「Flare Networks」XRP保有者へのSparkトークン付与、取引所ごとの対応方針一覧

Sparkトークンの付与方針

XRP(リップル)保有者への「Sparkトークン」付与について、暗号資産(仮想通貨)取引所が対応を検討する旨をアナウンスしている。

Flare Networksは今年8月、XRPの保有者に対し、新トークンの「Spark」を付与するエアドロップを発表した。

Flare Networksとは

Flare Networksは米リップル社の投資部門Xpringが出資を行い、XRPの分散型台帳「XRPL(XRPレジャー)」上で、スマートコントラクト機能を導入するプロジェクト。

XRP保有者に対して、Sparkトークンを付与するエアドロップを発表しており、Sparkトークンはネットワークのガバナンスなどに利用される。スマートコントラクト作動には、Sparkトークンを担保にして発行されるFXRP(XRPと同価値)の発行が必要になるという。

Sparkトークンは、XRPのマーケット流通量にあたる450億枚を付与。エスクローアカウントにロックアップする550億XRP分のトークンは、リップル社に配布されるわけではなく、Flare Networksの運営に配布される。

Flare NetworksとSparkトークンの詳細は、下記の記事で詳しく解説している。

関連:Flare Networkとは|XRP(リップル)と密接に関わるSparkトークンの将来性

スナップショット(権利確定日)について

Sparkトークン分配量を決定するための権利確定日となる「スナップショット」は、12/12 9:00(日本時間)に行われる予定だ。

FlareNetworksはSparkトークンの取得について、対応しない取引所を利用するユーザーは、スナップショット前に保有するXRPをセルフカストディのウォレットに送金するか、あるいは対応する取引所に移すかの2択があると説明している。

また、セルフカストディを利用するユーザーは、Sparkを取得するためのメッセージキーを設定する最終期限は、2021年6月11日になるという。詳しい方法はこちら

11/25追記:国内事業者12社が共同で対応協議中

関連:XRP(リップル)保有者向けのトークン付与、国内対応で仮想通貨事業者12社が協力体制

仮想通貨取引所の対応予定

現時点で対応方針の確認がとれている取引所は、以下の通り。

取引所 対応状況

bitbank

*8/26

ビットバンクは現在、Flare Networksについての対応を検討しております。

告知

SBI VC Trade

*9/4

Flare Networks社によるXRP保有者に対するSparkトークンの付与の件につきまして、現在当社ではその取扱いについて検討しております。関係各所へ事実関係の確認・協議、対応状況の調査などを行っており、あらためてご案内いたします。

告知

GMOコイン

*9/11

【11/27更新】利用者より預かる全てのリップル(XRP)について、Sparkトークンのオプトインを実施。

取得したSparkトークンについては、コールドウォレットもしくはこれに準ずる管理状態におく。取扱開始のためには、法令や自主規制団体の規則に従って所定の手続きがあり、万が一、取扱が不可となった場合には、相当額の金銭をお客様に交付することがある。

この場合、新規暗号資産相当額を算出する基準をあらかじめ利用者に告知。原則として、算出基準は当社が任意の方法及び時点で処分した金額とする。

告知

ディーカレット

*9/15

Flare Networks社によるXRP保有者に対するSparkトークンの付与の件につきまして、現在当社ではその取扱いについて検討しております。詳細は方針が決定し次第、当社サイト等にてご案内をさせていただく予定です。

告知

FXcoin

*10/06

Flare Network社によるXRP保有者に対する「Sparkトークン」付与につきまして、現在当社では対応方針を検討しております。詳細が決定次第、当社サイト等にてお客様に向けて改めてご案内させていただく予定です。

告知

そのほか、bitFlyer、Huobi Japan、DMM Bitcoin、Coincheck、BITMAXは現在Sparkトークンに関して「未発表」となっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します