CoinPostで今最も読まれています

「買う」ことで利益が出ていることも?|今の仮想通貨市場で注意が必要な税金の話

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

総平均法とは
仮想通貨を買うことで逆に利益が発生してしまう可能性のある総平均法とは何なのかを、仮想通貨の確定申告支援サービスを提供する株式会社Aerial Partnersが解説。
株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)とは
ブロックチェーン技術の社会実装を行う上で顕在化している仮想通貨税務という社会的な摩擦を解決すべく、四大会計事務であるKPMG出身の公認会計士・税理士が中心となり設立。2017年度の仮想通貨の確定申告サポート実績No.1の『Guardian(ガーディアン)』を提供し、個人・法人の仮想通貨の確定申告に関する総合的なサポートを行なっています。また、対応取引所数国内No.1の仮想通貨損益計算アプリ『Gtax(ジータックス)』を無料で提供し、仮想通貨投資家を支援しています。

公式ホームページ:株式会社Aerial Partners

Twitter:【公式】Aerial Partners (@aerialpartners)

「買う」ことで利益が出ていることも?今の仮想通貨市場で注意が必要な税金の話

仮想通貨取引で20万円以上の所得がある場合は確定申告をして納税をしなければいけません。

2018年の年初より大幅な下落が始まった仮想通貨の価格は、年末を迎えた今でも昨年末の半分以下という水準で推移していますので、「今年は利益が出ていないから確定申告は必要ないだろう」と考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、実際には予期していない利益が出てしまっている可能性があります。また、気づかぬうちに申告漏れとなってしまった場合、加算税等の税務上のペナルティが発生する可能性があるので注意が必要です。

今回は、仮想通貨を買うことで逆に利益が発生してしまう可能性のある総平均法とは何なのかをAerial Partners(エアリアル・パートナーズ)が解説します。

仮想通貨の取得価格の計算方法である総平均法とは?

国税庁も間接的に推奨する総平均法

仮想通貨の利益の計算方法(利益計算のための取得価額の計算方法)は、原則としての「移動平均法」と、例外としての「総平均法」の2種類が認められています。

(※)移動平均法とは通貨ごとに購入の都度取得価額を計算する方法で、総平均法とは通貨ごとに購入金額の年間合計額を購入数量の年間合計数で割って取得価額を計算する方法です。

2018年11月に国税庁より公表された「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて」では、仮想通貨の損益計算を簡略化する目的で「仮想通貨の計算書(総平均法用)」も同時に公開されました。

またこれに付随する形で、昨年度以前に移動平均法を使って申告した方は、翌年以降に継続適応を条件に総平均法に変更することが可能ということも明確化されました。

出典:国税庁HP

したがって、多くの仮想通貨投資家が総平均法で計算をし、確定申告をすることになることと思われますが、総平均法は移動平均法に比較して体感の損益から乖離した計算結果となる場合がある計算方法であるため、その採用にあたっては充分に注意が必要です。

総平均法は購入のタイミングを無視した計算方法

そもそも、仮想通貨取引によって生じた損益は「(仮想通貨の時価 – 仮想通貨の取得価額)×数量」をもって計算します。この算式内、仮想通貨の取得価額について、計算期間における購入金額の合計額を購入数量の合計数で割って計算する方法が総平均法です。

総平均法の計算上は、取得価額の計算において、仮想通貨ごとに期中の購入額の合計を購入数量の合計で割って計算するため、取得価額の計算において仮想通貨をどのタイミングで購入したのかを考慮しません。

したがって、時系列でみたときに、仮想通貨を売却した後に購入をして、そのまま年度末を迎えたような場合であっても、最終購入時の仮想通貨の購入金額が年間の損益に影響を与えることになります。

なお、前述した原則的計算方法である移動平均法は購入の都度取得価額を計算する方法であるため、このような状況は引き起こしません。

“底”で買うと利益が発生する場合も

仮想通貨の取得価額の計算方法として総平均法を採用した場合、”底”と言われるような、価格が下がったタイミングで購入を行なった場合などに、平均取得単価が下がり、結果として利益が増加する場合があります。

以降、時価が下がったタイミングで仮想通貨を購入したことで、結果として利益が出る例を見てみましょう。なお、今回の例でとりあげる仮想通貨の時価情報は、実際のものとは無関係な点にご留意ください。

<計算例>

【①→②における利益計算】

②の時点では、仮想通貨の購入と売却がそれぞれ1回ずつ行われており、売却時の時価は120万円で、その取得価額は150万円です。この時点での損益は(120万円-150万円)×1BTC※となり、損益はマイナス30万円になります。

ここまでは移動平均法・総平均法いずれを採用した場合でも損益が同一となり、直感的にも理解するのは容易かと思います。

※売却した数量 【①→②→③全体における利益計算】

50万円まで下がった時点で新たに購入を行なった場合、上記の例において、総平均法を採用した場合は損益はどのように変化するのでしょうか。

図中②における売却金額は120万円のままですが、③で購入を行なったため、取得価額が変化します。

取得価額は(150万円+50万円)÷2BTC※ですので100万円になり、先ほどの150万円から下がりました。したがって損益も(120万円-100万円)×1BTCとなり、20万円の利益が出ているという計算結果になります。

なお、この時移動平均法の損益はマイナス30万円で変化しません。

※①及び③で購入したBTCの数量合計

実現損益を把握して賢く取引をすることが大事

このように、仮想通貨の取得価額の算出方法として総平均法を採用している場合、体感では損をしていると思っていたのに、実際には利益が出てしまっている、というケースが起こりえます。

計算も比較的簡易な総平均法で申告をする場合は、こまめに損益を確認しながらトレードを行うのが賢明でしょう。

Aerial Partnersが提供する対応取引所数国内No.1の仮想通貨損益計算アプリ『Gtax(ジータックス)』では、ユーザーの仮想通貨損益に合わせて損益を0に近づけるための売買を簡易的に検証できる「節税シミュレーション」機能を提供しています。

『Gtax(ジータックス) 』で提案を参考に、実現損益をなるべくおさえる取引を行うことで、仮想通貨取引による所得水準を下げることができます。

また、仮想通貨取引における損失(= マイナスの所得)は雑所得に分類され、翌年以降に繰り延べることができないため、年間を通じて利益が出ているような方でも、含み損を実現させることにより損益を0に近づけて、翌年以降の所得を相対的に低くすることも可能です。

仮想通貨損益計算アプリ『Gtax』

「節税シミュレーション」機能の利用方法は簡単です。まずは『Gtax(ジータックス)』にログインして、これまでの全ての仮想通貨の取引履歴を「ファイル読込」からアップロードします。

対応取引所数は国内No.1で、対応外の取引所でも「手動作成ファイル」を利用すれば計算をすることが可能です。全ての履歴をアップロードしたら「計算実行」ボタンを押します。ボタンの左側に出る数値が現時点での実現損益となります。

仮想通貨損益計算アプリ『Gtax』

次に、画面上部の「今年の税額をお得にするには?」を押します。すると損益を0に近づけるための売買の提案を見ることができます。表示されている提案は、損益結果の上部で現在選択されている計算方法(移動平均法または総平均法)に基づいたものとなります。

なお、提案通りの取引をしたら、必ずGtaxで再度計算を実行して実現損益の確認をするようにしましょう。

仮想通貨損益計算アプリ『Gtax』

「仮想通貨元年」とも呼ばれていた2017年の環境から一転、2018年は年間を通じて右肩下がりの相場となっており、仮想通貨の投資家・利用者にとっては難しい局面であったかと思います。

今後、仮想通貨をはじめとする暗号資産、そして、それを支えるブロックチェーン技術が社会実装される未来に投資をする上でも、こまめな損益計算を通じて市場とうまく向き合っていく心構えが必要になるでしょう。

無料で使える損益計算アプリ『Gtax(ジータックス)』を利用して、実現損益を意識した賢い取引を行ってみてください。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

『国税庁の計算書だけでは解決しない !?|仮想通貨の確定申告簡略化の背景』
国税庁も本腰を入れる、仮想通貨の税金問題。投資家にとって重要な部分について、仮想通貨の確定申告支援サービスを提供する株式会社Aerial Partnersが解説。
仮想通貨の所得はバレている?元国税局職員からみた『仮想通貨の税務調査の実態』|坂本新税理士インタビュー
仮想通貨の確定申告支援サービスを提供するAerial Partners社が、元国税局職員で仮想通貨の税務調査に特化した業務を提供する坂本新税理士にインタビューを実施。税務調査の実態が明らかに。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア