リップル社、XRPレジャーの監視強化で人材募集 

不正取引のモニタリングを強化

リップル社が、仮想通貨XRPの基盤となる分散型台帳XRP Ledger(XRPL)上の取引を監視するアナリストを募集していることが分かった。

背景としてリップル社は、米国の銀行秘密法(BSA)へのコンプライアンス・チームを拡大することを挙げており、職種は「BSA調査アナリスト」となる。

米国通貨監督庁(OCC)の説明によると、BSAは、マネーロンダリングを防止・検知するために、金融機関が当局の規制や、監視活動、法執行措置に協力することを求める法律だ。この法律により、OCCは銀行や連邦貯蓄協会などに定期的な検査を実施し、法的遵守を確実にすることができる。

関連リップル社の大型カンファレンス『Swell 2020』 レジスター公開

BSA調査アナリストの職務

リップル社の求人情報によると、「BSA調査アナリスト」の仕事には、主に以下のようなものがある。

  • BSA調査チームをサポートして、調査、トランザクション分析、案件管理などプログラムの日常的な監視を実行
  • 内部管理の定期的な評価を実施、検出されたリスクに対して解決策を提案
  • 内部手続きに従って、米金融犯罪捜査網(FinCEN)その他の法執行機関に適宜レポートを提出
  • 取引監視と異常なアクティビティ調査を効率的にする慣行やツールの開発に取り組む
  • 既存体制に漏れがないかチェックし、不審な取引の報告プロセスや、その他の反資金洗浄対策(AML)関連の監視を強化するための推奨事項を提案
  • エンジニアリングチーム、製品チーム、データチームと緊密に連携して、モニタリングツールを強化し、監視と調査を効率化するためのデータ使用方法を特定

一般ユーザーの報告フォームを設置

今回の募集に先だって、リップル社は今年2月から、一般ユーザー自身が、疑わしい取引活動を報告できるフォームをウェブサイトに設置している。

このフォームからは、XRPに関連する盗難、フィッシングサイト、詐欺、承認されていないゲートウェイや取引所、マネーロンダリング、不正取引、などを報告することができる。また、同社がユーザーから受け取った情報を国や、地方、または国際的な法執行機関などに捜査のため開示・提供する可能性もあるという。

このフォームには注意事項として、リップル社はXRPLを所有していないため、ユーザーが盗難など財務上の損失を知らせた場合でも、そのトランザクションを取り消す権限がないことも付記されている。

関連Flare NetworksのXRP保有者へのSparkトークン付与、SBI VC Tradeも取り扱い検討へ

日本でもSBI Ripple Asiaで人材募集

リップル社は現在業務拡大中で、約20件の求人を行っている。

エンジニアリング、法務、製品分野など様々で、勤務場所も米国、アラブ首長国連邦、イギリス、インドなど多岐にわたる。

日本でも、リップル社とSBIホールディングスのジョイントベンチャーSBI Ripple Asia株式会社で、現在東京を勤務地とする4件の募集がある。アカウントマネージャー、プロジェクトマネージャー、エンジニア、マーケティングマネージャーなど各方面で人材が求められている格好だ。

SBI Ripple Asiaは今年中にも、アジアでXRPを利用するODL(オンデマンド流動性)のサービスを開始する予定だ。日本でも送金速度を改善し為替変動リスクをヘッジする国際送金システムの提供を行うという。

関連:SBIリップルアジア、年内にXRP利用のODL送金サービスを予定

リップル社によると、日本では少子高齢化による労働不足から外国人労働者が多く流入していることがあり、また海外へのアウトソーシングも増加しているために国際送金のニーズが高まっている。

参考:ripple


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します