来年6月を目処に仮想通貨規制のルールを発表|FATF総会

FATF総会で行われたAMLと仮想通貨に関する議論と声明について
マネーロンダリングを監視する金融活動作業部会(FATF)が2019年6月に、仮想通貨規制のルールを発表し、世界各国にその法的執行を求める意向を明らかにした。今後、FATFのガイドライン改訂を受け、世界各国の司法当局は仮想通貨取引所やウォレット提供事業者、およびICOに伴う金融サービスを提供する企業を対象とした、許認可スキームや諸規制を施行することになる見込みとされている。

グローバルな規制が予定される

先週、世界204の国や地域から司法関係の代表が出席したマネーロンダリングを監視する金融活動作業部会(FATF)の総会 が開催され、そこで仮想通貨の規制を含む話し合いが行われた。

そこで、FATFは来年の6月を目処に、仮想通貨規制のルールを発表し、世界各国にその具体化を求める意向を明示した。

そして、FATFは、世界各国の司法当局は今後、「仮想通貨取引所ウォレット提供事業者、およびICOに伴う金融サービスを提供する企業を対象とした、許認可スキームや諸規制を施行することになるだろう」と述べた。

この総会で、FATFのトップ、マーシャル・ビリングスリー氏は、

「(2019年)6月までにはFATFとして、諸基準と、各国の施行に向けてFATFが期待するプロセスに関し、追加の指示を出す予定だ」

と述べ、早ければ2019年6月にもFATFとしてのガイドライン公開と各国の規制具体化が行われる期待を示した模様だ。

今月2018年10月は仮想通貨に関するAML(アンチ・マネーロンダリング)基準明確化の1つの期限を迎えることから、特にG20各国の関心が集まっており、「油断のない」仮想通貨監視活動を求める声が挙がっていた。

G20会議:仮想通貨の基礎となるものを含む技術革新は、金融システムや経済に『重要な便益』をもたらし得る
23日、G20会議が閉幕。FATFに対し、10月までに仮想通貨のアンチマネーロンダリング(AML)に関する国際規制の明確化を求めたほか、財務省サイトにて、「仮想通貨の基礎となる(ブロックチェーン)技術などが、金融システム及び、より広く経済に重要な便益をもたらし得る」との文面が確認された。

そうした中、既存のAML基準をいかに仮想通貨に適用し得るか、その方法の明確化が、今回のFATF開催の1つの大きな目的とされた。

現地時間10月19日、総会後に出された声明でFATFは、「犯罪やテロ行為への仮想通貨使用を防ぐための協調的な行動が、喫緊の課題として世界の全ての国に求められている」とし、さらに、

「FATFは仮想通貨資産サービスを提供する事業者のリスクを評価適切な規制を行うため、ガイドラインの段階的更新を進めていく。ガイドラインの内容にはそれらサービス提供事業者の監督監視、および所轄/司法当局を対象とした、仮想通貨に関連する不法行為の特定/捜査も含まれる予定だ」

報告 を行った。

G20のフォローアップ報告:仮想通貨は(現時点で)金融の安定を脅かすものではない

先日、金融安定理事会(FSB)は、3月に開かれたG20のフォローアップ報告を公開した。これによると、仮想通貨は現時点では、世界的な金融の安定を脅かすものではないものの、引き続き監視は必要だとしている。

なお、こうしたリスクには、金融機関・規制機関への信頼度や評判に関するものが含まれうると、同報告書で述べられた。

そして、仮想通貨が一般的に支払いや決済で用いられるようになると、その時価総額や資産効果によって金融へも影響を及ぼすようになる可能性が高いとした。

さらに、仮想通貨が引き続き人気を集めていくと、投資家がこの領域へ移っていくがゆえに、ますます既存の金融の安定に影響を及ぼすようになると述べられている。

なお、G20サミットを前に国際通貨基金が発表した「世界経済見直し 」報告でも記述してあるように、FSBの報告書も「イノベーションとリスクのバランス」について言及しており、最先端の新興技術たる仮想通貨はいつの日か既存の金融システムを脅かすことになる、と言及した。

出典:FSB

FSBの加盟国は、すでに仮想通貨に関して、国内で幅広く監督・規制・その他行動を起こしている。

本国の規制当局や基準設定委員会は、投資家に対し、金融システムの効率化を促しうる分散型台帳技術(DLT)の可能性を支持すると同時に、仮想通貨のリスクに関する警告を再三発している。

こうした行動は、イノベーションによるメリットの維持と、消費者・投資家の保護や市場の整合性におけるリスクの抑制とのバランスを保つ形で実現すると見込んでいる。

このように、FATFとFSBが仮想通貨に対する見方は基本一致しており、仮想通貨が金融イノベーションとしてバランスを保つべき一方で、マネーロンダリングのような悪用は取り除くべき観点は仮想通貨の全体市場にとっても決して悪いことではないと言えるだろう。

CoinPostの関連記事

ついにフランスも仮想通貨ICOの合法化へ、仏政府が新たなICO規制法案が可決
フランス国会、ICOに対する新たな法律の枠組みを可決。 同国におけるICO業務合法化が牽引力となり、隣国にもより前向きな姿勢や実際の動きが見込める可能性も。
金融安定理事会がG20をフォローアップ:仮想通貨は(現時点で)金融の安定を脅かすものではない
2018年3月にFSB長官からG20加盟国の財務大臣と中央銀行長官に宛てられた、報告書のフォローアップが公開された。仮想通貨関連業務のレビューも兼ねている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加