CoinPostで今最も読まれています

オントロジーが分散型データ取引所「SAGA」をローンチ、成長著しい産業にアプローチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

分散型データ取引所SAGA

仮想通貨プロジェクトのオントロジーは、新型コロナの影響によりオンラインで開催された仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンス「コンセンサス」にて、新たなプロダクトを発表した。

開発中の新プロダクト「SAGA」は、管理者を介さずに、様々なデータの取引を行う分散型データ取引所『SAGA分散型プラットフォームとなる。データの所有権は提供した本人に持たせつつ、データに関わる人の間で安全かつ効率的に取引が行われ、提供者にも適切な報酬が支払われる仕組みだ。

データ市場を巡る現状、そして課題とは

5月13日に開催されたコンセンサスでは、オントロジーのブースにて「SAGA」プロジェクトの開発責任者らがスピーカーとして登場、YouTubeなどでライブ配信が行われた。

SAGA DAYと名付けられた本イベントでは、なぜデータマーケットプレイスを構築するのか、データ市場の現状などからその将来性を語った。

近年、米国のGAFAや中国のBATなど巨大テック企業群の台頭と共に、個人的なものを含めた様々なデータの利用とその需要が急速に拡大・発展してきたのは誰もが知るところだ。

オントロジーは、この「データ主導のエコノミー」の拡大トレンドが今後5年間も続いていくと考えている。例えば、英国ではデータ経済において、いまだ実現されていない価値が全体の42%を占めているという。まだまだ未開拓な部分がある市場背景もオントロジーがデータ産業に参入する一つの理由だ。

登壇イベントでは、あらゆるデータが集められデータセンターに保管されているという現状について、開発者らは以下のように語った。

私たちは、サービスプラットフォームがどれほど良いものだとしても、(データセンターのように)巨大なデータを一つの場所で保管している限り、そこにはプライバシーやセキュリティ問題が生まれると考えている。

このようなセキュリティの問題のほか、データの提供者にデータの管理権がないこと、データ自体の信頼性が低く、そのトランザクションコストが高いといった課題が挙げられた。オントロジーは、ブロックチェーンを使い、これらの課題を解決できる可能性があるとみている。

SAGAでは個人や企業がデータを提供し、データを購入できるのは企業のみとなる。データの購入者が企業のみなのは、そもそもデータの売買が各国においてセンシティブなトピックであるためだ。

SAGAの実際の利用の流れとしては、認証済みの個人や企業がデータなどを分散型ストレージに提出、同じく認証を受けた企業が目当てのデータを探し、スマートコントラクトで支払いが済まされるとデータの購入者はデータを閲覧可能になる。もちろん、一連のトランザクションはブロックチェーンに記録される

SAGAでは、単にデータのやり取りをする場所ではなく、データ分析や、データ処理サービスなども提供される。

また、データトークン(NFTと同様)という仕組みの導入により、データの使用権が移動しながらも、あくまでそのデータの所有権はデータ提供者に保持され続けることになる。

なお、SAGAは現在バージョン1.0を開発中であり、今後変更が行われていく可能性がある。

オントロジー本体との関係は

オントロジーでは、以前からデータ取引所向けのフレームワークの開発を行ってきた。こういった技術や知見がSAGAの開発に活かされている。

また、SAGAはONT IDとも密接に関係するものとなる。ONT IDはオントロジーの包括的なIDサービスで、ウォレットアプリなどからアクセスできる。ユーザーは自身にまつわる様々なデータを、その所有権をだれかに渡すことなく管理することが可能だ。

ユーザーは複数のサードパーティーの認証サービスから認証を受けたり、SNSなどのアカウントを紐づけることで、多様性を備えた包括的なIDをつくることができる。

今回の発表によると、ONT IDがあればデータ取引所であるSAGAにもそのままログインすることが可能になっており、ONT IDとSAGAは密接な関係性を持っている。

SAGAがローンチされることによってONT ID側にもメリットがある。ONT IDの利用者はSAGAへ登録、同意のもと自身の個人情報を提供し、そのデータが購入されることで正当な対価を受け取ることができるからだ。これはONT ID自体の登録増にもつながることが期待できる。

今回のコンセンサスでは、ONT IDについて解説するコーナーも設けられていた。

その中で、ONT IDのユースケースとして、分散型データ取引所のほかに、包括的な金融サービス、コンテンツの取引、医療サービスのように、ONT IDの特徴である複数のソース、情報元による信用体系が活かされる場所が挙げられた。

SAGAはONT IDや分散型データ取引のためのフレームワーク(DDXF)といった、オントロジーがこれまで作り上げてきたエコシステムや、そのテクノロジーをうまく活用する新たなサービスといえる。

参考:SAGA DAY

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧