アリババ子会社が物流管理システムにブロックチェーン技術を応用

物流管理システムとブロックチェーン技術
アリババの子会社が、同社の物流システムにブロックチェーン技術を応用し、輸入積荷に関する情報をブロックチェーン上で追跡するシステムを開発しました。
アリババの積極的な姿勢
アリババのCEOは、過去に仮想通貨ビジネスへの参入には全く興味がないと発言しましたが、ブロックチェーン技術への関心は強く同社でも開発に多くのリソースを注いでいます。アリババ子会社のTaobaoでは、商品の経路追跡をブロックチェーンにより処理する技術の開発が進んでいます。

中国のeコマース最大手アリババの子会社であるLynx Internationalが、同社の国境間での物流ビジネスにブロックチェーン技術を統合することに成功したと報告しました。

同社によると、ブロックチェーン技術をベースにしたこのシステムは、輸入積荷に関する情報を追跡するのに使われるとのことです。

これらの情報には、製品の詳細情報や、輸送手段、関税、中間業者による検査結果などが含まれます。

同社の技術リーダーであるTang Renは中国の報道機関に対し以下のように語っています。

ブロックチェーン技術のコンセプトはまだ始まったばかりではあるものの、その応用例は多岐に渡ることでしょう。

我々は、この技術が仮想通貨のような投機手段としてではなく、インターネットをベースにした技術であると確信しています。

典型的なブロックチェーンベースのシステムでは、データがひとたび記録されることで情報を検索し閲覧することはできますが、どんな状況下にあってもそのデータを変えることはできません

ブロックチェーンのもつ「immutability(普遍性)」が、仮想通貨にブロックチェーンが広く使用される大きな理由の一つです。

また、この技術を採用したシステムはセキュリティを担保し、トラストレスな性質をもっています

しかし、アリババのブロックチェーン技術への介入は必ずしも同社が仮想通貨へ好意的な姿勢を示していることには繋がりません。

2017年12月、同社の創業者であるJack Maは、個人的にもビジネス面でも仮想通貨への興味は全くないと発言しましたが、彼の会社はブロックチェーンを活用する会社として大きな前進を遂げました

アリババの積極的な取り組み

Lynxの報道は、アリババの当分野への初期参入の一例であると言えるでしょう。

アリババがTaobaoAliExpressという、それぞれ中国と国外で圧倒的な規模を誇るオンラインショッピングのサイトの2社を傘下に入れていることを考慮すると、その親会社であるアリババが流通プロセスを合理化する試みには納得がいくでしょう。

輸入ビジネスの他に、アリババは健康事業や食品の品質管理業にブロックチェーン技術を応用したプログラムをローンチしています。

アリババ子会社Taobaoでは、同社のモバイルアプリのアップデートにより、製品が「流通経路に関する様々な情報」と紐づけられるよう開発が進められています。

このアップデートにより、画面をクリックすることで製品に関する様々な情報が表示され、正しい流通源からその商品が流通されているのかをユーザー自身が確かめることができるようになります。

今までに、上海、深セン、広州、杭州、天津などで流通された30000を超える品物の詳細が同社のブロックチェーンシステム上で処理されました

さらに、Tang氏は品物が中国国内に到達する以前から情報追跡が行われることを強調しました。

彼は、「海外から中国へ品物が輸入される際には、流通データがすでにブロックチェーン上で管理されているでしょう」と述べました。

Alibaba Subsidiary Reports Successful Use of Blockchain Technology for Logistics Data

MARCH 05, 2018 06:19

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加