世界初、日本の開発企業ステイクがサブストレートデリバリーパートナーに認定

パブリックブロックチェーンの利用を推進

日本のブロックチェーン開発企業ステイクテクノロジーズは3日、サブストレートデリバリーパートナープログラム(Substrate Delivery Partners program)の初期メンバーに認定されたことを発表した。

本プログラムへの参加が認定された企業は、ステイクテクノロジーズが世界初の事例となる。今後の活動として、プログラムを主導する英ブロックチェーン開発企業パリティテクノロジーズのソフトウェアと、両社が共同開発するブロックチェーンを企業に実装し、実証実験や商用開発を加速させるという。パブリックブロックチェーンを利用した取り組みを協働して推進することが目的だ

パリティテクノロジーズは、イーサリアムの共同創業者で技術基盤を構築したGavin Wood氏と、イーサリアムの初期のコアメンバーであるJutta Steiner氏が設立した企業。現在最も力を入れているのが、次世代のパブリックブロックチェーンと呼ばれるPolkadotの開発だ。

関連米コインベースカストディ、Polkadotの仮想通貨に対応へ

それに加え、オープンソースプロジェクトであるSubstrate(サブストレート)の開発も主導している。Substrateはブロックチェーンを作成するためのフレームワーク。ユースケースに合わせてブロックチェーンをカスタマイズすることができるため、今後IoTや金融など様々な業界で利用されることが期待されている。

今回サブストレートデリバリーパートナープログラムにステイクテクノロジーズが参加することが認められたのは、このSubstrateの開発に対する貢献と実績が高く評価されたためだという。本プログラムへの参加で、ステイクテクノロジーズには以下の3点が認められる。

  • ビジネスでパリティテクノロジーズのロゴ及びブランドを使用できる
  • パリティテクノロジーズの技術を実装する際にリソースとサポートが提供される
  • 関与する企業の実証実験等をパリティテクノロジーズが世界的に広報・マーケティングしてくれる

参考資料 : ステイクテクノロジーズ

CoinPostの注目記事

大型プロジェクトPolkadot、仮想通貨Chainlinkのオラクル機能統合へ
Polkadotは、仮想通貨Chainlink(LINK)のオラクル機能を統合する予定であることを発表した。分散型オラクル導入によって、分散型金融やdAppsなどの非中央集権ネットワークのユースケースの拡大が期待される。
イーサリアム共同設立者「信用ではなく真実が必要だ」|Web3.0、Polkadotの構想を語る
イーサリアム共同設立者ギャビン・ウッド氏へ取材を行い、現在同氏が取り組んでいるWeb3.0やPolkadotなどのプロジェクトに抱く想い、構想を伺った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用