CoinPostで今最も読まれています

SEC長官が「リブラ専門の対策チーム」存在を明かす、米公聴会の質疑応答で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨に関する公聴会を開催
フェイスブック主導のリブラを初めとする仮想通貨に関する公聴会が米下院主催で開催された。SECコミッショナーや国会議員など関係者の発言要旨をまとめた。

仮想通貨に関する公聴会

米証券取引委員会(SEC)のJay Clayton長官ら出席の下、フェイスブック主導のリブラを初めとする仮想通貨に関する米議会の公聴会が、米下院の金融サービス委員会主催で開催された。

本稿では、発言者ごとに異なる見解を示していることから、各登壇者ごとの発言要旨まとめていく。

米下院金融サービス委員会のMaxine Waters委員長

公聴会は、米下院金融サービス委員会のMaxine Waters委員長による「フェイスブックは、米ドルと競合するグローバルな金融システムを作ろうとしている」との手厳しい見方で始まった。議題が金融市場全体に広がる中、公聴会はリブラへの懸念を中心に進んでいった。

7月に行われた米国下院の金融サービス公聴会では、これまで国家主導の通貨発行における巨大金融ネットワークを、リブラ関連の数社が携わるという環境に対し、各国から重大な懸念が示されるなか、フェイスブックの仮想通貨責任者であるDavid Marcus氏は、「リブラは、米ドルのような法定通貨の役割を目指すものではない」と弁明している。

下院議員Patrick McHenry氏

仮想通貨市場については、規制を緩めるよう要請した議員もいる。

下院議員Patrick McHenry氏はSECに対し、規制のハードルを下げるように要請した。SECのコミッショナーRobert J. Jackson氏は、消費者や投資家に対して透明性を向上させる必要性に言及した。

SECコミッショナー Hester M. Peirce、Elad L. Roisman、Allison Herren Lee

「クリプト・ママ」ことHester M. Peirceコミッショナーは、「SECの仕事は、投資家の代わりに決断をすることではない」と懸念を表明。適度に規制を整備することの重要性を強調し、投資家、企業、他の規制機関と協力していくことが必要であると語った。

Elad L. Roisman氏もこれに同調し、「質の高い市場を提供することの方が優先だ」との考えを述べている。投資領域にも話題が及ぶ中、Allison Herren Leeコミッショナーはリブラについて、民間企業が私的に資金を集めていることを懸念していると説明した。

SEC長官 Jay Clayton

Al Green議員は、リブラの有価証券性について質問。Clayton長官は以下のように回答した。

 

利益を生まないものは有価証券に当たらないという考えは、少し単純化しすぎだ。この点についても多くの弁護士が時間をかけて精査している。

Jay Clayton長官は、ITやサイバーセキュリティにおけるSECの進歩を賞賛するする一方で、まだ重大なリスクを回避できるほどではないと警告。投資面については、現在よりも適合投資家が参加しやすいような市場にしていくという意志を示した。

また、現在の規制はデジタル資産には不充分であるという問題を指摘しながら、仮想通貨の可能性を支持すると説明している

一方で、リブラについては議員や規制当局側でまだ懸念が残っているようだ。

Brad Sherman議員は7月に行われた公聴会で、米ドルは極めて優秀な通貨だと前置きした上で、リブラは、マネーロンダリングや違法ドラッグの売買、テロ資金供与などの犯罪に利用される可能性があることを指摘した。

「リブラはまだ開発段階だが、仮想通貨に適切な経済圏はすでに構築できているのか」という質問に対しては、Peirceコミッショナーも懐疑的な反応を見せている。

「規制に関する懸念を払拭できるまでリブラをローンチしない考えを、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏やMarcus氏が表明しているが、懸念は全てフェスブックに伝えてあるのか」という質問に対してClayton長官は、「SECの中に専門チームを作って対策をしている」と回答。既にこの問題について重点的に動いていることを強調した。

CoinPostの関連記事

米SEC、米国債を含むバスケット型ビットコインETFの審査を開始へ
米SECはWilshire Phoenix社が申請中のビットコインETFに対する審査を正式に開始した。
リブラの開始目処に変更なし 2020年の開始へ規制当局との対話継続
リブラのローンチ日時が、これまでの予定通り来年2020年に据え置かれることがわかった。フェイスブック子会社「カリブラ」のCEO David Marcus氏が、規制当局への対応含め、プロジェクト進捗に変更はないと楽観的見解を示した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア