CoinPostで今最も読まれています

『仮想通貨ビットコインキャッシュのアップデートは円滑に進んだ』ロジャー・バー氏インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ロジャーバー氏が話題のBCHハードフォーク関連の話題について言及
「ビットコイン・ジーザス」こと、仮想通貨に関するメディアやマイニング事業を展開するBitcoin.comのCEOであるロジャーバー氏は18日に都内で開催された日経CNBC主催の「Future of Money~マネーの未来を探る~」に出席し、CoinPost編集部とのインタビューに応じた。先週決行したハードフォークを取り巻く状況について話を伺った。

「ビットコイン・ジーザス」ことロジャー・バー氏

「ビットコイン・ジーザス」こと、仮想通貨に関するメディアやマイニング事業を展開するBitcoin.comのCEOであるロジャーバー氏は、18日に都内で開催された日経CNBC主催の「Future of Money~マネーの未来を探る~」に出席し、CoinPost編集部とのインタビューに応じてくれた。

ビットメインの状況

ロジャーバー氏は、まず世界最大規模の仮想通貨マイニング企業の共同設立者である、ジハン・ウー氏について言及した。

ビットメインは、仮想通貨のエコシステムで最も成功している企業だ。 またジハン氏は、ビットコインのホワイトペーパーを中国語に翻訳した最初の人物である。

中国がビットコインに早期から着目したのも、彼のおかげだと言える。

また、私はビットコインのホワイトペーパーを日本語に翻訳するのをサポートした。中国と日本にビットコインの普及を願って活動したんだ。

ジハン・ウー氏の当イベントでの詳しい発言内容はこちらから。

ジハン・ウー氏インタビュー:仮想通貨ビットコインキャッシュハードフォーク後の現状
世界最大級の仮想通貨マイニング企業Bitmain社のジハン・ウー氏が日経CNBC主催のイベントに登壇し、BCHのハードフォーク関連と、人事異動やIPO申請などについて言及した。

また、対立陣営のクレイグ・ライト氏から、ロジャーバー氏に対して痛烈なコメントがツイッターで発せられていたことに対して、以下のように言及した。

クレイグ・ライトには、Bitcoin.comが引き続き、ビットコイン・キャッシュ(ABC版)をサポートするという発表をしてから、Twitterでブロックされたんだ。

言うなれば、現実から目を背け、耳を塞いでいるようなものだ。

Bitcoin.comは11月2日、ハードフォークを約2週間後に控えた中、正式にBitcoin ABCをサポートする意向を発表しており、今回のバー氏の発言によると、クレイグ・ライト氏はこの発表の後にロジャーバー氏をブロックしたらしい。

ライト氏はその後、批判の対象をロジャーバー氏だけではなく、Bitcoin ABC側の開発者やジハン・ウー氏等、ABC側を支持する有識者などにも矛先を向けた。

またジハン・ウー氏がライト氏から批判を受けていたことから、界隈の著名人であるジョン・マカフィー氏もウー氏への支援をツイートするとマカフィー氏を「詐欺師」だと痛烈に批判した。

このように過激化しているいわゆる「ハッシュ戦争」はまだ続いているが、現在ハッシュレートは依然Bitcoin ABCのチェーン優勢の状況が続き、クレイグ氏率いるSV派は厳しい立ち位置に置かれている。

coin.danceによると前述のロジャーバー氏がCEOを務めるBitcoin.comは過去1週間(19日現在)で、Bitcoin ABCネットワークの約26.5%を採掘しており、BitcoinCash(ABC)にハッシュを集めている状況が明らかになっている。

出典:Coin Dance

Bitcoin ABCのアップデート内容について

また16日に決行されたハードフォークの結果、実装されたアップデート内容に関してバー氏は、「スムーズにいったと思うし、ネットワークでもっと色んな事ができるようになった」と肯定的に捉えた。

具体的なBitcoin ABCのアップデート内容はこの通りだ。

Bitcoin ABC

CTORの導入

opコード「OP_CHECKDATASIG」と「OP_CHECKDATASIGVERIFY」の施行

最低限トランザクションサイズの施行

「push only」ルールの施行

「Clean stack」ルールの施行

ビットコインキャッシュの可能性

またバー氏は、今回のアップデートで加わったopコードの「OP_CHECKDATASIGVERIFY」が今後のビットコインキャッシュに重要であると説明。

さらにBitcoin.comの開発者であるGabriel Cardona氏も、今回のアップデートについて触れた。

「DATASIGVERIFY」で外部のデータソースからデータを引っ張ることが可能となる。 予測市場、オンラインギャンブル、トークン発行などを全てP2Pで行える

ですから、これからトークンにおけるカンブリア爆発が起きると思う。

これからのパラダイムシフト(固定概念の変化)はビットコインキャッシュ上で作成されるトークンだ。

カンブリア爆発とは

古生代カンブリア紀に起きたとされる、突如として今日見られる”動物の原型(門)”が出揃った現象。

Cardona氏は新たなopコードで、ビットコインキャッシュにおいて今後さらにトークン作成が可能になったことを”カンブリア爆発”に擬え、今後のトークン作成の為の環境作りが整ってきているとした。

予測市場

またロジャーバー氏は、もう一つの注目分野としてP2Pの中央集権的団体を介さず行う予測市場(いわゆるギャンブル)などの可能性にも着目しているという。

私が最も注目している分野の中の一つが、分散型予想市場(Decentralized Prediction Markets)である。

明日の目標に向けて、どのようなアクションを今取るべきかなどを模索するツールが台頭してきている。今までそのようなものは実現可能ではなかったが、デジタル通貨やブロックチェーンの発明によって、それらが可能になってきているのだ。

また実際に、今回のアップデートでそのようなオンライン・ギャンブルも可能になった一つの利点だという。

P2Pでベット(賭け)ができる(ようになった)。

今度Connor Mcgregorが試合に出たら彼の試合で賭けることができるんだ。

バー氏は再び最後、自身の持つビットコインキャッシュへの強い思いを語った。

ビットコインキャッシュは世界中に経済的な自由をもたらす為に最適なツールだ。 だからビットコインキャッシュを世界の為の通貨に情熱を持っている人がいる。

CoinPostの関連記事

ジハン・ウー氏インタビュー:仮想通貨ビットコインキャッシュハードフォーク後の現状
世界最大級の仮想通貨マイニング企業Bitmain社のジハン・ウー氏が日経CNBC主催のイベントに登壇し、BCHのハードフォーク関連と、人事異動やIPO申請などについて言及した。
ビットコインキャッシュのハードフォークで通貨分裂を確認|今後の仮想通貨価格と展開は?
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行がされた。BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効としたことも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認された。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
12:00
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン シバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア