タイの物品税局、税金還付システムにブロックチェーン導入へ

タイ物品税局がブロックチェーン活用へ

タイの物品税局は、石油輸出企業に税金を還付するシステムに、ブロックチェーンを導入する準備をしている。

現在クルンタイ銀行とシステムを開発しており、2020年中期までの導入を目指すと、現地メディアBangkok Postが25日に報じた

物品税局長は、ブロックチェーンを導入したシステムは、納税を入念に監査できると語っている。現在のシステムでは、免税のために石油輸出企業に書類を提出してもらうが、その点検を細かく実施できていないという。

ブロックチェーン技術を活用すると、精製所から貯蔵庫、輸出国に至るまで、石油輸出企業のデータにすばやくアクセスできて、迅速に確認も行えるようになる。また正確性も増し、返金のプロセスが3倍も速くなる上、課税の漏れも減らすことができると期待されていると、別の局員が語っている。

税金の還付は、物品税局とクルンタイ銀行が計画するブロックチェーンプロジェクトの1つに過ぎない。他にも、インターネットバンキングシステムや酒税・タバコ税の支払いへの導入を検討している。

タイでは昨年、歳入局が付加価値税の還付申請詐欺を防止しようとブロックチェーン技術の導入を検討していると報じられた


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら