【後編】ビットコインがUSDに取って代わる外国為替媒介通貨として注目か/企業ブロックチェーンの可能性

中央銀行がブロックチェーン技術
2018年、三大中央銀行(連邦準備制度理事会イングランド銀行、および日本銀行)の内の一つがブロックチェーンを用いた通貨発行の準備の発表をするのでは、と予想されています。
2018年はブロックチェーン業界に企業が本格参入
仮想通貨界隈最大級のカンファレンスのConsensus 2018では、スーツ着用の参加者が多く見られることでしょう。

こちらの記事は後編となっています。前編はこちら↓

【前編】ビットコインがUSDに取って代わる外国為替媒介通貨として注目か/企業ブロックチェーンの可能性
ビットコインが為替媒介通貨に? ビットコインは世界で価値を持つ、為替媒介通貨として注目されており、アメリカ...
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

中央銀行がブロックチェーン技術に着目?

2018年、三大中央銀行の一つがブロックチェーンを用いた通貨発行の準備を進めていることを発表すると予想します

「三大」とは、大半の外国為替取引が行われている三大中央銀行(連邦準備制度理事会イングランド銀行、および日本銀行)のことです。

連邦準備制度理事会は時代遅れですが、イングランド銀行または日本銀行のどちらかが2018年、法制度の元、企業が利用できるよう、通貨をトークン化するでしょう。

企業バランスシート上に眠っている数千億にも及ぶ資産を自由にするということで、世界中の企業財務担当者はこれら「ビッグ・スリー」通貨のうち一つ(または二つ)を利用した即日外国為替取引を待ち望んでいるでしょう。

またイングランド銀行の調査部門は、2015年から仮想通貨に関して研究を行っており、現在独自仮想通貨の発行のための研究報告書の作成に取り組んでいると発表しています。

しかしいくらビットコインの強みが多いとしても、企業ブロックチェーンの前進が2018年内にビットコインを追い越すと思います。

事実を正直に受け入れましょう。企業ブロックチェーンの前進は遅いですが、ビットコインは時には破壊をもたらす可能性も秘めています。

私は2018年、分岐点となるような出来事が起こると思います。

企業ブロックチェーンプラットフォームが情報セキュリティ管理最高責任者(CISO)の審査を通り、メジャーな金融機関のファイアーウォール内に展開されると思います。

企業が稼働

Consensus 2018は「再びスーツ着用」が目立つカンファレンスとなるでしょう。

この仮想通貨ブロックチェーン最大級カンファレンスでの服装はその年の流行りをわかりやすく表します。

Consensus2015では観衆のほとんどがビットコインTシャツを着ていました

2016年銀行業者が参加し、背広服(スーツ)が多かったです。

そして2017年イーサリアムとICOのTシャツが独占しました。

企業ブロックチェーン業績がヘッドラインを独占し、出遅れた者は追いつこうと必死になり、そして企業財務担当者がひとまとめに参加するため、2018年は「再びスーツ」一色になると思います。

米国初のブロックチェーン上債券発行は2018年に実行される、と予想します。

米国初の企業レベルブロックチェーン発行証券は株式市場ではなく債券市場となるでしょう。

「保有可能」(間接的)形状の証券発行の法的規制が債券市場に適用されないため、最初のブロックチェーン発行企業証券は債券となるでしょう。

これは何年も前から予想されていたことであり、2018年はそれがついに実現すると思います。

しかし、エクイティを治める連邦証券法(DTCCのCede&Co.経由の間接保有を支持する)と州の企業法(株が株主自身によって直接保有されるべきだと考える)との間に起きるであろう衝突は2018年起きるかどうかはわかりません。

また、2018年が新たなブロックチェーンコンソーシアムは誕生しないでしょう。

2017年が新しいコンソーシアム誕生の年であれば、2018年は国際協力プロジェクトの年となるでしょう。

ブロックチェーンはネットワークでありため、よく知られた(卵が先か鶏が先か)解決のできない問題に苦しんでいます。

コンソーシアム結成が先でその後に計画か、それとも計画が先でその後にコンソーシアム結成か?現在コンソーシアムは様々な企業に渡って存在していますが、今の所はコンソーシアム内よりもコンソーシアム外の方が注目すべき出来事が起きています。

企業ブロックチェーン採用は生産において増加するタイプのユースケース(例えばデータ共有)を超えて発展し、変換型ユースケース(例えばブロックチェーン上でしか存在しない企業金融資産の管理)を含むようになります。

これにより、プラットフォームの質の違いに重点が置かれ、分散および変換型利益を提供するものとそうでないものが分離されます。

2018年、企業ブロックチェーンにおいて「持てる国」と「持てない国」の間に大きな差が生まれるでしょう。

2018年は強化の年になります。

2017年、ビットコインとブロックチェーン両方の採用が広まり、この分野は十分な発達段階に達しました。

2018年、両者はより丈夫になり、そして深みを増します。そして世界中の不動産所有者が喜ぶかもしれません。

Bitcoin or Blockchain? Bet That Both Will Thrive In 2018

Coindesk Dec. 29, 2017 by Caitlin Long

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用