CoinPostで今最も読まれています

「ビットコイン採掘は無意味に電力消費」に反論も 仮想通貨マイニングの持続可能性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイニングは無意味に電力消費するという主張

ビットコイン電力消費指数などを分析する企業Digiconomistの創設者であるAlex de Vries氏は、英国メディアThe Telegraphのインタビューで、ビットコイン(BTC)マイニングで消費される電力について厳しい評価を行った。

de Vries氏によると、1回のビットコイン取引は、英国においてYoutubeで5万2043時間のビデオストリーミングを供給するのと同じだけの電力を消費するという。

また、マイニング装置の98%は、BTC取引を検証することはなく、結果として莫大で非生産的な電力消費をもたらすと主張。計算を行うための、より優れたマシンが次々誕生するために、「ビットコインマイニングマシンの平均寿命は1年半」というサイクルでマシンが入れ替わる無駄も生じていると説明した。

マイニングマシンの98%は稼働中、報酬を受け取る取ることができない状況で無駄に電力を浪費、熱を発生さ続けている

一方、de Vries氏の見解には業界メディアらから問題点も指摘されている。例えば、新しいブロックの生成に成功しなかったマイナーは無意味にエネルギーを浪費しているとの主張については、これはマイニングプールのダイナミクスを考慮していない考え方で、大きなハッシュパワーがビットコインネットワークのセキュリティにもたらす利点を無視していると主張した。

再生可能エネルギーで「持続可能」なマイニング

de Vries氏の計算は、Digiconomistのビットコイン電力消費指数(BECI)から導き出されたもの。同指数に基づく計算では、ビットコインの電力消費は最近記録的な最高値に達しており、年間約毎時77.78テラワットで、チリ全体が消費した電力とほぼ同じであるという。

この消費電力についても、異なる分析結果も存在する。仮想通貨投資会社Coinsharesが、BECIが作成した数値と矛盾するレポートを公開。マイナーが消費する電力をDigiconomistの約半分と推定した。Coinsharesの2018年のレポートによると、ビットコインマイニングの大部分は安価な再生可能エネルギー、特に水力で賄われている。

また、同社の2019年12月のレポートでは、ビットコインネットワークの電力に使用される電力の73%が再生可能エネルギー源であり、その3分の2が中国にあると推定している。中国は豊富な水力発電によるマイニング工場で知られている。

仮想通貨支持者のAndreas Antonopolousは、この点について、再生可能エネルギーで生産された電力は他の用途にも使用できると述べる。

風力、太陽光、水力などを発電に用いる場合、装置は風や日光がある限り電力を生産するが、化石燃料を無駄遣いしているわけではない。また、余剰電力を貯蔵して他の用途にあてられる可能性もあると同氏は論じている。

多くのマイニング企業は現在、米国のテキサス州に旗艦施設を設立する動きを見せているが、テキサス州は風力発電が盛んであり、もし国だと仮定すると世界第5位の風力発電国となる。

「持続可能なマイニング」を掲げて2018年に立ち上げられ、急速な成長を遂げるNorthern Bitcoin社も、テキサス州の安価な風力発電による電力を理由として、同州100エーカー(約40万5000平方メートル)以上のエリアで1ギガワットの発電容量を可能にする施設を建設中である。

同社は、費用効率が高く再生可能エネルギーに基づいた独自の最先端のマイニングハードウェアと、自社開発のマイニングプールを有している。テキサス州のマイニング施設が建設完了するのは2020年第4四半期になる見込みだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧