CoinPostで今最も読まれています

ライトコインキャッシュとビットコインキャッシュの性質の違い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトコインとライトコインキャッシュ
ライトコイン創作者Charlie Lee氏はライトコインキャッシュを「詐欺」と主張しています。
ライトコインキャッシュとビットコインキャッシュの違い
二つの違いとして、ビットコインキャッシュが競争的な技術展望をもつ人からの支持を集めたのに対し、ライトコインキャッシュにはそのような強い観念形態はないようです。
本物とフォーク
有名な仮想通貨の名前を使った「詐欺」フォークが増えているため、気をつける必要があります。

Be careful out there! (気を付けなさい!)

ライトコイン創作者Charlie Lee氏がライトコインキャッシュ実装に対して上記のようにツイートしました。

ライトコインキャッシュは総価値5位のライトコインのコードおよび取引履歴を用いた来週末実装予定のスピンオフです。

Lee氏は、そのプロジェクトを「詐欺」と呼び、ユーザーに「騙されるな」と伝えました

ライトコインキャッシュ開発者はライトコインプロジェクトとはつながりがなく、特に競争相手として見ていないと自身で認めているため、Lee氏の厳しいコメントに驚いた方もいるかもしれません。

他のプロジェクトが「フォーク」するとき同様、ライトコインキャッシュの開発者は、現存するコードベースを用いて新たなより良いオンライン取引の形を作りたいことを主張しています。

さらに、ライトコインの基礎をなすマイニングアルゴリズムをビットコインが使用するものに変えることで、放棄された古いマイニング機器をリサイクルできると考えているようです。

しかしそれが動機であると開発者が主張しても、ユーザーは「無料」のお金にしか興味がないようです。

すでに消費者に優しい取引所では購入者が殺到し、ライトコインの価格が上昇しています

なぜならフォークの仕組み上、フォーク時にライトコインを所持しているユーザーには自動的にライトコインキャッシュが与えられるからです。

「ライトコインキャッシュ」という名前はフォークの波を巻き起こした「ビットコインキャッシュ」を意識しているのでしょう。

ライトコインキャッシュの開発リーダーTanner氏はより多くの注目を引くためにそのような名前をつけたと認めています

彼はCoinDeskに対し以下のように述べました。

「どのコインでもコミュニティ関与が成功の鍵です。人にとって、『すでにそれを所持しているようですね。では、我々がやっていることも見てみませんか?』というのは良い出発点です。」

そしてライトコインキャッシュはコインの無料配布を、ビットコインよりも良いコインを作るきっかけにしたいようです。

二つの「キャッシュ」プロジェクトは異なります。

ビットコインキャッシュが競争的な技術展望をもつ人からの支持を集めたのに対し、ライトコインキャッシュにはそのような強い観念はないようです。

討論がない

はじめに、ビットコインキャッシュはビットコインコミュニティの長年の討論の末に実装されました

2017年夏、ビットコインキャッシュユーザーおよびマイナーはフォーク界の開拓者となりました。

人々が実際に使用するようなコインの作成に成功するかどうかは不明でした。

開発者が望んだように、現状ではビットコインに取って代わることは出来ていないのですが、その独特な技術ロードマップを支持するコミュニティーを作り上げたことで、今では時価総額4位の仮想通貨となりました。

ライトコインキャッシュにはそのような歴史はありません

そのためLee氏同様、ライトコインユーザーはライトコインキャッシュがビットコインキャッシュのように論争を解決するとは思っていません。

また、ライトコインキャッシュはそのような主張もしていません。

しかし、Lee氏はライトコインキャッシュがライトコインとつながっていないとしてもユーザーが混乱してしまうことを心配しています

Lee氏はCoinDeskに対し以下のように述べました:

「ライトコインがスプリットすると勘違いする人がでてきます。ライトコインコミュニティーはスプリットするつもりはありません。彼らは迅速な収入を得ようとしているだけです。そして『ライトコイン』を名前に入れることで合法性を得ているだけです」

Lee氏はライトコインコミュニティーにおいて、ライトコインキャッシュが実行しようとしているマイニングアルゴリズム(sha256)についての討論を見たことがないと述べました。

誰もライトコインをsha256にフォークしたいとは思いません。馬鹿げています」

Tanner氏は以下のように述べました。

「もちろん、その混同は理解できます。『詐欺』だと呼ぶ人も理解できます。

私はLee氏が自分のプロジェクトとコミュニティーを守ろうとすることは全く正しいと思います。

彼の気が変わる期待はしていませんが、最終的に我々が人々に安全を教えようとしていることを認めてほしいです」

しかし、ほとんどのユーザーは無料のお金目当てのようです。

ライトコインキャッシュTelegramチャットグループで一人のユーザーが以下のように述べました。

それが本物であれ、詐欺であれ、我々は無料コインが欲しくてフォークを望んでいるだけです

フォーク執念

Lee氏のコメントは大規模なフォーク反対の一部でしかありません。

彼が述べたように一つの理由はブランドの混同です。

すでにビットコインのフォークは「本物」とつながりがなくても「ビットコイン」という名前を用いています

最近一人の開発者が、新規ユーザーの「混乱を減らす」ためにビットコインの名前を利用したプロジェクトを訴えることを提案しました。

この考えは流行しませんでしたが、フォークに対する一般的な懐疑および開発者が状況を全く管理できてないことを証明しています。

ライトコインキャッシュは名前にライトコインを入れている理由が、単にそれが最近の一般的な手法であるからだと主張しました。

Tanner氏はこのように述べています。

「ビットコインのフォーク時期を知っている人であれば、『ライトコインキャッシュ』と聞いてライトコインのフォークであることをすぐに理解するでしょう」

そして以下のコメントを付け加えました。

「確かにこの名前を利用して騒ぎを起こそうと考えたことは否めません」

最近多くのメディアから注目を集めているため、うまく出来たと言えるでしょう。

Tanner氏は他に現れるであろうライトコインのフォークよりも際立つ存在でありたいようです。

「我々の後にみなさんを混乱させ、だまそうとするフォークが現れるでしょう」

Lee氏はライトコインキャッシュに価値があることに納得していません。

私の中ではライトコインを傷つけるただの詐欺です

No, Buying ‘Litecoin Cash’ Isn’t the Same as Buying Bitcoin Cash

Feb. 16, 2018 by Alyssa Hertig

参考記事はこちらから
ライトコインニュース一覧
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルを訪問し、街での買い物や地元民との交流を元に執筆された、ビットコイン研究所の練木照子氏による寄稿記事。エルサルバドルにおけるギャング対策について言及。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧