「17年仮想通貨バブルを上回る」イーサリアム報酬が史上最高を記録、ビットコイン指標も良好状態

仮想通貨市況

仮想通貨市場では、大型アップデート2.0を今年中に控えるイーサリアム(ETH)の躍進が目立つ。

5周年を迎えた同銘柄の時価総額は10日間で45%増に、一部取引所で340ドルを記録した。350ドルは心理的節目となる。

昨今のCOMPを始めとするDeFi(分散型金融)市場規模の急拡大も追い風となった。基盤としてイーサリアム(ETH)が機能することが多いためだ。

先日もDeFi貸付プラットフォームのAave(LEND)やKyber Network(KNC)など一部トークンが過熱したほか、DeFi Pulseによれば、貸し出しプロトコルでロックされた合計値は、実に38億8000万ドルに及ぶ。

DeFi投資インターフェースを提供するZerionの創設者Evgeny Yurtaevは12日、新しいFinTechであるDeFiで、新しくデプロイされた資産の数が指数関数的に伸びていると強調する。

ブロックチェーン分析会社Glassnodeのデータによれば、イーサリアムネットワークが、2018年の初めに比べてよりアクティブで持続可能なことを示している。

ネットワーク料金から、直近のイーサリアム(ETH)マイナーは「1ETH=1,400ドル」の史上最高値を記録した2017年後半の仮想通貨バブルをも上回る過去最高の利益を得ていることがわかった。

イーサリアム(ETH)は今年3月のコロナショック以降、180%以上高騰。

イーサリアムのトランザクションは、個人ウォレットやトレード間の単純な送受信を超えて、DeFi(分散型金融)アクティビティで使用されるスマートコントラクトによって実行される複雑なオペレーションに移行するため、GASの総使用量は2018年1月と比べてほぼ2倍まで増加した。

イーサリアムが材料視される背景には、2020年第3四半期に予定される大型アップデート「Ethereum 2.0」の存在もある。

採掘のための合意形成アルゴリズムがビットコインと同じプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)へと移行、トランザクションの検証に関する「暗号経済的インセンティブ」が大幅に変化することになるからだ。

アップデート以降、ETH保有者は「ステーキング」により、ネットワークを安全に維持するための貢献に対して報酬を受け取ることができるようになるため、株の配当報酬に近い性質を有することがイーサリアム現物の中・長期保有につながる側面がある。

関連:イーサリアムのステーキングは高利回り?株式配当と比較したリスク・リターンを独自考察

ビットコイン動向

31日のビットコイン(BTC)価格は、前日比1.16%安の115.3万円に。

30日の米ニューヨーク株式市場で、ダウが前日比225ドル(0.9%)安の2万6313ドルで取引を終えたことで、東京株式市場でも日経平均株価が前日比300円安に。過熱感のあったビットコイン市場でも利確売りが先行した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済後退の影響により、4~6月期の米実質国内総生産(GDP)速報値が前期比年率32.9%減と過去最大の減少幅を記録したことで先行き不透明感が強まった。

伝統金融市場の地合いが悪化しており、仮想通貨市場にも波及するおそれがあるため注意が必要だ。

指標は良好

オンチェーン分析会社のGlassnodeによると、1BTC=11,000ドルのブレイクアウトにより、流通しているBTCの93%が含み益状態となった。

チェーンのファンダメンタルズはより強固となり、最高点の1つに達したGNI指標のスコアから「強気なレジームをさらに押し進めている」と結論付けた。

GNIは、ブロックチェーンの基本的な計測し、オンチェーンデータ分析にシステマティックにアプローチするもので、ネットワークの健全性や、トレーディング(オフチェーン)とトランザクション(オンチェーン)の両方の流動性、市場のセンチメントなどから評価される。

1BTC=10,000ドルを再び超えて、利確に伴う売り圧力が強まるのが通常だ。個人投資家による仮想通貨取引所へのインフロー(入金)は増加傾向にある。

インフロー推移

これに対し、ビットコイン採掘者であるマイナーの資金移動と市場売却を示唆する「出金(アウトフロー)」は保有継続を示し、今年5月12日の半減期後から収益減が警戒されてきたマイナーの懐事情であるが、少なくとも同指標からは撤退行動は確認できない。

BTC価格とマイナーのアウトフロー推移


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します