CoinPostで今最も読まれています

日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

 

CBDC五つの主要論点

日本銀行は2023年4月17日に「CBDC(中央銀行デジタル通貨)に関する関係府省庁・日本銀行連絡会議 中間整理」を公表した。

CBDCに関する最初の連絡会議が1月26日に財務省で開催され、関係府省庁がCBDC導入時に直面する可能性のある問題点を特定していた。この中間報告は、CBDC導入の議論における土台を築くものであり、直接的な導入決定や方向性を示すものではないが、2023年12月の有識者会議の成果を基に、主要な設計要点が整理されている。

関連:日銀と政府、デジタル円の連絡会議を初開催 春の法整備に向けて

この中間整理には、以下の五つの主要論点が含まれている:

  • 日本銀行と仲介機関の役割分担(垂直的共存)
  • CBDCと他の決済手段の役割分担(水平的共存)
  • セキュリティの確保と利用者情報の取扱い
  • 法令面の対応
  • その他

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

「1. 日本銀行と仲介機関の役割分担」では、日本銀行が直接利用者のニーズに応えることは非現実的であるため、民間の仲介機関がCBDCの授受を仲介する「二層構造(現金と同様)」が適当だとされている。仲介機関はCBDCの発行・還収に関する業務を担い、取引の開始・終了手続きや顧客管理などの基本サービス(コアサービス)を提供することが期待されており、家計簿サービス、条件付き決済サービスなど、利便性を高める追加サービスも提供されることが期待される。

出典:財務省

「2.CBDC(中央銀行デジタル通貨)と他の決済手段の役割分担」では、CBDCは現金など他の決済手段と並行して機能することが想定されている。政府と日本銀行は、CBDC導入後も現金への需要が持続する限りその供給を継続する方針を示している。CBDCにより高額取引が容易になる一方で、その匿名性の設定が重要な課題である。国際的にはCBDCの匿名性を現金と同等に保つことは、マネーロンダリングやテロ資金供与のリスクを考慮すると実行可能でない、または不適切との見解が示されている。

また、CBDCは既存の民間決済システムとの円滑な相互運用が求められる。CBDCは異なる決済手段間での交換を保証し、公正かつ自由な競争を支援する役割を果たすことが期待されている。民間事業者が既にシステム構築や市場獲得に投資を行っているため、CBDCの導入がこれらのビジネスモデルに及ぼす影響について、関係当局と事業者間での詳細な議論が必要とされる。

日本銀行のCBDCについて

日本銀行が検討中のCBDCは、スマートフォンアプリや物理カードを使用し、電子マネーやQRコード決済と同様に利用する形式を想定している。この(リテール)デジタル通貨は、日常の多様な取引に利用できるよう設計され、店舗での買い物やオンラインショッピングなど、現金が不便な場面でも使用可能なモデルが理想。このCBDCの目的は、利便性と普遍性を備えた決済手段として、誰もがいつでもどこでも利用できるようにすることにある。

民間のデジタル決済手段と異なり、CBDCは使用可能な店舗や送金の可否に制限がなく、ユニバーサルでアクセスしやすい決済手段として機能する。さらに、CBDCは日本銀行の負債として発行され、信用リスクがないため、利用者は安全かつ即時に決済が完了する安心感を享受できる。

別途、クロスボーダー決済においては、「ホールセール型CBDC」として検討されている。CBDCの国際利用においては、世界各国でCBDCの導入が進むことを前提に、国際間の技術標準化と国際連携が不可欠だ。

関連:成田悠輔が切り込む『デジタル円実現後の未来』|WebX対談レポート

日銀・政府のCBDC政策と経緯

  • 2020年10月 – 日本銀行が「中央銀行デジタル通貨に関する日本銀行の取り組み方針」を公表。
  • 2021年4月以降 – 日本銀行が概念実証とパイロット実験を通じてCBDCの技術面での実証を開始。
  • 2021年6月18日 – 閣議において「経済財政運営と改革の基本方針2021」が決定され、CBDCの制度設計の大枠の整理が命じられた。
  • 2023年4月 – 財務省にてCBDCに関する有識者会議が立ち上げられた。
  • 2023年6月16日 – 閣議において「経済財政運営と改革の基本方針2023」が決定され、年内に有識者の議論を取りまとめ、制度設計の大枠を整理することが再確認された。
  • 2024年1月 – CBDCに関する関係府省庁・日本銀行連絡会議が設置された。

関連:経産省レポート、Web3.0の現状評価や将来像 NOT A HOTELの事例

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
17:02
JASMYの買い方とおすすめ取引所 ジャスミー投資の始め方を詳しく解説
暗号資産(仮想通貨)ジャスミー(JASMY)の購入方法を初心者向けに徹底解説。おすすめの取引所や購入手順、手数料、注意点。価格動向や将来性まで、ジャスミー投資を多角的にご案内。
15:00
IVVY(アイビー)のライブで実証へ 三井物産・アニモカなどWeb3ロイヤリティプログラム導入
アニモカブランズ、日本コロムビア、三井物産がIVVYのライブイベントでWeb3技術を活用した新ロイヤリティプログラムのPoCを開始。A-Team group A-LIGHT(エーライツ) 所属、IVVY(アイビー)のライブで実証。ファン行動データを可視化し、NFTによる収益源多様化を目指す。
14:30
米バイデン氏、仮想通貨業界に接近の姿勢か 大統領選控え
米バイデン大統領の陣営は再選を目指す中で仮想通貨業界に助言を求め始めていると伝えられる。トランプ氏の動きなどを踏まえているとみられる。
13:40
米資産運用大手Vanguard、イーサリアムETFも提供しない方針
米資産運用大手Vanguardは、23日に承認された イーサリアムの現物ETFに関して、ビットコインETFと同じく同社では提供しない方針を明らかにした。 
11:50
SingularityNET、Fetch.aiらAI連合(ASI)へ統合 6月13日
SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolの合併が6月13日に完了し、暗号資産(仮想通貨)ASIに、トークンが統一される。AI業界の分散型ネットワーク構築を目指し、戦略的協力者も迎える予定。
11:15
ブラックロックがS-1申請修正、イーサリアム現物ETF実現近づくか
ブラックロックは仮想通貨イーサリアムの現物ETFの申請で新たに更新したS-1登録届出書をSECへ提出した。一方、6月に承認される可能性は現時点ではまだ薄いとみなされている。
10:45
米ジェミナイ、「Gemini Earn」ユーザーに3300億円の仮想通貨を返済
米仮想通貨取引所ジェミナイは、利回りサービス「Gemini Earn」ユーザーに、総額3,300億円相当の仮想通貨を現物で返却したと発表した。
10:05
アルゼンチン大統領、サム・アルトマン氏と会談
アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」のサム・アルトマン氏らと会談。話した内容も明らかになっている。
10:00
『暗号資産もゼロ革命』ビットポイントがすべての手数料無料化へ
暗号資産(仮想通貨)のステーキングサービスを提供している全ての銘柄で利回り国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)。「暗号資産もゼロ革命」と題して、日本円の出金手数料を無料化しました。
07:40
ニューヨーク証券取引所、ビットコインオプション商品を計画 CoinDeskと提携で
NYSEは仮想通貨メディアCoinDeskと協業しコインデスク・ビットコイン価格指数に連動する現金決済インデックス・オプションを開発していると発表した。
07:15
「BTC長期保有者は買い集め傾向に」Glassnode
仮想通貨ビットコインの長期保有者は買い集め傾向に転換したとGlassnodeが週次レポートで指摘。また、イーサリアムのパフォーマンス分析も行っている。
06:25
マスターカード、P2Pの仮想通貨送金ネットワークを開始
マスターカードの仮想通貨のユーザーは一般的に長くて複雑なブロックチェーンのアドレスではなく、Mastercard Crypto Credentialのエイリアスを使用して送受信できるようになる。
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア