既存の問題を改善し、未来を変えていくための手段になる可能性を秘めているからだと語った。

関連グアテマラのビットコイン・レイクに行ってみた|体験記寄稿1

日本とビットコイン

次に、配信のタイトルである「日本でビットコインが普及しない理由」については、30年間デフレーション(デフレ)が続いていたことが背景にあると指摘。日本ではモノの値段や賃金は変化しないという考えが深く浸透しているとの見方は多い。

練木氏は、デフレが長期に渡って続いたため現金を保有していることに日本人は問題を感じず、「ビットコインはデジタルゴールド(金)である」と言われても共感しないのではないかと語った。

また、これまで円を稼ぐことに時間とエネルギーを費やしてきたため、法定通貨を否定し、ビットコインがソリューションであると考えることは、自身の労働を否定することになると考えてしまう可能性があるとも話している。

最近は日本でも物価が上昇しているが、多くの円を両替したり、海外旅行に行ったりしないと円の弱さやインフレーション(インフレ)を実感しづらいのではないかとも練木氏は指摘。日本人がビットコインのメリットを理解して所有・使用していくために何がきっかけになるかは不明確であると話している。

ほかにも、現在の税制にも言及。個人ユーザーにとって仮想通貨の税制は複雑で、ビットコインを保有したり、特に使用したりすることの妨げになっているのではないかと指摘した。

関連10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は

日本の現状

上記の内容に関連して練木氏は、日本の人々は政府がこれまで何をしてきたかを理解すべきであると訴えている。日銀は景気刺激策や福祉政策を支えるために金融緩和を継続して、資産の価値は目減りしていると指摘した。

また、日本政府はインフレ対策をする時に税金を減らすことよりも、税金の水準は維持したまま補助金を配布する傾向がある。この方法では第三者に価値の大部分が渡ってしまうことにつながりうると述べている。

そして、まずは自身のお金をどのように使うかを決められない現実を理解し、円や国債を所有していることが適切なのかを考え、情報に基づいた決断を独自に行えるようになることを推奨した。

書籍について

練木氏は今回、翻訳した書籍についても話してもらった。

『ビットコインスタンダード』を翻訳する際の個人的なミッションは「本を手にした誰もが、長い・つまらない・難しすぎることを理由に途中で読むのをやめず、最後まで読めるようにすること」だったと説明。正確さはもちろんのこと、読みやすさにもこだわったと述べている。

この本はビットコインというよりは大部分がお金の歴史について書かれているという。練木氏は、ビットコインの価値を理解するためには、お金やその歴史、お金の永遠の問題について理解することが重要であると話した。

GM Radio:Beyond The Price配信まとめ

「ビットコインは重要な気候テック」BTC研究者が語る——「Beyond The Price」 初回放送内容 トコインは最も寿命が長いブロックチェーン」VCパートナーが語る——「Beyond The Price」第2回放送内容
「今の日本におけるビットコインの価値」Diamond Hands東氏が語る——「Beyond The Price」第3回放送内容 J・ドーシー氏ら登壇のBTCイベントを立ち上げたビットコイナーが参加——第4回「Beyond The Price」
「ビットコインは究極の価値の保存手段」投資企業CEOが語る——第5回「Beyond The Price」 「Web3の全ての価値はビットコインに集まる」インフラ企業VoltageのGraham Krizek CEOが語る
「真に分散されたSNSの構築へ」——11月東京開催「Nostrasia」の実行委員が語る 「ビットコインは世界を公正にする可能性がある」BTC関連書籍の著者Jason Maier氏が語る
「法定通貨が不可能なことをビットコインで実現」Podcastアプリ「Fountain」のMalster氏が語る 「ビットコインがお金にもたらす革命をSNSへ」11月東京開催のNostrasia特集を配信
ビットコインの特徴や優位性とは──「Beyond The Price」の未公開内容や過去配信まとめ 「ビットコインはプラットフォームであるべきか」Xverseウォレット開発企業のJan Smejkal CSOが語る
「従来の金融業界がビットコインに注目すべき理由」GS出身の金融専門家Weston Nakamura氏が語る ビットコイン新興企業への投資機会を提供──BTC特化のVC「Lightning Ventures」のMike Jarmuz氏が語る
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧