ビットコインを知る上で重要な8人の人物

概要

2017年はビットコインにとって絶好調な年であり、先月過去最高値の$6,000をマークした事を受け、勝ち組になった投資家はたくさんいるでしょう。本記事ではその中の最大と言っても過言ではない有名な8人の投資家をピックアップします。

金融界で名の知れたビットコイン評論家は多くいます。最近では、JPモルガンチェース最高経営責任者のジェイミー・ダイモン氏が仮想通貨を『詐欺』だと公言し話題になりました。さらに彼は『ばかげている』と言う理由で、ビットコイン取引をする従業員をクビにするとまで言いました。

しかし全員が全員否定的なわけではありません。今年ビットコインはとても上向きで、今年初めの$966(11万円)から今月過去最高値である$6,000(68万円)をマークし、これにより大金を得た仮想通貨保有者がいることは間違いありません。

その人物の名前を聞くと驚かれるかもしれません。ビットコイン取引は匿名で行われますが、取引ソースの数字や文字を使い、複数名の熱心な投資家の特定に成功しました。以下はビットコイン最大の投資家だと知られる8名です。

ウィンクルボス兄弟

映画ソーシャル・ネットワークにてアーミー・ハマー氏による皮肉的なウィンクルボス兄弟の描写を観ているなら、フェイスブックを奪われたと主張し、制御しようと試み失敗したウィンクルボス兄弟のテイラーとキャメロンをご存知でしょう。

兄弟は大金をビットコインに投資しています。彼らはビットコイン上場投資信託(ETF)作成によって利用を禁止されましたが、彼らの2013年の$1.1憶分(125億円)のビットコイン投資(ビットコイン流通の1%を占めると言われている)は今では想像を絶する額になっているでしょう。その額は今では21倍にも膨れ上がり、23億ドル(2618億円)に値すると言われています。

バリー・シルバート(仮想通貨専門家)

ベンチャーキャピタリストでDigital Currency Group創業者のシルバート氏は、初期のビットコイン提案者でした。

うわさによれば彼は2014年米国司法省連邦保安官局で行われたオークションで48,000ビットコイン(米国政府がシルクロードで違法薬物売買に使われていたため、押収したビットコイン)を取得しました。当時のビットコインの価値は$350(4万円)だと言われ、シルバート氏の獲得は16倍の約$1億6千万(114億円)から$26憶8千万(3,051憶円)の計算になります。

ティム・ドレーパー氏(ベンチャーキャピタリスト大富豪)

初期スカイプの投資によって大富豪になったベンチャーキャピタリストのドレーパー氏は上記の2014年のオークションで3万ビットコインの購入をしています。当時の$1.9憶(216憶円)は、今では$17億1千(1936憶円)になっています。ドレーパー氏は仮想通貨市場に前向きで、新しい通貨のTezosを支援しています。

チャーリー・シュレム(初期ビットコイン採用者)

シュレム氏は有名よりかは不名誉な人物です。彼は本来ビットコインを守る目的のBitcoin Foundationの一員であり、初期段階にビットコインを入手しています。団体の複数のリーダーは犯罪捜査の対象となり、シュレム氏自身も資金洗浄により懲役2年の刑を受けました。

しかし今では仮想通貨投資スタートアップとともに復帰し、厳密にいくらビットコインを所有しているか明かしませんが、噂では当時あまり価値のなかったビットコインを数千所有しているそうで、それが本当なら今では数百万ドルの価値があることになります。

トニー・ガリッピ(仮想通貨経営幹部)

ガリッピ氏は現時点トップのビットコインプロセッサーのBitpay共同開発者兼社長であり、通貨最大保有者の一人と言われています。彼も所有しているビットコインの正確な数字を公表していませんが、予想では約$2億(228憶円)だと言われています。

サトシ・ナカモト(ビットコイン立案者)

ナカモト氏はビットコインを裏で制御する架空の人物です。2008年にビットコインと共に仮想通貨に関連したソフトウェアを開発し、ナカモト氏は公の場から姿を消しました。この名前すら本人のものかわかりません。

ある一人の人物が自分がナカモトだと主張しましたが、ネットでは証拠に異論が発生しています。ナカモト氏が誰なのかという説が満ち溢れている一方で、彼が大量のビットコインを所有していることに間違いはないでしょう。

ビットコイン開発者はナカモト氏は2013年に百万ビットコインを所有していると予想しました。執筆時相場の$6,133で計算をすると、理論上それは61憶ドル(6945億円)に値することになります。しかしもしナカモト氏がこの量のビットコインを売ることになったら、通貨の需要を暴落させることになり保有の価値すら無くなります。

アンクルサム(米国政府を擬人化した呼び名)

恐らく、ソフトウェアベース通貨で本来従来通貨の制限から自由になる目的であるビットコイン一番の驚きは、既に連邦政府に大金を配当をしたということです。

上記の通り、FBIは2013年シルクロード市場閉鎖の際に144,000ビットコインを押収(当時最大のビットコインウォレット所有者)しました。そして政府はビットコインをオークションで売り、4.8億ドル(547億円)を取得しています。売りのタイミングを待てば、政府はもっと稼げていたかもしれませんが、アンクルサムは未だにビットコインに期待を抱いています。

アメリカ合衆国内国歳入庁は『仮想通貨は課税対象財産』だと公表し、資本利得・損失の申告をしていないビットコイン利用者間で訴訟合戦が始まっています。報道によれば、大半のビットコイン取引は探知されるそうで、つまりそれは連邦政府がさらに数百万押収できるということになります。

The 8 Biggest Bitcoin Players Who Could Make a Fortune Off the Cryptocurrency

October 30, 2017 by Paul Schrodt

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加