80万超の利用者に仮想通貨取引サービスを開始、米コインベース提携の投資会社

80万超のユーザーに仮想通貨取引サービスを提供
米最大手仮想通貨取引所コインベースが提携するSoFi社が、自社の80万人を超える利用者に対し、仮想通貨取引のサービスを開始。現時点の取引対象銘柄はBTC、ETH、LTCの3種類だが、今後増やす予定という。

80万超のユーザーに仮想通貨取引を提供

投資アプリを提供する米SoFi社が、80万人を超える利用者に対し、仮想通貨取引のサービスを開始した。米大手コインベースは流動性と価格のトラッキングサービスを提供する。

SoFi社のユーザーが現時点で取引できるのは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)の3銘柄。

仮想通貨取引サービス開始の理由についてSoFi社は、ユーザーから需要が高まっているとしている。SoFi社CEOのAnthony Noto氏は「ユーザーからの声で、多くの人が仮想通貨について学びたいだけでなく、実際に売買を行っていることが分かった」と説明した。

仮想通貨取引のサービスは、SoFi Digital Assets社を介して提供されている。取引の最低金額は10ドルで、1アカウントの最大取引額は1日5万ドル(約540万円)だ。取引に対し最大1.25%の手数料を課すが、この分は取引所が提示する市場価格に含まれているという。なお、米ニューヨークの住民は本サービスを利用できない。

数ヶ月後には仮想通貨の取引銘柄を増やす予定だ。SoFi社は現在仮想通貨の他に、株や上場投資信託(ETF)の取引サービスも提供している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら