CoinPostで今最も読まれています

ライトコインキャッシュとビットコインキャッシュの性質の違い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトコインとライトコインキャッシュ
ライトコイン創作者Charlie Lee氏はライトコインキャッシュを「詐欺」と主張しています。
ライトコインキャッシュとビットコインキャッシュの違い
二つの違いとして、ビットコインキャッシュが競争的な技術展望をもつ人からの支持を集めたのに対し、ライトコインキャッシュにはそのような強い観念形態はないようです。
本物とフォーク
有名な仮想通貨の名前を使った「詐欺」フォークが増えているため、気をつける必要があります。

Be careful out there! (気を付けなさい!)

ライトコイン創作者Charlie Lee氏がライトコインキャッシュ実装に対して上記のようにツイートしました。

ライトコインキャッシュは総価値5位のライトコインのコードおよび取引履歴を用いた来週末実装予定のスピンオフです。

Lee氏は、そのプロジェクトを「詐欺」と呼び、ユーザーに「騙されるな」と伝えました

ライトコインキャッシュ開発者はライトコインプロジェクトとはつながりがなく、特に競争相手として見ていないと自身で認めているため、Lee氏の厳しいコメントに驚いた方もいるかもしれません。

他のプロジェクトが「フォーク」するとき同様、ライトコインキャッシュの開発者は、現存するコードベースを用いて新たなより良いオンライン取引の形を作りたいことを主張しています。

さらに、ライトコインの基礎をなすマイニングアルゴリズムをビットコインが使用するものに変えることで、放棄された古いマイニング機器をリサイクルできると考えているようです。

しかしそれが動機であると開発者が主張しても、ユーザーは「無料」のお金にしか興味がないようです。

すでに消費者に優しい取引所では購入者が殺到し、ライトコインの価格が上昇しています

なぜならフォークの仕組み上、フォーク時にライトコインを所持しているユーザーには自動的にライトコインキャッシュが与えられるからです。

「ライトコインキャッシュ」という名前はフォークの波を巻き起こした「ビットコインキャッシュ」を意識しているのでしょう。

ライトコインキャッシュの開発リーダーTanner氏はより多くの注目を引くためにそのような名前をつけたと認めています

彼はCoinDeskに対し以下のように述べました。

「どのコインでもコミュニティ関与が成功の鍵です。人にとって、『すでにそれを所持しているようですね。では、我々がやっていることも見てみませんか?』というのは良い出発点です。」

そしてライトコインキャッシュはコインの無料配布を、ビットコインよりも良いコインを作るきっかけにしたいようです。

二つの「キャッシュ」プロジェクトは異なります。

ビットコインキャッシュが競争的な技術展望をもつ人からの支持を集めたのに対し、ライトコインキャッシュにはそのような強い観念はないようです。

討論がない

はじめに、ビットコインキャッシュはビットコインコミュニティの長年の討論の末に実装されました

2017年夏、ビットコインキャッシュユーザーおよびマイナーはフォーク界の開拓者となりました。

人々が実際に使用するようなコインの作成に成功するかどうかは不明でした。

開発者が望んだように、現状ではビットコインに取って代わることは出来ていないのですが、その独特な技術ロードマップを支持するコミュニティーを作り上げたことで、今では時価総額4位の仮想通貨となりました。

ライトコインキャッシュにはそのような歴史はありません

そのためLee氏同様、ライトコインユーザーはライトコインキャッシュがビットコインキャッシュのように論争を解決するとは思っていません。

また、ライトコインキャッシュはそのような主張もしていません。

しかし、Lee氏はライトコインキャッシュがライトコインとつながっていないとしてもユーザーが混乱してしまうことを心配しています

Lee氏はCoinDeskに対し以下のように述べました:

「ライトコインがスプリットすると勘違いする人がでてきます。ライトコインコミュニティーはスプリットするつもりはありません。彼らは迅速な収入を得ようとしているだけです。そして『ライトコイン』を名前に入れることで合法性を得ているだけです」

Lee氏はライトコインコミュニティーにおいて、ライトコインキャッシュが実行しようとしているマイニングアルゴリズム(sha256)についての討論を見たことがないと述べました。

誰もライトコインをsha256にフォークしたいとは思いません。馬鹿げています」

Tanner氏は以下のように述べました。

「もちろん、その混同は理解できます。『詐欺』だと呼ぶ人も理解できます。

私はLee氏が自分のプロジェクトとコミュニティーを守ろうとすることは全く正しいと思います。

彼の気が変わる期待はしていませんが、最終的に我々が人々に安全を教えようとしていることを認めてほしいです」

しかし、ほとんどのユーザーは無料のお金目当てのようです。

ライトコインキャッシュTelegramチャットグループで一人のユーザーが以下のように述べました。

それが本物であれ、詐欺であれ、我々は無料コインが欲しくてフォークを望んでいるだけです

フォーク執念

Lee氏のコメントは大規模なフォーク反対の一部でしかありません。

彼が述べたように一つの理由はブランドの混同です。

すでにビットコインのフォークは「本物」とつながりがなくても「ビットコイン」という名前を用いています

最近一人の開発者が、新規ユーザーの「混乱を減らす」ためにビットコインの名前を利用したプロジェクトを訴えることを提案しました。

この考えは流行しませんでしたが、フォークに対する一般的な懐疑および開発者が状況を全く管理できてないことを証明しています。

ライトコインキャッシュは名前にライトコインを入れている理由が、単にそれが最近の一般的な手法であるからだと主張しました。

Tanner氏はこのように述べています。

「ビットコインのフォーク時期を知っている人であれば、『ライトコインキャッシュ』と聞いてライトコインのフォークであることをすぐに理解するでしょう」

そして以下のコメントを付け加えました。

「確かにこの名前を利用して騒ぎを起こそうと考えたことは否めません」

最近多くのメディアから注目を集めているため、うまく出来たと言えるでしょう。

Tanner氏は他に現れるであろうライトコインのフォークよりも際立つ存在でありたいようです。

「我々の後にみなさんを混乱させ、だまそうとするフォークが現れるでしょう」

Lee氏はライトコインキャッシュに価値があることに納得していません。

私の中ではライトコインを傷つけるただの詐欺です

No, Buying ‘Litecoin Cash’ Isn’t the Same as Buying Bitcoin Cash

Feb. 16, 2018 by Alyssa Hertig

参考記事はこちらから
ライトコインニュース一覧
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア