急成長するDeFi(分散型金融)をデータで読み解く|寄稿:CoinGecko

2020年第二四半期の仮想通貨&ブロックチェーン業界レポート

先日、CoinGeckoは「2020年第二四半期の仮想通貨&ブロックチェーン業界レポート」日本語フルバージョンを公開しました。本記事では、レポート後半の重要なポイントをかいつまんで解説していきます。

目次
  1. DeFi(分散型金融)
  2. DeFiハイライト

DeFi(分散型金融)

DeFiは、現在最も業界の注目を集めている領域の一つです。上半期全体で見ると、トップ5のDeFiトークンの時価総額は133%成長しており、トップ5ステーブルコインの成長率(114%)を凌いでいます。

DeFiマーケットは、仮想通貨市場全体と同じく3月に大きく暴落しましたが、その後価格を戻すことに成功しています。第二四半期、全てのDeFiトークンが実に50~600%ほどのリターンを出しました。

例えば、レンディングプロトコルAaveのLENDは560%上昇しています。KNCRENもそれぞれ175%と215%の上昇率を記録しました。3月に大規模な担保資産清算事件にあったMakerDAOのMKRも、50%ほど価格を戻しほぼ完全に復活しています。

DeFiハイライト

第二四半期に入ってこれまでになく人々がDeFiに熱狂した理由は、「イールドファーミング」という収益機会の存在と、それを土台にした「流動性マイニング」という新しいトークン発行モデルの登場にあります。

イールドファーミングは最近使われるようになった言葉ですが、サービスモデル自体は以前から存在していました。しかし、流動性マイニングの方は実際に新しい仕組みで、これこそが現在のブームを作り出した主要因です。

流動性マイニングを通して発行された新規トークンの代表例としては、COMPBALなどが挙げられます。これらのトークンの評価額は、発行開始直後にそれぞれ1,000億円と100億円を超えるほどのバリュエーションがつきました。

Compoundは、COMP需要によって利用者が激増し、DeFiサービスに預けられている資産額を表す指標「合計ロック資産価値(TVL : Total Value Locked)」ランキングで、一時MakerDAOを超えています。

流動性マイニングブームによって、6月1日には約1,100億円程度だったDeFiのTVLは、現在3,900億円に達しています。

Q3に入った現在(※執筆時点:7月28日)でも流動性マイニングへの熱は冷めていません。 YFIなどの新しいトークンが登場し、こちらも発行から5日で時価総額が100億円に達しました。今後、DEXであるCurveも新トークンCRVの発行を控えています。

こうした状況を踏まえると、第三四半期もDeFiブームはしばらく継続する可能性が高いと予想できます。

※先日CoinGeckoはサイト内にDeFiページを開設しました。ぜひチェックしてみてください。

※レポートダウンロードはこちら

企業紹介

CoinGecko

CoinGeckoは仮想通貨マーケットの重要なデータを分析、提供するサービスです。価格情報に加え、取引高、市場規模、また、取引高偽装問題を独自指標から補正した取引所ランキング、オンチェーンアクティビティの分析なども提供しています。これらのデータを通して、仮想通貨ユーザーや企業のより正確な理解が進むことを目指しています。

CoinGeckoサイトはこちら


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します