CoinPostで今最も読まれています

CoinText:SMSでビットコインキャッシュを送金可能に|ベータ版がリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinText – BCHを利用したSMS支払いサービス
CoinTextは、インターネットを介さず携帯電話のSMSプロトコルを利用してビットコインキャッシュの決済を行うサービスです。現在、同サービスのベータ版がアメリカ、カナダなどでテスト使用されています。

SMSでビットコインキャッシュが送金可能に

CoinTextはSMS Software社が手がける、携帯電話を用いたビットコインキャッシュによる決済サービスを提供するプロジェクトです。

同プロジェクトは27日、インターネットサービスを介さず、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)プロトコルを利用してBCHによる決済を行うサービスのベータ版リリースを同社ブログにて発表しました。

現在、同サービスのベータ版がアメリカ、カナダなどでテスト使用されています。

CoinTextの協同設立者であるCTOのVin Armani氏は、

CoinTextはビットコインキャッシュを普及させる、最も簡単かつ強力な方法といえるでしょう。

同サービスは多くの携帯電話に対応しており、使用の際に暗号化の知識も必要ありません

と述べています。

CoinTextの高い利便性

CoinTextはSMS通信を基盤としたソフトウェアウォレットであるため、BCH決済に際し登録、アプリのダウンロードを必要とせず、対応している携帯電話もスマートフォンに限りません。

すなわち、フィーチャーフォン(ガラケー)においてもそのウォレットが正常に動作し、フィーチャーフォンの使用率が高い途上国でも使用が広まる可能性を秘めています。

ビットコインは単に価値の貯蔵としての役割だけでなく、お金や紙幣としての役割を担うポテンシャルを秘めていると思います。

CoinTextでは、世界中の銀行を介さず、パーミッションレスで国境を超えるマネーとしてビットコインキャッシュをやりとりすることを実現します。

とArmani氏は付け加えました。

SMSによる支払いは決して新しいものではありません。

モバイル送金サービスの「M-Pesa」が良い成功事例であり、同じサービスを通じて現在アフリカでは何十億ものSMS取引が行われています

また、Apple PayはiPhoneユーザーに向けSMS支払いサービスを将来的に提供すると公表しています。

ビットコインキャッシュの採用

CoinTextでは、ビットコインキャッシュの特色である高トランザクション速度(0-conf;BCHを利用する業者が、トランザクションが新しいブロックに組み込まれる前に決済を完了できる権利)、1セント未満のネットワーク手数料オンチェーンでの処理などに注目し、BCHの採用を決定しました。

CoinTextウォレットは、BALANCE、RECEIVE、SENDのような簡単なSMSコマンドのみで決済が可能です。

また、セキュリティの担保のため、すべてのSENDメッセージは2段階認証によって保護されています。

CoinTextは決して資金を保持しません。

全てのトランザクションは、ユーザー間のビットコインキャッシュのウォレットが使用され、ブロックチェーン上で直接決済されます。

CoinTextには取引を変更または検閲する権利が与えられていないため、ユーザーが電話番号または電話番号を紛失した場合に資金を回収することはできません。

また、CoinTextは、SENDメッセージに約5セント相当の料金を徴収します。

CoinTextで実行中のトランザクション(同社ブログより)

今後の展開

CoinTextはベータ版を使用したユーザーのフィードバックを集め、2018年末までに同製品を少なくとも54ヶ国以上でリリースするという目標を掲げています。

もし製品リリースまでの過程が速やかに進行すれば、同年4月か5月を目処に製品をリリースできるかもしれません。

とArmani氏は述べています。

CoinPostの関連記事:
BitPay社VISAカード:BitcoinCash導入、手数料は無料
世界有数のビットコイン決済サービス、BitPay社はがビットコインキャッシュを対応通貨として追加。ビットコインには手数料が発生しますが、現状ではビットコインキャッシュには手数料が発生しません。
Athena Bitcoinが全てのATMをビットコインキャッシュ対応に
Athena BitcoinのATMにビットコインキャッシュのサポートが追加されました。その機械では、2種類のビットコイン(ビットコイン及び、ビットコインキャッシュ)がサポートされており、法定通貨に変えることもできます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港行政長官、Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア