CoinMarketCap上での仮想通貨数は2000種類を超える

仮想通貨市場の時価総額や取引所の統計などが確認可能かつ、存在するおおよその仮想通貨の総数が掲載しているサイトがCoinMarketCapである。

仮想通貨市場が低迷しているのにも関わらず、10月3日時点で、CoinMarketCap上での仮想通貨の数が2000種類を超えたことが明らかになった。

CoinMarketCap上に掲載されていない仮想通貨プロジェクトを含めるとさらに多くなる。

CoinMarketCapには、リストアップされた履歴が全て残っており、1番初めのスナップショットは2013年4月28日で、たった7つの通貨だけがリストアップされていた。

2014年1月5日までに通貨数は67個まで増加し、2015年1月4日には491個まで急増した。

弱気相場に突入していたため、増加自体減少し、2016年1月3日時点では、551個だった。

2016年には、350ドルからおおよそ1000ドルまで上昇したことを含め、2017年1月1日までには通貨数は617個まで上昇。

そこから昨年の20000ドルまでの暴騰に加え、ICOブームが起こったため、2018年1月7日には1000個から1355個にまで急増した。

現在では、CoinMarketCap上での通貨数は、2062個まで達しているという。

仮想通貨市場は停滞しているにも関わらず、ブロックチェーン企業の立ち上げや、投資ファンドなど増加傾向にあるため、仮想通貨市場はまだ健康的な状態と言えるだろう。

参考記事:Number of Cryptocurrencies on CoinMarketCap Surpasses 2,000

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選
仮想通貨市場が落ち込んでいる中、有識者であるQuittem氏が、今後生き残っていくアルトコインを様々な側面から考慮し、予想。ネオ、モネロ、ステラ、ライトコインなどが名を連ねた。
韓国大手仮想通貨取引所Bithumbが396億円で買収される|アルトコインへの影響も考察
シンガポールに拠点を置くブロックチェーン投資ファンドのBK Global社が韓国最大級の仮想通貨取引所Bithumbを約396億円で買収したと報じられた。現在Bithumbが仮想通貨マーケットの中での重要性とアルトコインへの影響の期待感を考察した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら