仮想通貨Lisk、2020年6月マンスリーレポート【公式寄稿】

2020年6月の成果について

毎月末に、Liskのトップニュース、更新、および成果をまとめて報告します。この記事では、6月の技術面やコミュニティにおける活動内容を紹介いたします。

Lisk Center Tokyoを新拠点へ移転

2020年4月、LiskはBINARYSTARと提携し、同社が銀座で運営するコワーキングスペースにLisk Center Tokyoを移転しました。彼らとの提携は、Liskの日本およびアジアにおける認知度向上において重要な中長期戦略のひとつです。

2019年12月にBINARYSTARで開催されたDigital Asset Conferenceの様子

BINARYSTARは日本で最大のコワーキングスペースおよびビジネスハブで、場所の提供だけではなく、オンライン・オフラインでのマーケティング活動のサポートも提供しています。

BINARYSTARに拠点が移ったことで、日本のLiskコミュニティメンバーが直接語らったり、ミートアップを開催したり、他のブロックチェーン企業との関係構築などができるようになりました。また、同居する他社にLiskの存在や存在価値を伝える機会を得られたことは、Liskの日本での活動について追い風になると期待しています。

日本でのコミュニティ拡大のため、「Liskとは(What is Lisk)」ページを日本語翻訳いたしました。このページではLiskの概要、Lisk Wallet、Lisk SDKを利用して開発したアプリ、Liskを扱う国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の一覧などを、Liskに興味を持ち始めた人でも簡単に理解できるように解説しています。

Lisk SDK5.0.0のエピックのクローズ

これまでに、Lisk SDK5.0.0の6エピック(開発プロジェクト用語で、いくつかの作業をまとめたものを意味する)がクローズされ、そのうち5つは2020年の6月にクローズされましたが、8つのエピックはまだ実装されていません。

1、アップデートされたアドレスとIDシステム

アドレスとIDシステム全体がアップデートされました。これによりアカウントの初期化は必要なくなり、アカウントの重複が起こることはほぼあり得ません。このエピックにおける8個の問題の詳細については、GitHubをご覧ください。

2、PostgreSQLを組み込みデータベースへ置き換え

オープンソースのデータベース管理システムPostgreSQLは、Lisk SDKユーザーの複雑さを軽減、データベースの容量を最適化し、処理速度を向上させるために組み込みデータベースに置き換えられました。現在最も有望な候補となっているのは、RocksDBとLevelDBです。このエピックにおける12個の問題の詳細については、GitHubをご覧ください。

3、デリゲート追放メカニズムの追加

非生産的なデリゲートが偽造するのを防ぐために追放メカニズムが追加されました。フェイルセーフメカニズムを組み込む理由については、LIP0023の「デリゲート生産性」セクションにあります。これにより、Lisk DPoS 2.0のコンセンサスアルゴリズムも完成します。このエピックの3つの問題の詳細については、GitHubをご覧ください 。

4、lisk-codecの実装

通信およびストレージのためにデータをエンコードおよびデコードするための、汎用シリアル化ライブラリであるlisk-codecが実装されました。このエピックの42の問題の詳細についてはGitHubをご覧ください。

5、トランザクションタイプの復元手順の削除

以前は、新しいトランザクションタイプが実装されたとき、ブロックチェーンのロールバックに備え、アクションを元に戻すロジックを常に含めておく必要がありました。

しかし、決定性のあるlisk-codecライブラリと、組み込みデータベースへの切り替えなどにより、これは自動的に行われるようになりました。現在では、どの状態変更についても違いが計算されて保存され、ブロックチェーンのロールバックの場合には、それを取得してくることで前の状態に戻すことができます。このエピックの9つの問題についての詳細は、GitHubをご覧ください。

LiskドキュメントのUI改善について

Liskドキュメントのユーザーインターフェイスは、LiskSDKとドキュメントに取り組む際にはユーザーに最高の体験を提供するという目標と共に改善されました。それにより私たちは、トップ、レフト、ライトのナビゲーション、フッター、一般的なスタイル、および要素の全体的な構成を洗練させました。

マルチシグネチャアカウントの改善

こちらの記事にて、Liskプロトコルロードマップのネットワーク経済フェーズで導入され、Lisk SDK 4.0.0で実装されたマルチシグネチャアカウントに関連する主な改善点の概要を紹介しました。

6月18日の木曜日には、Lisk.chatでライブAMAを開催し、Maxime Gagnebin(リサーチサイエンティスト)がマルチシグネチャアカウントに関するコミュニティメンバーからの質問に回答しました。

分散型組織チェーンプロジェクトの構築

2020年4月のLisk Buildersプログラムへの参加の一環として、LiskコミュニティメンバーのKorben3が手がける分散型組織チェーンプロジェクトに関する情報をLiskブログに掲載しました。

この「分散型組織チェーンプロジェクト」は、スタートアップが資金を受け取り、投資家も企業の意思決定に参加できるブロックチェーンアプリケーションとなることを目指しています。

Chroniclerプロジェクトの構築

StellarDynamicは、2019年のLisk Buildersプログラムへの参加の一環として、LiskブログでChroniclerプロジェクトに関する投稿を公開しました。

同プロジェクトは、様々な種類のコンテンツを保管、監査、認証するブロックチェーンアプリケーションの概念実証です。

Liskビルダーズプログラムに2名の新しい参加者

今月私たちは、Liskビルダーズプログラムのために、2人の新しい参加者を選出しました。 助成金を受け取る最初のプロジェクトは、Lemii(Lisk.chat ユーザー名:@lemii)によって率いられています。彼のプロジェクトは、貴重なアイテムの履歴とライフパスを追跡するブロックチェーンアプリケーションを目指しています。

2020年5月のLiskビルダーズプログラムに参加する2番目のプロジェクトは、Peter Nobels(Lisk.chat ユーザー名:@Peter Nobels)が率います。彼のプロジェクトは、分散型自律組織の概念実証です。

今月のマンスリーレポートは以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。来月のマンスリーレポートでも、着実な進捗を報告できるよう精進してまいります。

詳細情報

Lisk公式サイト

Lisk日本語ページ

Lisk公式ブログ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用