CoinPostで今最も読まれています

BTC先物取引の開始、ビットコインの次のイベントは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

規制などの問題もあったが、仮想通貨やビットコインにとって2017年は歴史的な年
取引所ユーザー、ウォレットダウンロード数、SNS、グーグルサーチトレンド、取引総数、一日辺り取引数などの全てにおいて成長が見られました。
新規参入者や企業が入る
今後はビットコインの空売りとマイニングを利用し、利益化を図るテック企業が増えると思われます。

サトシ・ナカモト氏のホワイトペーパーが公開されて早9年、世界大手デリバティブ取引所であるCMEグループは、ビットコイン先物規制市場を発表しました。

これはビットコイン史上大きな瞬間であり、これほど仮想通貨の未来が有望だったことはありません。

ビットコインや仮想通貨にとって、2017年は素晴らしい年でした。

取引所ユーザーウォレットダウンロード数SNSグーグルサーチトレンド取引総数、一日辺り取引数などの全てにおいて成長が見られました。

これらの数値とビットコインの価格は共に上昇し、これほどにない多くの方がビットコインに関心を示しました。

しかし、多くの既存する取引所は問題なく運営することができていません。(CBOEのウェブサイトですら、ビットコイン先物取引開始後一時停止しました)

これらのサーバー停止の原因はDDoS攻撃ではなく、キャパ以上の取引数が原因です。

先物市場によってビットコインは従来市場に浸透し、ビットコインの将来性を疑う方や、それを詐欺だと批判する方(例:ジェイミー・ダイモン氏)が間違っていた事を証明します。

一方で、一部のビットコイン支持者はWall Streetに対して疑問を抱いています。

作家 Andreas Antonopoulos氏は、

『挑発的で不当利得なバンカーがビットコインを説明する際に‘合法性’という言葉を使うと吐き気がしてなりません。なかなか大胆な行為だと思います。』

と説明します。

今年のビットコイン成長にWall Streetが関係していない理由はいくつか存在します。

今年3月、Bats BZX取引所は『ビットコインの無法で、非流動的な特性』を理由にビットコインETFの申し込みをSECに断られました。

これによりかの有名なウィンクルボス兄弟の三年間の努力は無駄になりました。

規制者によって、過去にも何度かビットコインは取締の壁にぶつかりました(レジャーX ETF拒否中国仮想通貨市場取締など)。

それにもかかわらず、ビットコイン時価総額は9ヶ月のスパンで200億から3,000億ドル(2.27兆~34兆円)に上昇しました。

燃え上がるビットコイン市場

しかしWall Streetが仮想通貨市場に全く利益を与えないというわけではありません。

先物市場では、ビットコインを所有することなく、その“無規制(まだ規制が行き届いていない市場)”を利用し儲けを出せるため、投資家の関心は増えています。

一般の投資家にとって、ビットコインの現物を保有することは利益の反面大きなリスクが伴うため、先物を利用することには利点が存在します。

メディア報道と価格上昇はさて置き、今後も先物市場はビットコインに大規模な影響を与えるでしょう。

需要増加は、先物市場数を増やし、取引数増加に貢献するでしょう。

現在、15つのETFが審査中です。

ビットコインがETFとなる可能性とその影響
まず初めに、今までビットコインを取引していたのは個人投資家であり、機関投資家の存在はほとんどありませんでしたが、ビットコインETFという金融商品になること機関投資家でも取引できるようになり、新しいビットコインの形が誕生するでしょう。

これについてAntonopoulos氏は、

『トレーダーがサンドイッチを食べながら100億ドル(1.13兆円)取引をボタン一つで行なっている姿をみると、この市場がどれだけ小さいかわかります。今後取引量は増えていきますが、これは決して悪いことではありません。事実、これは変動を無くすための、はじめの一歩なのです。』

と述べます。

スケーリング問題と今年の熱気はビットコイン値の上昇に貢献し、5年間の下降傾向に終止符を打ちました。

先物規制市場および将来的なETFは今後大きな変化を与えるでしょう。

流動性向上、変動安定化などすべてが市場効率を上げ、最終的にビットコインはより優れた価値貯蔵そして取引手段となるでしょう。

知は力なり

ビットコイン変動は投資をする魅力的な要素ですが、洗練された投資家はある程度のビットコイン知識を学ぶことなく、投資を始めることはないでしょう。

ビットコインの複雑さを知るには時間幅広い専門知識(ほんの少しの信念)が必要です。

現在この“教育”期は進行中で、事実CFTC(米商品先物取引委員会)はビットコイン先物取引が開始される前日にオンライン情報ポータルを設立しています。

委員会の目的は大衆へのデジタル商品の教育です。

この研究・分析期間はより効果的な規制や仮想通貨市場内の資本配分に繋がるでしょう。

これまでビットコインに投資することは、大部分が闇雲でした。

よって、より深いビットコインの理解は、効率よく資産配分する市場に促進させ、イーサリアムのような仮想通貨のバリューループを普及させます。

先物市場が有益であるためには、原資産を所有するスペキュレーターヘッジャーの混合が必要です。

通常CMEが運営する市場は、トウモロコシ、麦など価格をから売りすることにより固定する農家と似ています。

  • ※スペキュレイター: 投機筋を指す。先物や為替などの取引でリスクをとって短期的な売買を繰り返し、積極的に利益の獲得を目指す投資スタイルを持つ。
  • ※ヘッジャー: 将来の相場の上下によるリスクを回避または縮小することをねらいとして、先物取引に参加する投資家

現在、ビットコイン先物市場の殆どはスペキュレーターが占め、ナチュラルセラー(売買を目的とするだけの投資家)が欠いています。

Interactive Brokers社では、リスクにとても敏感なため、取引を行うためには5倍の担保が必要です。

つまり10万ドルの契約に対し、トレーダーは50万ドルをマージンとして投資する必要があるのです。

Richard Heart氏は、

『ビットコインは過去何度も空売りでめちゃくちゃにされた』

と述べました。

改革

しかし、ビットコイン値をヘッジする能力は市場内のマイニングのなどのリスクプロファイルを変更します。

マイニング産業に参入を試みるリスクに敏感な企業は例外ですが。 世界最大仮想通貨10つのマイニングを始めると発表した後、Digital Power Corp.社の株価が750%上昇しました。

Digital Power社だけでなく、複数のテック企業はマイニング産業に参入しています。

ビットコインを空売りマイニング利益を“固定”する利点を踏まえ、これらの企業はリスクを大幅に削減することができます。

よってDigital Power社などの企業にとって、空売りする方法は非常に貴重です。

このトレンドが続けば、西洋のマイニング企業は現在80%が中国に存在するハッシュパワーを分散することができます。

しかし、現在ごく僅かの洗練された投資家だけがリスキーな現金や裁定取引を利用することが可能なので、その取引量が蓄積するにはまだ時間が必要です。

ハードフォーク、スケーリング、規制などの不安定要素が、今後もビートコイン市場の効率性を妨げることは間違いありません。

規制経済でビットコインが上昇した最も興味深い理由は、8年間の騒動、信念、保有を乗り越えたことです。

確実なのは、今後まだハードフォークがあることです。

After the Futures: The Next Chapter for Bitcoin

Charles Hayter Dec 23, 2017

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧