CoinPostで今最も読まれています

赤十字社、「現地仮想通貨」でコミュニティの経済活動を支援

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

赤十字社のブロックチェーン動き

ケニアの貧困地域経済振興のため、ノルウェー、デンマークおよびケニアの赤十字社は、ブロックチェーン技術を利用した新たな信用取引システムの開発に着手している。ロイター財団ニュースが報じた。

貧しい農村や貧民街の住民が経済活動を行う上で直面している問題の一つに、モノやサービスを円滑に取引するための現金不足と信用取引を支える合理的なシステムの欠如がある。

 

農産物から労働力まで、商品やサービスを提供する売り手には事欠かない一方、その購入のために十分な現金を持っている買い手が少ないため、生産性の向上には結びつかず、経済活動が活発化しないという。

また、物々交換にしても取引を効率よく記録保存する方法がなく、貯蓄や借金に関しても、依然として紙片に記録したものをただ単に鍵のかかる箱に保管しておく程度だとのこと。

赤十字社が今後2年間にわたって展開するこのプロジェクトは、ブロックチェーンベースの「現地仮想通貨」として流通する信用取引システムを、このようなコミュニティに提供することで、現金不足から生じる問題を解消し、地域経済を活性化しようとする試みだ。

赤十字社は毎年、現金もしくはバウチャーという形で災害救援または経済振興の対象となるコミュニティに、年間10億ドル(約1090億円)の支援金を拠出しているが、ブロックチェーンを利用したシステムに置き換えていくことによって支援金を配布する方法の改善も目指している。

ブロックチェーンで新たな「信用経済」を創造

この新しい「信用取引」システムでは、労働力・サービスの提供や商品販売の対価として、ブロックチェーンに記録されたデジタルクレジットである「現地通貨」が、スマートフォンアプリを介してユーザーに支払われる仕組みとなっている。

 

そしてこの「現地通貨」は、ユーザーがコミュニティ内で商品やサービスの支払いに使うことができる。

赤十字のブロックチェーンプロジェクトは、すでにケニアとエチオピアの一部で試験運用済みだが、「現地通貨」として使えるクレジットはユーザーの居住する地域内での取引に何度も使用され、貧困に苦しむ地域の経済活性化に大きく貢献しているという。

このシステムはケニアで成功を収めたモバイル送金サービスM-Pesaと類似しているが、法定通貨を介さずに取引ができる点が強みだとデンマーク赤十字社のAdam Bornstein氏は述べている。

まずはケニア国内で支援を拡大していくが、今後2年間の間に、マラウィ、ジンバブエ、カメルーン、ミャンマーそしてパプアニューギニアへとプロジェクトを展開していく計画で、32万人のユーザーへの支援を目指しているという。

貧困コミュニティの自給自足による自立を促す支援

赤十字社の同プロジェクトをはじめとする地域通貨の開発を行うGrassroots Economics財団創設者のWill Ruddick氏は、ブロックチェーンベースの交換システムは、世界中で開発支援や災害復興援助の方向性を変革する可能性を持っていると述べている。

ブロックチェーンを使用することで透明性が向上し、またほぼリアルタイムで援助がどのように活用されているかを把握することもできるため、必要に応じて援助内容の調整を行うことも可能だ。

また、貧困に苦しむコミュニティにおいて経済が拡大することは、若者の雇用を創出したり、教師の流出を防ぐなど様々な恩恵が期待できる。

またコミュニティに留まった教師が、家賃や生活費に地域通貨を使用することで「回復力のあるサイクル」が作り出されるが、このような価値の循環ループは、経済の重要な基盤であるとRuddick氏は述べ、次のように忠告している。

このようなループがない場合、コミュニティが築き上げられないため、赤十字社は結局3年ごと慢性的な支援を行うことになってしまう。

貧困地域の経済的自立を促す赤十字社のブロックチェーンプロジェクトの今後に期待したい。

参考:ロイター報道

CoinPostの注目記事

仮想通貨個人退職口座の米Bitcoin IRA、事業規模で1000億円を視野 「市場の未来に楽観的」
仮想通貨の年金積立サービスを提供する米Bitcoin IRAの最高執行責任者が、仮想通貨市場の未来を楽観的に見ていると発言。同社の取引規模も10億ドル(約1090億円)に達すると語り、その根拠を明示した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧