CoinPostで今最も読まれています

多くの仮想通貨は予想以上に中央集権である

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の現状
ブロックチェーンは、非中央集権化を実現させる技術であると通説されていますが、現状では中央集権的な仮想通貨が多く存在しています。この記事では、台帳の分散化及び、開発リーダーの特性から非中央集権度を測っています。
中央集権的である理由
未だ中央集権的な仮想通貨が多いのは、マイニングパワーやノード不足問題などが原因として挙げられます。
非中央集権化
中央集権的な仮想通貨は、規制が行われた際に真っ先に廃止される恐れがあると言います。よって、非中央集権化への取り組みは、今後の仮想通貨業界で大きな課題となるでしょう

仮想通貨の最大の特徴といっても過言ではないのがその非中央集権としての特性です。

peer-to-peer(P2P)通信による通貨機能、トラストレスな通貨交換が革新的な技術により実現されています。

では、なぜ多くの仮想通貨が中央銀行のように構成されているのでしょうか。

ウォレットの残高調整からノードの管理に至るまで、多くの仮想通貨プロジェクトは、本来は仮想通貨が取って代わる対象のはずだった金融機関と同じように機能しているのです。

多くのアルトコインがPaypalやVisaなど既存の決済サービスとの差別化を図れていないように感じます。

仮想通貨の中央集権

「非中央集権」という言葉は、Satoshi氏のホワイトペーパー原文にも記載されておらず(「ブロックチェーン」という言葉も記載されていない)、ビットコイン及び、その後継者であるアルトコインの開発者によって名付けられ、定着していきました。

しかし、デジタル通貨が本質的に非中央集権化されるには、2つの条件があります。

それは検閲にも強いこと、そしてプロジェクトリーダーから干渉されないことです。

もし通貨の価格がプロジェクトリーダーの生死によって左右されるのであれば、それは非中央集権化されていないと言えます。

同様に、その速度とスケーラビリティが中央集権的なノードによって保証されているのであれば、非中央集権化されているとは言えません。

その定義からすると、上位20仮想通貨の多くが基準を満たせていないことになります。

一部の通貨は「将来的な非中央集権化」に向けて、ある程度基盤ができてから開発者は手を引くことを念頭に入れています。

しかし、一方多くの通貨では、51%攻撃を防ぐためのノード数、または、マイニングパワーが足りていないのです

以下に記述するのが、世界の主要仮想通貨のノード及び、開発リーダーの重要度という観点から見た非中央集権に対しての評価です。

台帳の非中央集権性権力の分散度という2つの指標を評価に導入し、スコアが小さければ小さいほど、その通貨は中央集権化されていると言えます。

ビットコイン

台帳の非中央集権性:9

権力の分散度:10

ビットコイン・ネットワークには、約12,000ものノードが存在し、その数は2017年だけでも2倍以上になりました。

各ノードは、ネットワークを記録し、取引を承認し、公開台帳の拡大に貢献しています。

ドイツからロシア、そして、ナイジェリアやアメリカまで、フルノードは世界中に存在しており、そのマイニングパワーは20exahash/秒を超え、ビットコインはインターネット上で最も非中央集権化されているブロックチェーンの一つであると言えるでしょう。

ここで一つ懸念があるとすれば、マイニングパワーの70%程が中国のマイニングプールによって占められていることですが、巨大なマイニングファームが北アメリカやヨーロッパで台頭してきていることを考慮すると、この懸念は近いうちに解消されると考えられています。

リーダーの重要度という点においても、ビットコインは極めて非中央集権化されています。

もしSatoshi Nakamoto氏が名乗り出て権力を誇示してきても、ビットコインをもはや一つの実体としてイメージすることは困難なのです。

イーサリアム

台帳の非中央集権性:8

権力の分散度:3

イーサリアムで使用されている公開台帳は、26,000以上の取引承認を行うノードによって極めて非中央集権化されています。

Cornell大学の研究から、イーサリアムはビットコインよりも分散されていると報告されています。

しかし、これはイーサリアムがビットコインよりも非中央集権化されていることに直結するという訳ではありません。

イーサリアムは現時点で、proof-of-stake(以下、PoS)への移行期にあります。

この移行は、有益である一方で、このアルゴリズムはproof-of-work(以下、PoW)よりもセキュリティの面で劣るという難点もあるのです。

PoWは、マイナー達が各取引を実際の作業量で承認するので、ネットワークで不正を働かすのは極めて困難です。

しかし、PoSモデルでは、不正を行うのが理論的にはPoWよりは比較的容易であると言えます。

さらに、合意形式を除くと、イーサリアム最大の欠点と呼ばれているのが、その中央集権的なリーダーシップです

このプラットフォームが継続して成功を収め続けているのは、シンボル的にも、また技術的な面でも、Vitalik Buterin氏の存在が寄与する部分が極めて大きいです。

さらに、何か予期せぬことが起きた場合、ブロックチェーンを巻き戻し、フォークを行い、またスタートさせるという行動を取ることもできるのです。

ビットコイン・キャッシュ

台帳の非中央集権性:7

権力の分散度:8

ビットコインコアと同様に、ビットコイン・キャッシュはハッシュレート及び、1200を超えるフルノードの数を考慮すると極めて非中央集権的であると言えます。

ビットコイン・キャッシュはビットコインの10%程のノードしか存在していませんが、非中央集権化の基準という側面から見ると、全ての基準を満たしていると言っても過言ではありません

リーダーシップという側面から見ても、ビットコイン・キャッシュを支持している著名人はいるものの、いわゆるCEOのような存在は、Rick Falkvinge氏が冗談で主張しない限り存在しません。

リップル

台帳の非中央集権性:2

権力の分散度:1

多くの銀行がXRPを使用することにあまり関心がないように見えますが、リップルは国際的な銀行で一つのツールとして使用される可能性を秘めています。

しかし、この通貨は非中央集権的な仮想通貨とは言えないでしょう。

1000億XRPは全て2012年にRipple Labにて発行され、未だ多数がリップルによって管理されています

さらに、リップルのゲートウェイ(認可された取引所など)が顧客アカウントを凍結させる権力をもつことや、分散されたノードの欠如を考慮すると、リップルはこのアルトコインのリストの中でも、極めて容易に停止させることができるのです。

アイオタ

台帳の非中央集権性:1

権力の分散度:1

アイオタに関してはどこから話せば良いのでしょうか。

これは、荒く気まぐれなCEOに依存しているプロジェクトで、その倫理観はリップルを洗練されたもののように感じさせます。

アイオタ・ネットワークは、勘定残高を変更したり、開発者達がバグを取り除いている間サービスを止める権威を持ち合わせる”コーディネーター”によって管理されており、現在、非中央集権に向けてこのコーディネーターを排除しようと論議されていますが、David Sønstebø氏はこの権力を簡単には手放さないでしょう

この本部が子午線上に有る限り、アイオタは極めて中央集権的であると言えます。

その他の上位仮想通貨

ライトコイン

台帳の非中央集権性:7

権力の分散度:3

14,000以上のノードによってブロックチェーンが安全に保たれていますが、強力なリーダーであるCharlie Lee氏の存在が強力であることから、リーダーの分散化は図れていないと言えるでしょう。

モネロ

台帳の非中央集権性:5

権力の分散度:5

Riccardo Spagni氏は力強いモネロの創業者です。

しかし、そのプロジェクトは彼が関与せずとも成り立ち、2,500以上のノードによって支えられています。

ステラー

台帳の非中央集権性:3

権力の分散度:2

基本的にはリップルの簡易版から、ゲートウェイによる凍結権限を差し引いた通貨です。ステラーには、良い面もありますが、非中央集権的ではありません。

ネオ

台帳の非中央集権性:2

権力の分散度:3

中央集権という観点からすると、ネオはリップル及び、アイオタと同様であると言えます。

現在、会社外から3つの新たなノードを立てる計画(既存の7つのノードは全て会社によって管理されている)があるようですが、そのことを考慮してもネオは非中央集権的とは言えません。

さらに、管理者はNeoのシステムによってネットワークの稼働時間をコントロールする権限を正式に与えられており、これは仮想通貨の本来の目的にそぐわないとされています。

そして、2017年の10月にネットワークが閉鎖され、”手動の点検”が入ったことからネオは数時間の間オフラインになりました。

停止スイッチがあるブロックチェーンはもはやブロックチェーンとは呼べません。

非中央集権化の行き着く先

上位20仮想通貨に含まれ、上記に記述されなかった仮想通貨についても調べて見ると良いでしょう。

恐らく、ここで挙げた通貨と同じように、非中央集権実現のためのマイニングパワー及び、ノードが不足していることや、開発リーダーの重要度が高いことがわかると思います。

このような通貨に投資することも、利益を得ることも、peer-to-peer(P2P)で送金することも可能ですが、もし政府などが仮想通貨を規制し続けたとしたら、最初になくなるのは極めて中央集権的な特性をもった仮想通貨となるでしょう。

規制をコントロールするためには、中央集権的存在は極めて不都合なものにならざるを得ません。

全てを非中央集権化させることで、仮想通貨は堅牢性も保たれ、正しい人の手に渡るようになるのではないでしょうか。

Most Cryptocurrencies Are More Centralized Than You Think

Jan 26, 2018 by altcointoday.com

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア