ジョンマカフィー:ハッキング対策スタートアップCryptoSecureに加入

マカフィー氏がCryptoSecureに加入

ソフトウェア会社McAfee Associates設立者のJohn McAfee(ジョンマカフィー)氏は、ビットコインが2020年までに100万ドル(約1億円)に到達すると予想しています。

同氏は、仮想通貨ハッキング対策のセキュリティソリューションプロバイダ「CryptoSecure」のセキュリティ顧問に任命されました。

マカフィーがCryptoSecureのセキュリティ顧問に

「ハッキング対策」セキュリティソリューションプロバイダCryptoSecureが、ビットコイン投資者およびセキュリティ専門家「John McAfee」氏をセキュリティ顧問として任命したことを発表しました。

この発表は、会社のICOプロモーションの後援にもなりました。

仮想通貨業界は、ハッキングに悩まされ続けてきた歴史があります。

「John McAfee」の持つ、技術および業界の専門知識は、会社にとって大きな戦力になると考えられます。

邂逅

McAfee氏は、ブロックチェーンクルーズ会議で基調演説を行った際、CryptoSecureチームと出会いました。

仮想通貨市場における「セキュリティの欠陥」に関する討論で、氏は、CryptoSecureに軍事レベルのハイブリッドブロックチェーン、米軍や情報省向けに開発された「Trusted Solaris OS」、乱数鍵を1回だけ使う暗号の運用法である「One Time Pad」インフラストラクチャープランへの評価を行いました。

同氏は、CryptoSecureの最初のプロダクトであり、ハックプルーフとして提供している「SafeWindow」の運用状況を確認した上、仮想通貨業界に必要不可欠なセキュリティをもたらすポテンシャルの高さを認めました。

それらがお金では買えないことを知った彼は、セキュリティ顧問として「CryptoSecureチーム」に加わることを決めたのです。

任命にあたり、McAfee氏は以下のように述べました。

「仮想通貨に対するサイバー攻撃は大変な脅威だ。スキルのあるハッカーであれば、あらゆるウォレット、コンピュータ、取引所から仮想通貨を盗み取る能力を有している。」

「これは、私がCryptoSecureチームに参加することにした最大の理由であり、先進的技術を以ってこの危機を終わらせようと考えた。」

セキュリティーのパイオニア

NASAの宇宙科学研究所でプログラマーを務めた経験を持つMcAfee氏は、のちに世界初の商用アンチウイルスソフトウェアを開発、インターネットおよび仮想通貨のパイオニアとして名を轟かせています。

そんな彼は現在、有り余る情熱と才能を仮想通貨およびブロックチェーン技術の未来に集中させることにしました。

今年はじめ、McAfee氏はサイバーセキュリティ顧問として務めていた「MGT Capital Investment」を辞任。

同社は、950万ドル(約10億円)の現金、借入金、最小支払債務をもって、2017年末を迎えることになりました。

McAfee氏は、MGT社を離れる際に以下のコメントを残しています。

「サイバーセキュリティおよび仮想通貨業界の権威として、今後も期待している。」

John McAfee Joins ‘Hackproof’ Startup CryptoSecure

Mar. 15, 2018 by Ricardo Esteves

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加