国家安全保障局(NSA)が仮想通貨の匿名ネットワークに潜入?

国家安全保障局(NSA)が仮想通貨TorのVPNに潜入
米軍と国家安全保障局(NSA)が協力して、Torの内部情報を探っていた疑いがあります。
写真の文書の信憑性について
今後も仮想通貨の秘密取り調べ部隊を稼働させることが今回漏洩した文書にはっきり述べられている以上、何を目的に取り調べが行われているのか、そもそも取り調べが行われていることが事実なのか、明確にすべき点が多数あります。

2017年8月21日付の米軍サイバー保護団体からの漏洩の事実が4chanの画像掲示板に更新された写真から明らかになりました。

写真の文書には、米軍が国家安全保障局(NSA)と協力してTor(匿名ネットワーク)、I2P(匿名化されたネットワークを構成するソフトウェア)、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)の潜入に成功したと綴られています。

今後も仮想通貨への調査を行う上で、更なる資金提供の必要性も綴られていました。

漏洩文書が出回り、プライバシーが損なわれていることも明らかに

“Tor I2P VPNへの潜入の成功”と書かれた文書の写真は4chanの画像掲示板を通し漏洩しました。

アメリカ国防総省の印が入った文書は、おそらく国家安全保障局(NSA)からのものだと言えるでしょう。

文書には、以下のように綴られていました。

「集合点のない通貨を複製することはできない。さらなる取り調べが必要な隠密ウェブサイトやリング署名が増え続けている」

Onion Router (Tor)、Invisible Internet Project (I2P)、Virtual Private Networks (VPNs)などのオンライン活動を隠蔽することは、軍政府や法執行機関の潜入によって侵害されてきたと長い間考えられていました。

しかし、実際にそれが事実であること証明するものを見つけることが大変でした。

この写真が本物のように見えるが、これが本物か疑う心も大事だということは忘れてはいけません。

誰がこの漏洩を望んでいたのかは不明確のままです。

どちらにせよ載せられた写真は、明らかに公式文書と思わざるを得ないだけでなく、右側には国防総省の職員のものとみられる身分証名カードも写り込んでいます。

漏洩事件では、隠された重大な暗示となるようなものが写真に残されているケースが多々あります。

今回のケースでは、隠された事実は未だ明白ではないが、実は暗示になるものは案外わかりやすいところに隠されているケースも多いのです。

他に理にかなった点としては、仮想通貨業界を恐怖に陥らせようする試みかもしれないということです。

こうすることで今回の写真の目的を簡単に陰謀することができるからです。

プライバシー問題の解決策の使用を制限するには、マキャヴェリ主義のような考えを利用して恐怖、不確実性、懐疑性を多くの人々の間で広めることです。

「彼らはモネロの創設者と話したみたいですね。しかもその創設者は、ほとんどのモネロの開設者が今回の事実を認めるだろう、とコメントしたみたいです。私自身は何も聞いてないので、鵜呑みにする気はないですがね」

古いようで新しいニュース

文書の最初の行には、 “仮想通貨反対企画の国家安全保障局(NSA)とサイバー保護チーム(CPT)合同第二部隊はさらなる支援が必要” 、と綴られていました。

国家安全保障局(NSA)とサイバー保護チーム(CPT)は支援方法として、“7月の部隊内の最新情報で、GWOTと薬物禁止目的のための緊急雇用と資金支援を要求する”と開示しています。

グローバル・ワー・テラー(GWOT)は、20年近く侵略的軍事と法執行措置を口実に活動を続けていました。

今回のケースはDeep Dot Webなどのニュースサイトで速報として取り扱われる可能性がある一方で、この写真はSteemitやVeekly、Warosuではすでに5ヶ月前からニュースとして取り上げられていたのです。

最後の文で“CPTの軌道を戻すには、匿名通貨で利用できるCrypto Noteコードに精通している人物を探し出し新たな職員として 雇う必要がある” と強調されている以上、この文書が、本物かどうかを分析する価値は大いにあると思います。

Crypto Noteは、Bytecoin(BCN)、Monero(XMR)、Karbo(KRB)、Boolberry(BBR)などの私的なトークンのアプリ層のことです。

Crypto Noteは、パイプライン化が難しいメモリバウンド機能を使用しています。

私用のインターネットの監視と追跡を任せられている機関は、仮想通貨の需要が上がる今、Crypto Noteに関して外部の助けが必要かもしれません。

そのことについて関連機関は、様々な政府機関が安全判断面に関してどのように考えているのかについて議論するかもしれません。

Deep Dot Webは、“匿名のMonero開発者”と連絡を取ったと述べています。

開発者は以下のように述べたとのことです。

「ほとんどの開発者は漏洩されたものが本物であると確信しています。かつて米軍に在籍していた何人かの人も文書は本物であると確信しています。文書内容に疑う余地はない」

また、“現在米軍勤務中の人によると、文書内容は真実である”と証言を受けています。

Leaked Document Appears to Show NSA Infiltrated Cryptos, Tor, VPN

February 2, 2018 by Edward Kelso

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加