「ビットコイン8000ドル以下は、ドルコスト投資法による買い増しがベスト」仮想通貨ファンド創設者

BTC8000ドル以下は、ドルコスト投資法がベスト
仮想通貨投資プラットフォームLunarの創設者は、「ドルコスト平均法」で一定額ずつ買い増しを戦略がベストだと言及した。底値は読めないが、将来的な値上がりが見込める金融商品に対して有効な投資法となる。

BTC8000ドル以下は、ドルコスト投資法がベスト

仮想通貨投資プラットフォームLunarの創設者Joel Birch氏は、Forbesのインタビューに応じ、「ビットコイン価格が、6,000ドル、4,000ドル、あるいは3,000ドルに達するかどうか(底値は)は定かではないが、いずれにせよ8,000ドル以下は買い場と考えている。」

同氏は、2020年5月のビットコイン(BTC)半減期に向けて価格上昇を見込んでおり、”ドルコスト平均法”で買い下がることが、最善の戦略だと言及した。

「ドル・コスト平均法」とは、価格変動のある金融商品を一気に購入するのではなく、一定額ずつ機械的に分割購入していく方法だ。下落トレンド時には、平均取得価額を抑えつつ枚数を増やすことができるメリットがある。

Birch氏は「最終的に20,000ドルを超えると信じている」と言及した。昨年末に3,000ドルまで下落したビットコイン(BTC)は、今年4〜6月にかけて上昇トレンドに回帰して6月末には14,000ドルを付ける場面もあった。しかし、7月以降は大幅下落。10月下旬時点で7,400ドル前後まで値を下げている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します