再び暴落したビットコイン、イーサリアムは過去3年の重要サポートラインに|仮想通貨市況

仮想通貨市場
朝方の急落を機に1000ドル幅以上暴落した仮想通貨BTC。直近のドミナンスが62%を超える高水準で推移、リップルやイーサリアムなどアルト終焉説まで台頭し始める中、海外の著名アナリストがETHチャートを独自分析。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は午前9時頃に急落した。再度の大幅反騰による安堵感もつかの間、再び下げ圧力が強まっている。

午前1時の4時間足確定までに4h雲の捻れを抜けきることが出来ず、雲の厚さも嫌気されたか。128万円付近で上値の重さを確認するようにして大幅下落した。

4日7時の時間足陽線など、上昇機運を打ち消されたことで投資家心理は再び冷え込んだか。前日比-7%を超えるなど下げすぎた反動もあり、2日からの反騰分のフィボナッチ50%にもあたる1h雲下限で反発した。

このあと反騰して揉み合いとなるか、さらなる続落となるか注目される。

窮地に立たされるアルトコイン

現在のビットコイン上昇トレンドでは、アルトコイン・バブルの再来が多くの著名アナリストに否定されている

ただし、時価総額2位のイーサリアムはビットコインとの相関性が高く、2019年に入って以来、すでに134%の価格上昇(USD建て)を見せてきた。

 

スーパーグッピーで有名な仮想通貨アナリストJosh Rager氏は、直近のイーサリアムのチャートを分析した。

Rager氏は、現在の(BTC建)イーサリアムは過去3年のチャートで重要サポートライン上にあると指摘した。BTC建てで「0.025BTC」のラインだ。

ビットコインが現在のドミナンスを継続させれば、イーサリアムやその他のアルトコインが不利を受けることは明白だ。

ビットコイン(BTC)ドミナンスは、年初来最高の62.2%を上回る水準で推移しており、「アルトドレイン現象」を加速させている。

ビットコイン(BTC)ドミナンス

CoinPostの関連記事

ビットコインは12000ドルまで回復、米CME先物も存在感を強める|仮想通貨市況
米NY株式市場が過去最高値を叩き出すなど世界的なリスクオンムードの中、ビットコイン(BTC)は一時12,000ドル(130万円)付近まで回復。日本円/米ドル先物などを展開する米CMEのBTC先物も存在感を強めている。
FATF書記官「日本の仮想通貨規制は2年先を行っている」|V20 CoinPost取材
先日、大阪で開催されたFATF合同の国際仮想通貨(暗号資産)サミット「V20」にて、FATF書記官に取材を実施。新ガイダンスにおける各国のコンプライアンス課題や、10月に予定される対日審査に関する見解を伺った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら